エントリー

バナウェ行きのバスチケットが無事に取れたので、また一人、世界遺産の棚田を見に行ってきました。0泊3日の弾丸ツアー(>_<)

夜行バスで片道10時間。シーフが出るとか危険だとかいろいろ言われて、かなり不安だったけど、実際ガイドの元締めに騙されてくっそボラれかけたけど、ここもやっぱり行ってよかった。

20141117065922.jpg


こんな崩壊道路を歩かされたけど、まあランナーだし身体能力には自信があるのでそんな苦でもなく。(ちなみに前を行くドイツ人青年の歩き方を見て、体軸を常に捉えられてない人は足元がふらついてバランス取るのに余計な体力使ってるなーって思った。マラソンやトレランやるなら、最小の動きで最大限のパフォーマンスを意識!)。

そしてたどり着いたのがバタット村のこの棚田ー!! 天国へ続く階段とか、世界の8番目の不思議とか言われるだけのことはあるな。

201411170659222.jpg

この後、棚田の中を突っ切って(これもかなりのトレイル!)、山道を歩いて、タッピヤ滝に到着。欧米人は男も女も平気で服脱ぎ捨てて下着で滝壺に入っちゃいます。ああっ、ぱんつでそんなカッコしちゃダメでしょ!(◎_◎;) と大和撫子はびっくり仰天でした。写真撮ったけどw

201411170659223.jpg

帰ろうとしたら雨降って来ちゃった(>_<) 傘差しながらの帰路。道がぬかるんで、さらに歩きづらい。そして私は帰ったらもう一つツアーに行くべく、もうお金も支払い済みなんだけど、それ間に合うのかしら?

誠実そうなガイドの男の子に聞いてみたら、帰着は5時とか5時半になって、もう暗くて行けないんじゃないかって…多分あの元締め、こうなることをわかってて2つのツアーで込み込み千ペソぽっきりとか言ったんじゃなかろうか?

騙された気分で悔しくてしょうがなかったけど、帰りは運動神経皆無そうなスペイン人の女の子がいなくなって、明らかにガイドさんの進みが早くなった。ろくに休憩も取らずに雨の中を歩き続ける。しまいにはショートカットの412段の階段コースをチョイス! えと、まさにたった今、韓国人が足を引きずりながら引き返して来てますが!(◎_◎;)

でも私も金払った以上は行かなきゃ!という貧乏人根性で進んだよ。で、何とか5時ちょい前に帰着。そっこーでトライシクルに乗り込んで、バナウェ・ビューポイントへ。ドライバーさんもわかってて飛ばしてくれたんだと思う。なかなかないスピードだった。でも腕は確か。

201411170659224.jpg

2箇所の棚田見るポイント回ってくれて、帰りはしっかり安全運転で帰ってくれた。その親切ぶりに思わずチップ渡しちゃったわ。

夕飯食べようとしたらさっきのツアーで一緒だったドイツ人青年と再会。一緒にご飯食べることに。英語と健脚を褒めてくれた♪( ´▽`)

大満足で夜行バスで帰還ー。4時前に着いちゃったけど、貧乏人はここでも始発待ちですよ。まだ真っ暗な道でも平気で歩いちゃうし。金持ちはセイフティで快適な旅。貧乏人は自己責任で危険や不便を取らなきゃね。

しかし電車が5時からやってるのは幸いでした。フィリピンの朝は早い気がする。寮でも毎朝7時前から鶏とココナツ売りの大合唱だもんね。

そんな大慌ての観光2日間でした。夜行バス2連泊はさすがに初めて(>_<)

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
アクセスランキング参加中! どちらかクリックしていただけると更新の励みに繋がります~♪

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://yuma.quu.cc/index.php/trackback/887

コメント

シェビー

2014/11/1807:34

楽しそうな旅だね。
しかし、ぼくには無理そう。
体力持ちそうにないし。
出張だと余り時間が取れないけど、時間作って近場の探検に出るかな♪

ゆま

2014/11/1809:27

>シェビーさん
こんな頑張らなくても探せばもっといろいろあったんでしょうが、
やっぱり「世界遺産」の名前に目がくらみました。権威大好きニッポンジンw
時間があったらもっともっと行きたい場所もあったんですけどね。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

calendar

072021/0809
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

user

archive

Twitter

JogNote

にほんブログ村