エントリー

 今日はそこそこの時間に起きて、ジョグで3つのギャラリーを巡る予定だったけど、昨夜寝たのが2時過ぎで、起きたの遅くて…いつもの「綿密なスケジュール表」から遅れること2時間 (汗) それでも予定を一切諦めないのが私の良いところ〜。

20150131230005.jpg

 朝食食べて着替えたら、まずは小川町のオリンパスギャラリーへ。小野田 桂子氏「笠井 叡 陸前高田に舞う」。震災直後の陸前高田の海岸で、踊り手の笠井さんの鎮魂の舞の様子を納めたもの。特に写真を学んだわけでもなく、これが初めての展示でいきなりの個展なんだとか。

 私は似たような写真を何枚も何枚も並べるやり方は好きじゃない。私は写真展はもちろん、ブログやFacebookに載せるときにも良く吟味してこれという1枚を載せる。見てる人を飽きさせたくないし、自分にとって最上のものを見てもらいたいから。

 だから最初見たとき、パラパラマンガみたいな写真展だなと思ったし、動きを表現したいならそれはビデオカメラで撮ればいい話だし、写真であるなら、バシッと構図を決めて最も美しく見える1シーンを見せれば良いのではないかとも思ったんだけど、ただ並べてるわけじゃない、大きかったり、小さかったりする写真をもう一度グルッと眺めてみたときに、これはTVや映画のカメラワークなのではないかと思い、こういう表現もアリなのかなとも思った。写真家さんが在廊してたのでサイズの違いの意図を聞いたところ、やはり舞い手さんの動きを表現したかったから、とのこと。試してみることは大事だ。「私はこう思う!」っていう風に決めてしまうことで、自分らしい表現方法が確立できるかもしれないけれど、それはまた、新たな表現方法の誕生を妨げてしまうかもしれない。私はまだ、いろいろな手法を試すべきだと思う。

 次がキヤノン銀座の三澤 武彦氏写真展「もうひとつの結婚式」。普通の華やかな結婚式ではなく、自宅で花嫁支度をする「嫁入り」を写したもの。私はわりと結婚式を冷めた目で見ちゃうタチなんだけど、この写真展はよかった!! 何であんまり結婚式好きじゃないかっていうと、意味を感じないからなのねー。ウエディングドレス着てーの、信じてもいないどこぞのカミサマにアイを誓いーの、賛美歌歌いーの、これ何のコスプレイベント?とか思っちゃう。たまにまあ、家族や友達への感謝の気持ちとかスピーチされて泣いたりするけど、それもスピーチに感動してるんであって、式自体はやっぱり好きになれないというかー。なんでみんなしてチャベルとかホテルとかなのかねえ…弟の結婚式とかすげえ馬鹿にしたもん。「今あいつ何に何を誓ったんよww」って。

 よく見る結婚式の写真、私も何度か撮らされてる結婚式の写真、それはいかに日常を見せずにスタイリッシュに一般人をまるでモデルみたいに撮るかであって、そこには型にはまった「結婚式の撮り方」があって、いかにお手本通りにそれをなぞるかだけであって、そこに何の暖かみもない。正直好きじゃない。カメラの操作方法の練習みたい。

 だけどこれは、きちんと意味がある、日本古来の風習だった。幸せに溢れてて、式の意味があって、家族の愛があって。自分で書いててクサい。だけどそういうもんじゃんね。「○○くん、○○ちゃん、結婚おめでとう!」なんて横断幕作って家族一同で集合写真撮っちゃって、あったけーの。イナカくせえ日本家屋の前でさ、軽トラの荷台に白無垢の花嫁座らせて、周りを家族と飼い犬で囲んでの集合写真とか、寝たきりのばあちゃんとか一緒に写ってたりさ。日本の大家族なの。私にはないものなの。本当に素敵な風習。日本人なんだからさ、西洋にカブれないで欲しいんだ。イナカ臭く泥臭く温かく「日本人らしく!」生きていきたいんだよ。

