エントリー

 昨日は織田練のみんなと3時間リレーマラソン混成の部に参加。サブ3ランナーの男性5名と、私(3.18)の6名。知り合いもいっぱい参加してたので、レジャーシートで陣取った周りはご近所さんだらけ。そういうところも含めて楽しいレースだったなー。

201505241834502.jpg

 第1走は気合い十分のT海さん。うちら優勝狙ってるくらいなんで、ここはトップを取りに行くくらいの気持ちで突っ込んでいったのだけど、何とT海さんで3位(汗) タイム見たら全然遅くない。むしろ周りに引っ張られてとんでもない速さ。どんだけ速い人集まってるんだ〜。2走のY山さん、3走のF谷さんにたすきが繋がる。順位は2位に上がった。

 そしてスタートと同時に始まったさいたま国際マラソンのエントリー合戦。うちのチームのW辺さんもエントリー目指してたので、早く済ませるべく私もお手伝い。私のiPhoneさんがいちばん早く繋がったので、それで無事にエントリーできましたー。

 これで4走のW辺さんも心置きなく走ってきて、いよいよ私の番。1位のチームも女子が出て行った。背中をずっと見据えて走ってて、これは抜かせると確信。途中ででらぴさんやT尾さんも抜いたー。T尾さんはさいたまエントリー失敗したとのこと>< それは残念…お気持ちお察しします…。

 1.3Km辺りでみんなが応援してくれてる。「1位すぐそこー抜けるよー」の声。わかってる、絶対抜く。トラックに入るところでもう息は上がり切ってるけど、そこからたすき受け渡し場所に向けて得意のラストスパート。1位に立って、6走のしょうちゃんにたすき渡したー。1.75Kmのコースを6分35秒。キロ3分45秒ペース。自分的にはなかなかのタイムだけど、みんなと比べたら30〜40秒落ち。やっぱり遅いな…。

 肉離れから復帰したばかりのしょうちゃんも、もう影響は全然ないキレッキレの走り。超いいカンジ。その後も抜きつ抜かれつ、私は2位でたすき受けた。今度は相手チームは男性ランナー。向こうは7人で走ってるとのことで、うちより女子比率が低い。トラックの中では離されずについていけるかと思ったけど、その後はどんどん差が開き、私では勝負にならない感じ。

 その上1.3Km付近、みんなも見ている辺りで後ろから来た男性ランナーに抜かれた。ゼッケンチラ見したら同じ緑ゼッケン!! 何? 3位まで落ちたってこと!? そんなのやだ!!! 必死で食らいついて、ラストスパート、死ぬ気で走ったけど、その人を抜くには至らずにしょうちゃんにたすきを渡すことに…。

 迎えてくれたT海さんに「さんい…さんいになっちゃった…」って死にそうな顔で言ったら、「あれ違うから」と。3位はもう気にすることないくらい離してて、その人は全然違うまなゆうチーム(当時5位)だった。後で「おかげでいいタイム出せましたー」って挨拶されたー。こちらも勘違いのおかげで6分28秒というベストラップを出せました^^;

 そんな感じで2時間までは抜きつ抜かれつの攻防を繰り広げ、本気で勝ちたいのでいちばん遅い私は「走順飛ばしてください。勝ちに行きましょう」って申し出たりもしていたのだけれど、F谷さんが偵察に行ったら相手チーム、「そろそろギア変えますか」って言ってたとのこと…。「ギア、下げるんじゃない?」とか言ったけど、まさかここに来てシフトダウンするはずもなく、つまり「遊びはここまでだ」ってこと。

 フリーザ様が第2形態に進化しちゃった気分。「こっちもスーパーサイヤ人になるんだ!」「『クリリンのことかー!?』 こうですかわかりません><」とかやってたけど、最初から全力投球してたうちらにこれ以上進化する余地なんかあるはずもなく。むしろ疲労がたまってきてペースは落ちる一方。特に私…見るに耐えないペースダウンだった…。

