エントリー

 今シーズンの目標はサブ3.5(フルマラソンを3時間半以内でゴールする)と、100Km完走。ほんとはつくばでサクッとサブ3.5を達成するつもりだったのに、予想外の大失速で、勝田に持ち越しになってしまった。今シーズンはレースを絞って申し込んでいるので、フルマラソンは2本のみ。ここで失敗したら来期まで持ち越しになっちゃう。

 3時間半以内のタイムを出したい理由は、もちろんタイム更新の意味もあるけど、つくばマラソンでAブロック(先頭)スタートをするための条件が「陸連登録をして、フルマラソン3時間30分もしくはハーフマラソン1時間35分の記録を持っていること」だから。私の最終目標を達成するためには、Dブロックなんかからスタートしてる余裕はないのです。

 とはいえここのところやる気もなく。身体の状態は悪くはないけど絶好調でもない。土曜朝練でも足は重い。コーチには「今軽かったらピークを過ぎて下り坂ということ。軽いくらいなら重い方がいい」と言われ、ずっと気になってる左膝裏の痛みも意を決して伝えてみたけど「気にしない!」の一言だった。なので私は気持ちはともかく身体の状態は悪くないと信じてスタートすることに。

 牛久マラソンのときほどの集中力もないので、家に着いてもストレッチやヨガをやることもなく、ダラダラと夜更かし。ほんとは22時には寝たかったのに、23時半くらいまで起きていたような…。翌朝は荒川沖から常磐線各駅停車で勝田へ向かう。車内はすでにランナーさんでいっぱい。ランナーじゃない人の前に陣取って、席が空くのを待つ。友部でようやく座れたー。

 駅でいしだっとさんと、現地でT海さんやM下さん、まきちゃんと合流し、各人バラバラにスタート位置に向かう。スタート前の過ごし方は人それぞれだからね。私はてけとぅな準備運動のみ。アップはしない。今日はとにかく足を温存して後半までもたせるよう努力。

 Eブロックのなるべく前の方に陣取ったけど、号砲からスタートライン切るまでに4分47秒もかかってしまった。最初の1Kmは込み合って自分のペースでは走れないし。課せられた借金。これを返済した上で3時間30分以内のタイムを出さなきゃいけない。でもあせらずに淡々と設定タイムを刻む。サブ3.5を達成するには、4分55秒を刻めば間に合うはずだけど、借金分も飲み込めるかどうかまでは計算できず。

 気温がなかなか高いので、水はなるべく摂るように。たまに来る坂にも心が折れないよう淡々と向かい合う。動きは最小限。自分の持つエネルギーはただひたすら前へ向かうことのみに使う。余計な動きはしない。いつもなら応援の方に笑顔を返しながら走るのだけれど、今回は気持ちが落ちてる&タイム出すのに必死で、眉間にしわ寄せたみたいな顔で走ってたと思う。

 いつもなら(少なくとも前半のうちは)楽しめるレースも、全然楽しくない。ただきちんとタイムが刻めるかということしか興味がない。このクソつまらないペース走をひたすら続けて、残り3~5Kmくらいになったら足の余力次第でペースを上げる。みんなが失速してる中、私だけはカッコよく疾走する。最初のうちはそんな妄想だけを心の支えに走り続けてた。

 最初のうちはなかなか次の距離表示が来なくて、進みが遅い気がしてたまらなかった。さっさと終わらせたい、その一念のみ。思ったよりも足は持ちこたえ、折り返し過ぎてもタイムが落ちる気配はなく、むしろ3時間半に間に合わないかもしれないあせりから、上げていけたのが今回いちばん自分を褒めたいところ。歩かなかったし、心折れなかった。最後まで力強く自分の走りを貫けた。私がフルを嫌いないちばんの理由は、足がもたずに失速して、みっともない走りをするみじめな自分を痛感するから、なので。

 途中から冷たい風が強く吹き始め、タイムに影響が出ると思って、前を行く人を風除けにしようとしたけど、あまり上手く行かず。

 35Kmくらいになったら、すでに周りにEのゼッケンをつけた人は見当たらなくなった。勝田は前と後ろにゼッケンをつける。DやCやBのゼッケンの男子を抜かして、Eブロック女子のゼッケンを見せ付けてやることが小さな喜びになってた。スタート前には言えなかったけど(代わりにT海さんとかが言ってくれてたけど)、私がEブロックだなんてほんと不当だと思った。私はサブ3.5を目指してるのに。目指せるのに。その実力があるのに。誰よりサブ3.5の資格を求めてるのに。こんな不当な扱いをされたって、実力があるからちゃんと這い上がってくるし。お前らは私より恵まれた体力と待遇のはずなのに、無理そうだな。私は絶対に3時間半を達成してやる。折れそうな心を支えるどす黒い感情。

