4月28日(水)  〜出発〜  (60.5Km)
 最初はただ、九州各地をツーリングするつもりで、できるだけ長く旅の時間を確保するために会社終了後、そっこーで走り出すつもりでした。高速道路を1,500Kmほど走ろうと思ったら、そりゃ当然ホーちゃんよりぜったんで行く方が楽ちんなので、旅の相方はぜったんにするつもりだったのですが、目的地を屋久島に絞ることにしたので、登山するなら道中の体力は温存した方がいいなということで、結局川崎〜宮崎間はフェリーを利用することに。で、無事にフェリーの予約がとれ、ふと思ったのが、バイクで走るとこなんてほとんどないんだし、狭い島なら取り回しが楽で輸送費の安いホーちゃんで行った方がいいんじゃね? ってこと。でもすでにフェリーは750cc超で予約しちゃったし。それに、いつまでも誰かに助けてもらわないとぜったんで旅に出られないなんてすげー悔しいし、まー頑張って行ってみることに。考えてみたらぜったんで完全一人旅ってほんとに初めてだ。かなり不安。

 GWの屋久島は島民より観光客の方が多いと言われるほどの人出で、宿の方は個人ではどうにも手配できる状態ではなく。どこにTELしても「満室です」って言われる…(-ω-;) でも、親切なペンションのおじさんが「観光協会にTELしてごらん」って教えてくれて、宿泊希望日・希望地・値段なんかを伝えたら、条件の合う宿にキャンセルが出るたびに連絡くれて、何とか3泊とって頂けました。

 鹿児島〜宮之浦のフェリーは、車と人は予約を受け付けるけどバイクは受け付けていないという理不尽さ。行けなかったら、帰ってこれなかったらどうしてくれんのよ? 腹たって電話口のおねえさんに「納得いかねー。上司出せーヾ(`Д´)ノ"」とか言っちゃったけど、何を言おうとも予約は取れず。早い者順です。まあ、GWといえど出港1時間前に行けば大体乗れるという話。乗れなかったら…まあそのとき考えりゃいーや。

 そんなこんなで。今日、19:20川崎発のフェリー。帰ろうと思ったちょうどそのときに、ずっとヨーロッパ出張してたリーダーが来て、出張中に全然チームの仕事が進んでなかったことに怒り狂って机ばんばん叩きながら説教始めちゃって、マジどきどき。本気で話途中で打ち切って帰らせてもらおうかなって悩んだけど、何とか18時前に話は終わってくれたぁ。リーダーが立ち去った途端、みんなが神妙な顔をして押し黙ってる中、「すいません、フェリーの時間がありますんで」って机の下に隠してたラフ&ロードのヒップバッグ引っつかんでエレベーターに飛び乗ってた。

 ぜったんはそっこー走り出すためにリアバッグもサイドバッグもつけたまま、会社近くの高架下に停めといた。いたずらされた形跡はないっぽい。よかったあ。

 川崎港までの道は案の定軽く迷ったけど、方角はわかってるんであせることはない。信号待ちで「東京湾フェリーに乗られる方ですか?」って女の子ライダーに話しかけられた。時間があったら一緒に道探してあげたかったが、すまん、私は川崎なの。乗船手続や車両積み込む時間考えたらマジギリギリだったけど、無事乗れた。船室ではライダーさんたち同士でそっこー仲良くなって、かーなり呑んでた。ちょうど登山もされるライダーさんたちだったんで、登山初心者の私はいろんなお話聞けて参考になったけど、結論は「装備貧弱すぎ」「山なめんな」。危ないなって思ったら引き返しますです、はい。
4月28日
4月29日
4月30日
5月1日
5月2日
5月3日
5月4日
5月5日