エントリー

 最近会社のドヤ顔くんが面白い。

※ドヤ顔くん
異動してきて早々、「ゆまさんランナーなんだって? タイムどれくらい?」と聞かれ、

ゆま「フルですか?」
ドヤ「いや、僕まだフルは走ってないんで」
ゆま「ハーフですか?」
ドヤ「僕は1時間45分です!!(←食い気味かつ隠し切れないドヤ感)」
ゆま「……(どうしよう、言っちゃっていいのかな)……私は90分です…」

という会話をして以来、私の中ではドヤ顔くん。今度のハーフでT海さんが会うの楽しみにしてる。「僕は80分です(ドヤァ)」ってやりたいらしいw

 何かと言うとラントークをかましてくる。私が会社から走って帰ってると聞けば、「俺も走って帰ろうかな、30Km!」(走ったことないだろそんな距離!っていうのと、港区の会社から家が遠いって全然自慢にはならなくね?ってのと、二重で突っ込みたい…)。

 今度12月にドヤ顔くんと隣の部署のマネージャーと私で同じレース(ハーフ)に出ることになったら、「3人で勝負しましょう。負けた人がラーメンか叙々苑おごりですよ!」(私のハーフのペース4分13秒は2人が1Km全力で走るより速い)。

 私が週末に駅伝に出ると知ると、「体調大丈夫ですか!? 僕、代わりに出ましょうか!?」(混成の部なので、一人以上女性が出ないとレギュレーションに反してしまうし、他の仲間に言ったら「キロ3分半で走れるなら仲間に入れてやるよww」と一笑に付された…ちなみに私が3分43秒ペース…)

 周りの非ランナーの人が聞いても明らかに負け戦なのがわかるんだけど、絶対に何か一言絡んでくる。ギャグなのかなあと思うくらいの実力差完全無視発言。でも、あながち完全にギャグのつもりでないような雰囲気も感じてたり(笑)

 仕事の上でも「ドヤさんならそれくらい2秒でできますよ!」「ドヤさんが言うならそれで間違いない!」と言っておけばわりと機嫌がいいw 明らかに文字が潰れて誰にも読めないようなFAXが届いても「ドヤさんなら2秒で読めますよね!」とか。

 いいなー。私もそれくらい自分に自信持てるようになりたいw なんか最近、負けたり失敗したりしても、「まあ私にできるはずないよね~」くらいの気持ちにしかならず、悔しい気持ちすら湧いて来ないことが多いんだ。2014年の勝田のときの自分はどこ行ったんだろ。あのときいろいろあってかなーり欝気味だったけど、「これだけの練習を積んできた私はこれだけの走りをする実力がある。ていうか権利がある」って信じてたし、実際にやってのけたし。

 とりあえずつくばが終わり、自己ベスト更新したけど最後の失速ハンパなかったし(ラスト5Kmのラップは今回ようやくサブ3.5達成した人より2分も遅かったからね!!)、達成感と挫折感の微妙な狭間で気持ちがユラユラしているけど、まあめげずに鍛えていくしかないよなあ。

 昨日も帰宅ラン。今日も帰宅ラン。だんだん半袖ハーフパンツは寒くなってきて、長袖投入〜。コート着て寒々しく背中丸めて歩く人の合間を縫っての街ラン。いよいよ冬。シーズン本番。11月が勝負の月って思ってたけど、12月もここでいい成績出したら東京マラソン・準エリート枠をGETできるわけで。やっぱり全力で行かなきゃいけないぽい。明日はしっかり寝て疲労とって、またジョグでもしよう〜。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
アクセスランキング参加中! どちらかクリックしていただけると更新の励みに繋がります~♪

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://yuma.quu.cc/index.php/trackback/1235

コメント

エイト

2015/11/2914:32

なかなか面白そうなキャラクターの方がっ!!

今後の行方が楽しみです

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

calendar

052021/0607
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

user

archive

Twitter

JogNote

にほんブログ村