 残り3Kmくらいから死力を尽くしてペースを上げ、残り1Kmからはひたすら女子を抜かすことに注力し、3~4人は抜かした。残り数百m。ゴールゲートが見え、その脇の時計が見えたとき、もうすでに3時間28分を過ぎていた。ここまで来て間に合わないなんてありえない。この辛い作業をまた最初からやり直し? そんなの絶対にイヤだ!! うわあああぁぁぁ!!と声を上げ、溺れた人が手足を振り回すみたいなフォームで、もがくようにゴールに走り込んだ。結果、グロスで3時間29分10秒。何とか達成できた。

 大声出してたし、ゴール潜って崩れ落ちちゃうし、よっぽど目立ってたみたいで、先にゴールしてた女の人に「サブ3.5!? 狙ってたの!? 達成できたね!!」って声かけられた。そうなんです。ほんとにほんとに達成したかったの。何とかできたんだーって思ったら、なんかもう気が抜けて涙が出てきた。立ち上がって完走証とか受け取りに行かなきゃいけないのに、足腰に力が入らずに立ち上がれない。そんなときでも放送の声は無情にも「立ち止まらず、先に進んでください」って言い続けてるんだけれどね。

 完走証取りに行こうとしたらT海さんとすれ違った。あれ? もしやタイム差そんなない?と思ったら、何とネットでは私の方が何十秒か上だった! すげえ!! T海さんは今回ペース走に徹すると言いつつも、そもそもの実力が違うから私なんかよりもっとずっと速いタイムを刻んでいたのだけれど、途中で足が攣り、そこからはキロ7のジョグや歩きになってしまっていたそうで。それに比べて私は最初から最後まで淡々と同じペースを刻み続け、どこかで逆転したっぽい。うわあうわあ!

 無料配布のチキンラーメンや甘酒を頂いて、寒さに耐えながら後からゴールする人を待ち、勝田駅前で打ち上げ~。勝田はわりと遠いのに、結構知り合いが出ていて、みんなに会えたのも嬉しいし、サブ3.5も嬉しくて、思わずワインとかいっぱい飲んで、帰りの電車でも飲んで、ふと気がついたらそういうや私、つくばからバイクで東京に帰るんだった(*_*)

 親にも酒臭い、ハイテンション過ぎてなんか変と言われるし、自分でもちょっとあまり大丈夫な気がしなかったので、この日は実家に泊まって、翌月曜の早朝に東京に帰ることに。朝起きたら足のダメージはそれほどなくて、むしろ酒のダメージの方が大きく、そしてこの日はバイクも凍るひどい寒さでした。おまけに朝の東京は大渋滞で、危うく間に合わなくなるところだった。

 そんなカンジの勝田チャレンジ。何とか今期最大の目標も達成できたので、後は得意なハーフや10Kmのタイム更新を狙いつつ、最後に100Km完走して今シーズンを締めくくります。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
アクセスランキング参加中! どちらかクリックしていただけると更新の励みに繋がります~♪

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://yuma.quu.cc/index.php/trackback/616

コメント

あぼぱぴ。

2014/01/2808:58

おめでとうございます。
笑顔のお写真を見られて、少し安心しました~!!

ゆま

2014/01/2810:24

>あぼぱぴ。さん
はーい、ブログに書くことは他人に見られるんだから
内容考えて書こうと思いました。

くろいわ

2015/04/2012:58 URL

はじめまして、女性のサブ3.5ランナーを検索していたらこちらのページにたどり着きました。おそらくゆまさんと同年代の、サブ4女性ランナーです。
ものすごく気持ちの良いレポートで、読んでいるだけで胸のすくような気持ちになりました。男性ランナーを千切ってサブ3.5でゴールを決める姿、同じ女性ランナーとして憧れます!
今は3時間15分切りを目指されているんですね。応援してます!
またお邪魔させて頂きます。

ゆま

2015/04/2022:30

>くろいわさん
初めまして。コメントありがとうございます。
このときは何か自信ありげな感じで走ってました(恥)
今は失敗レースが続いていて、フルはこんな強気では走れません…。

今シーズンはハーフマラソンで国際ランナーの資格を得て、
大阪や名古屋などの国際レースを走れたらなあと考えています。
お互い頑張って行きましょう!

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

calendar

052021/0607
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

user

archive

Twitter

JogNote

にほんブログ村