 ここも写真家さんがいて、「ご来場ありがとうございます」って言われたから、心から「素敵な写真展、素敵な風習ですね」ってお伝えした。きっと日本の風習なんて、レッドリストに載るようなもはや消え去りつつある時代の遺物なんだろう。でもせめてその進行が遅れるように、なくなってしまってもその存在を見ることが出来るように、記録し続けてほしいと思った。

201501312300052.jpg

 それからニコン銀座のRussell Scott Peagler氏写真展「From India」。都会が大嫌いで、生々しく息苦しいほどの「生」を求めてインドに逃げ込む写真家さんがそこで撮った写真。私がプラプラ歩いてパシャパシャ撮るような海外写真とは違う、深く深くその国に入り込んだ写真。臨場感、息づかい、匂いまで漂ってきそうな。ここも写真家さんがいた。お客さんとお話ししてたから私は話す機会がなかったけど、もし感想を聞かれたらなんて言おうかなと考えてた。パワーとかエネルギーとか感じるんだけど、もっと具体的に伝えたかったんだ。

 写真はただ額に飾られているのではなく、周りをマジック?で囲われてたり、マット一面に英語で何かびっちり書いてあったり、それもまた写真家さんの息吹を感じられる要素だった。生き生きとしてる。そこが大好きで入り込んでいることが伝わってくる力強い写真だった。

 今日見た3つの写真展は、私にとってはどれも当たりだった。寝坊なんかで諦めたりしなくてよかった。

 食料買い出しして帰宅したら走行距離は14km超。洗濯とお風呂掃除とシャワーを済ませ、家のすぐそばの歯医者さんの予約に3分遅刻ー。ここんとこ気になっていた歯の沁みるのは、虫歯ではなくて歯磨きが強すぎるのと歯を食いしばることで表面が削れてしまっているせいだと指摘された。食いしばるのは多分、寝てる間の歯ぎしり(うるさいくらいするんじゃないけど、ごくたまに同室で寝てる人に指摘されることがある)のせいだと思うんだよねー。マラソンはいちばん必死になる時は息が苦しくて口開きっぱなしになるし、乗馬は飛ぶ時は「さんーにーいちっ」ってかけ声かけるし、ボードは必死になることないしで、趣味では歯を食いしばるはずないんでw 寝てる間の癖までは治せないよ、困った><

 それから後は、明日の写真教室の準備の時間! もうあと2回しかない授業で卒業制作まとめなきゃいけないから、そろそろ本気にならねば! 普段だったら絶対ボード行くはずのところ、ガマンして準備に充てたんだよー。この私が!! 偉いっ! カンボジアツーリングの写真で「Asian road」というフォトブックを作るつもりなので、使えそうな写真をとにかくプリントアウト。10枚くらいのお気に入りの写真は六つ切りにしてたんだけど、それ以外の写真もはがきサイズの用紙にプリントしまくって、総勢45枚になった(汗) これ、教室の机の上に並べ切れるかしら?? 見る人も大変そうだな…。

 でも、ようやく形が見えてきた。これから余計なものを削ぎ落として、ブックにまとめて行く。来週も日曜に時間作れるし、3回休んだ分の振替授業を受けて来ようかな。

 さてー、明日はT海さんと30Km走。不調から抜け出せていない上にレディースデー(笑)ともかち合ってるので、ご迷惑おかけしないようにしっかり寝て備えよう。とか言いながら、冷凍庫から発掘された2013年11月が消費期限の鶏ささみを3切れほど食べちゃったんだけどねw まあ、きっと多分平気でしょう〜。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
アクセスランキング参加中! どちらかクリックしていただけると更新の励みに繋がります~♪

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://yuma.quu.cc/index.php/trackback/957

コメント

あぼぱぴ@体脂肪率3.0%

2015/02/0309:52

>寝てる間の癖までは治せないよ

歯科医から説明があったかも知れませんが、就寝用マウスピースなるものが有効ですよ。
寝てる間の歯ぎしり、噛みしめ・食いしばりには。

保険適用で5,000円ぐらい。
私も去年作ったけど、その後歯列矯正を始めたので使わなくなった…。

ゆま

2015/02/0400:43

>あぼぱぴ@体脂肪率3.0%さん
まあ、歯医者さんの指示に従います。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

calendar

052021/0607
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

user

archive

Twitter

JogNote

にほんブログ村