地獄の特訓6日間 2008年1月4日(金)

 昨日もたぶん3時か3時半くらいまでやってたと思う。あんまり覚えてないです。激しく寝不足だけど、今日は荷造りしてここを出なくちゃなので頑張って起きる。むちゃくちゃ喉が渇く〜。そして食欲は皆無です。でも気持ち悪いとかはなくてよかった。

 板とブーツとウェアは次のゲレンデに、服はこれから使う分だけ手元に残して、あとは全部自宅に送る。チューンナップしたばかりの板、雪の少ないゲレンデでかなり傷ついちゃった。バートンのグローブもなぜか穴開いちゃったし…お疲れ様だあ。しかしシーズンはまだまだ始まったばっかなので、もうしばらく頑張ってね。

 今日はお父さんともう一人の女性の方と小樽観光。9時半のバスで出発する約束なので、ちょっと早めに本館を出る。外は雪なので「早めに出ても寒いだけだよ」って言われたけど、最後に周辺をまぶたに焼き付けて、写真とか撮っておきたかったので。今日で6日間お世話になった皆さんとも、朝から晩までボード漬けの日々ともお別れだ。ヤバい、泣きそう〜…。一人で出ていくんじゃなくてほんとよかった。

 3人でバスで小樽駅まで行って、祝津行きのバスに乗る。鰊御殿を見に行くらしい。小樽市内一律¥200のバスで目的地まで行って歩いたけど、小樽 貴賓館(旧青山別邸)はちょうどこの日まで正月休館中でした。残念。海沿いのせいか、何だかやたらと風が寒い…。バス待って外に立っているだけで凍えそう。手袋持って来てよかった。あんまりカッコよくないけどモコモコのダウンも正解だったわ。フード被ってないとピアスつけた耳が引き千切れそう…(ピアスとかの金属類は容赦なく冷えていくので凍傷に気をつけましょーww)

 閉館中じゃ仕方ないので、また小樽駅まで戻って小樽の街を散策。北一ガラスのお店は欲しくなるものいっぱいだったけど、ただでさえ荷物多いのにこんな壊れやすいもの買えないよなーってことで断念。カニやウニなんて海産物も買えないやー。出世前広場とかいう小さなエリア見つけてうろうろ。昭和の生活道具とか展示されてたり。黒電話、うちのばあちゃんちでは現役ですw

 寒すぎてケータイやデジカメのバッテリーがあっという間になくなっていきます…。

 スマッティーさんから「小樽行ったら『麻ほろ』のラーメンと『ルタオ』のドゥーブルフローマージュを是非食べなさい」と言われてたので、まずは一路、ルタオを目指す。ようやく辿り着いて2切れ購入。「お持ち帰りのお時間はどれくらいですか?」って、保冷剤でも入れてくれるおつもりですか? −1℃のこの世界で、それはどれほどの威力を発揮するんだろう?? ほんとはお店でお茶でもしたかったんだけど、お父さんはもう電車に乗らなければならない時間だったので、再度小樽駅へ戻り、お父さんお見送り。もう一人の方は首都圏での普段のカッコでいらしてて、とても屋外を歩ける状態じゃないとのことでリタイア。ここから一人散策となりました。

 今日は札幌でバンさんとご飯食べるくらいしか予定ない。小樽とか札幌なんてツーリングでは絶対来なくて(バイクに乗った私は極力観光地や繁華街を避けて動きます)、こういうときくらいしか散策できないので、頑張って歩くぞ。とりあえずようやくお腹が空いてきたので、麻ほろのラーメンでブランチ。一日限定20食という「麻ほろ」を食べました。化学調味料を使ってない、天然だしの効いたこってりとんこつスープ、豚のほっぺのお肉で作ったとろける焼豚がまた美味い〜。

(右)北海道最初の鉄道・手宮線跡。街のど真ん中に残っているので、廃線といえどもあまり殺伐としたカンジはありません。

(下左)レンガ造りの建物が多い。小樽はかつては貿易で栄え、銀行もいっぱい立ち並んでいたらしい。

(下右) 雪が舞い降る小樽運河。寒い…。現在の気温−1℃。

 あんまり下調べもして来なかったので、興味あるものも尽きたところで、14:32札幌行きのエアポートライナーに乗る。寒々しい海沿いを走ってると、サーフィンしてる方2名発見。私なんかダウン着てジーンズの下にアンダーウェア履いてても凍え死にそうなのに、あれはほんとに人間だったのかな?

 札幌に着いて、予約していたホテルニューオータニにチェックイン。会社の保険組合通じて申し込むと1泊朝食付で¥3,150なんです♪ 普段の旅ならキャンプとか相部屋の格安宿なので、こういうホテルに一人で泊まることって全然ないけど、YHより安いし、6日間も相部屋で合宿生活してたら絶対疲れが溜まって一人になりたくなるだろうと思って泊まってみた。大正解の選択でした。

 バンさんも同じホテルだったので、小樽のルタオで買ってきたドゥーブルフロマージュでティータイム。2つ買っといてちょうどよかったわ〜。ドゥーブル=2という名前の通り、濃厚なレアチーズケーキと軽くてさっぱりしたレアチーズケーキの2層構造になってます。これまた美味しい〜♪ 私の部屋はツインでそこそこ広いのですが、正規料金払ってるバンさんの部屋はシングルでかなり狭いらしい。それって早くに予約したかどうかの差なのかな〜? 得したわ〜。

 私は札幌の街は全くわからないけど、バンさんはかなりお詳しいみたいだったので全てお任せ。何食べたいか聞かれて、寿司は小樽で食べたし、イタリアンとかは東京でも食べれるし、せっかくなのでスープカレーが食べたいなってことで札幌の人気店ピカンティに連れて行っていただく。早くに行かないと混んじゃうってことで、お茶の後すぐに出発ー。すでに結構列出来てるし。様々なスパイスが効いたルーはめちゃくちゃ美味しかった。曜日によってメニューが変わります。

 大通り公園をお散歩。イルミネーションが綺麗です。しかしほんとに寒い…多分この時点で−3〜4℃くらい。歩くのがつらくなってその後の移動は地下鉄を利用しました。仙台時代はもうちょっと耐寒性があった気がするんだけど。

 その後はHTBショップでスマッティーさんがご所望された「水曜どうでしょう」のステッカーを購入し、JRタワーで札幌の夜景を見ながらカクテルを飲み、さらに居酒屋で飲んでホテルに戻りました。ゆっくりTV見るのも久しぶりだ。アメニティもかなり充実。泡の入浴剤入れてお風呂泡だらけにして遊んだり。こういう宿もたまには悪くないなー。

 バンさんは明日は滑りに行くらしい。まだ北海道に滞在できるなんてうらやましいわ〜。

Yuma all rights reserved