2007年11月 電車に揺られて会津湯けむり紀行 1日目
2008年3月20日(木)

バッグ新調

 やたらとスノボに燃えた今シーズン。最後の最後まできっちり滑りたくて、春分の日の飛び石連休も有休くっつけて、どこに滑りに行こうかな〜と悩んだ結果、雪質もいいだろうし、広島のスマッティーさんと合流するなら長野とかより都合よさそうだし、バンさんもちょうど同じ日程で行かれていることだし、ということで北海道に決定〜♪
 今回ウェアとかブーツ入れるバッグを新調したのです。将来道具をすべてバートンで揃えることを見越してバートンのバッグ。¥6,000以下です。安っ。でも初使用なのに雨…。

10年ぶりの飛行機(汗)

 2月の最終週あたりからいろんな手配を始めたもんで、もはやいい時間の飛行機がとれーん。それでも何とか初日が17:00羽田発18:30千歳着、帰りが21:35千歳発23:20羽田着という便がとれました。飛行機なんて学生の頃に2度ほど海外行ったのが最初で最後なもんで、10年ぶり。国内線乗るのも、一人で飛行機乗るのも生まれて初めてです。間違えずに手続きできるかしら? ちょー不安。

羽田の風景

 とか思っていたけど、最寄り駅から羽田まで乗り換えなしの電車1本だし、手続きはわかりやすくて簡単だったし、板だのブーツだののデカい荷物も全部預かってもらって身軽になれちゃうし、不安なことはほとんどなかったです。ただ、保安検査でベルトが引っかかって、外させられました…なんかマヌケ。

 空港内のお店ってなんであんなにいろいろ美味しそうなものが多いんだろ。ウロウロしながらパンとかケーキとかでおやつ〜ヽ(‘ ∇‘ )ノ

いざ千歳へ〜

 スマッティーさんは広島から羽田乗換えなので、羽田でさっそく合流。ここから先は一人じゃないので不安もゼロ〜。
 せっかくの初・国内線だというのになんか黄色い生物(=ピカチュウ)がババンと機体に描かれている恥ずかしいヤツに乗せられました…もっとシンプルで飛行機らしいカラーリングのに乗りたかったなあ。離陸時の加速はすげー。ぜったんの比じゃなーい。この辺では「うはぁ♪」とかはしゃいでいたけど、強風で揺れが大きかったせいか、結構気分は悪かったです…もう1時間乗ってたら酔ったな…。

遥か空の上

 席は行きも帰りも窓際でした。東京は一日雨が降り続いていたけど、雲の上に出ちゃえば太陽が見えた。地上の風景が見えなかったのは残念だけど、こんな雲海も普段見られるもんじゃないし、素敵♪
 いつもはフェリーで大洗−苫小牧が19時間とか、電車で上野−小樽が13時間とか、そんな時間をかけて北海道入りしてるのに、今回は羽田から千歳までわずか1時間半…東京の自宅から茨城の実家までバイクで走ったくらいの時間しかかかってない。屋外もむちゃくちゃ暖かいし、ここはほんとに北海道なのかとちとギモン…。

札幌到着、チェックイン

 空港降りてスマッティーさんと再度合流し、荷物受け取ったら、バスで札幌へ〜。道路脇にもあんまり雪ないし、相変わらず北海道に来た感がない。

 今回の宿はサンルートニュー札幌。普通のビジネスホテルです。往復の航空券とホテル2泊と朝食が含まれて¥39,400。会社の健康保険組合が半額補助出してくれて実質負担は¥19,200♪ これだけ安けりゃ月に1回は来てもいいな〜♪なんて。でも今の会社は3月で辞めちゃうので、もう利用できないんですけどね≧(´▽`)≦

北海道の海の幸〜

 ホテルに荷物置いたらバンさんと合流〜。札幌の街にお詳しいバンさんの案内で海産物の美味しい居酒屋に連れて来ていただきました。羽田で小さなパン食べたのを最後に食事してなかったんでむちゃくちゃお腹空いた。お刺身とかほっけ焼きとか美味い〜。バンさんはすでに4時頃から飲んでらしたとのことで、早々にご帰宅。

〆はラーメン♪

 うちらはさらに五丈原のラーメン食べて帰りました。むちゃくちゃお腹苦しい〜。お風呂もそこそこにこの日は就寝。明日からいよいよスノボだあ。
  Yuma all rights reserved