 ギア変えられて最初の走者はY山さんのとき。ありえないスピード。Y山さんも相当なスピードランナーなのに、全くレベルの違う速さでトラックを駆け抜けて行く。「ありえない!」「あんなのハッタリだ。最後まで持つはずないよ!」ってうちらは言ってたけど、Y山さんが30秒離されて戻ってきて、次のF谷さんでもさらに30秒離された。もう私の走順を飛ばそうがどうしようが、勝てる相手じゃないってことがわかった。

 いつもなら練習でもレースでも一緒に走っているから、一人一人の必死な顔をまじまじと見ることってそうそうない。いつも飄々と走ってるY山さんがものすごい真剣な顔で走り込んでくるのとか、走り終わってから何とか涼しい場所探して参加賞のレッドブルまで投入して回復図ろうとしてるのとか、いつも表情ほとんど変えずにいいスピードで走ってるW辺さんが必死な顔でたすき渡して来るのとか、見てたらこっちも当然死にものぐるいになるわけで。

 それでも下がり続けるラップ。本当に悔しかった。男性のラップと比べてもしょうがないんだけど、何で私はこんなに遅くて、こんなに体力ないんだろうな。

 4巡目で帰ってきたところで「これで最後だからー」って声かけられて、私の出番は終わったんだなーと、そしてこれが最後なら残りの体力全部突っ込んでしょうちゃんにたすきを渡そうと、動かない足で必死に走った…のだけど、ラスト、5巡目があるとのこと。「えっ、もういいですよ。しょうちゃんでゴールしましょうよ」って言ったのだけど、W辺さんが6分半で帰ってきて、私が7分で帰ってきてもまだしょうちゃんにたすきが繋がる計算らしく、全員で平等に5周走ろうってことになった。3位はもう私が歩いても抜かされる位置にはいないって聞いて、安心して走った。

 力を抜いたつもりはないけど、それでもラストの周回は7分3秒もかかってしまった。今度こそ、最後の最後のラストスパート。ちょうどレーンにいたモグスさん(元日清食品、現サンベルクス実業団のケニア人ランナーさん)が併走してくれたー。ゴール後に「ナイスラン!」って褒めていただいて、握手してもらったよ^^ 

 何とかしょうちゃんにたすきが渡り、みんなでゴール。2位。小さな大会でも速い人っているんだな。後で聞いたら向こうは20代ばかりだったらしい。こっちはいちばん若いのが私、W辺さん、Y山さんで、後は全員40代だよ…。スタート前に「最近四十肩がさー」なんて話をしてたくらいだよ…。

201505241834263.jpg

 表彰式もみんなで受けた。みんなのおかげで優勝にも絡むようなレースができた。一緒に練習させてもらってることも含めて、ほんとに感謝だー。

20150524183426.jpg

終わってからは颯爽塾の皆さんと打ち上げ。カラオケで食べ放題とかして楽しかったー。颯爽塾の男性陣からは「お手本にしたいくらい綺麗なフォーム」「でも俺よりストライドがでかい。あれではフルは持たないね」って言われた。「いや、フルならもっとおしとやかに走りますよ、今日は1.75Kmだから…」って言ったけど、「いやあれがあなたの基本のフォーム」とのこと。スピードには繋がるけど、体力は持たない。どうしていくのかは少し考えないと行けない。そろそろまたちゃんとランニングのコーチに見てもらわないと。

 終わってからはなんかやったら頭が痛くて死にそうだったので、帰ったらそっこー寝ちゃった。多分ね、脱水症状寸前の状態で水分補給もせずにアルコール摂取したせいだと思う。20時半就寝。4時半起床。宣言通り、ちゃんと皇居に走りに行ったよ。一人でロング走。私はもっと持久力をつけねば。それでも4周で断念してとぼとぼ歩いて帰ってきたけどね…。

 もっと強くなりたいなあ。来月は10Kmが2レースと駅伝。年明けて出た5レースですでに3枚賞状もらってる。来月も賞状とかメダルとか増やすべく頑張るぞー。

20150524183450.jpg

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
アクセスランキング参加中! どちらかクリックしていただけると更新の励みに繋がります~♪

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://yuma.quu.cc/index.php/trackback/1056

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

calendar

052021/0607
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

user

archive

Twitter

JogNote

にほんブログ村