2007年11月 電車に揺られて会津湯けむり紀行 2日目
2008年3月21日(金)

いざ、初ニセコへ!

 朝起きて慌しく身支度して、朝食バイキングでお腹いっぱい食べた後は、リゾートライナーでニセコへGO〜。これ、札幌市内の各ホテルから各ゲレンデまで送迎してくれるのですごい便利です。リフト券とパックで¥5,000前後で、千歳→ゲレンデ→ホテルも、ホテル→ゲレンデ→千歳も対応してくれます。私はホテルの部屋でウェアもブーツも着込んで、着替えをすっかり済ませた状態で行っちゃいました。楽チーン♪

中山峠の揚げ芋

 中山峠で休憩〜。お腹は空いてないけど有名な揚げ芋を食す。うまうま。この辺からもう羊蹄山が綺麗に見えます。先にニセコ入りしている菅井さん年末年始の地獄の特訓でお知り合いになったスキーヤーさん)から「雪ベチャベチャ。強風で上部のリフトは運休中」とのメールが…うーん、萎える…。

なんかしゃばしゃばなんですけど

 11時過ぎ、ようやくニセコ到着。遠いな〜。5時間しか滑る時間ないので慌しく準備して滑り出す。雪、しゃばしゃばです。重い雪+雪面がボコボコに荒れてて、足が疲れるったらもう…(≡д≡) コブに乗っては足がすっぽ抜けてコケます。ぜぇぜぇはぁはぁ…。場所によっては私の脚力じゃ全くエッジが立たないガチガチのアイスバーン。お、落ちる…滑落しちゃうよおぉぉ。

遥かに望む羊蹄山

 しかし風景はすごい綺麗〜。風が強いおかげで雲ひとつない青空。蝦夷富士とも呼ばれる羊蹄山の綺麗な姿がどこからでも見えます。ところどころ土が見えてるところには、フキノトウの群落。あぁ、春ですね。スマッティーさんはアルペンボードで思いっきり前向いたスタンスなのに、グーフィーも滑れるんですね〜。ほとんど真後ろに滑ってるように見える…器用〜。

名物・スープカレー♪

 時間がないからお昼食べようかどうか迷ったけど、腹が減っては戦ができないのでランチ。ここは北海道らしくサミットスープカレー(¥1,000)を選択。ゲレ食にしてはなかなか美味しいです。ほんとはここのレストランに菅井さんがいると思ってきたんだけど、すれ違いになってしまったみたい。ソフトバンクモバイルは電波が弱くてうまく連絡とれませんでした。残念。

お二人からの指摘事項

・目線が近い。
・バックサイドで腰が引けてる。
・顔は常に斜面に平行に。
・こういう荒れてる雪面では抱え込みで滑るとよい。
言われたことを少しずつ実践。しかしほんとに足が痛い…。右足がパンクしそうです。
午後になって上の第4リフトが運行始まったので行ってみる。係員の人が「コケたら滑落します〜」と叫んでるくらいかなりの急斜面+ガチガチアイスバーンだけど、慎重に行けば転ばずに降りれた。(←写真はだいぶ下部の方です)

名物・ジンギスカン♪

 16:45ニセコ発。また約3時間ほどかけて札幌市内に帰る。ホテルに荷物置いてさっそく夕食にGO〜。今日はジンギスカンが食べたいなってことでバンさんにリクエストしたところ、「夜空のジンギスカン」というお店を予約していただいた。ここ、アイルランド産生ラムとかエゾシカとかの肉も美味しいし、梅酒・柚子酒といった私好みの甘い果実酒も充実してるし、窓から観覧車が見えるロケーションだし、何より、美味しいお肉をお腹いっぱい食べて3人で約¥7,600!! 冗談だろうってくらい安かった〜。ホットペッパーのクーポンで1割引です。

今日も〆はラーメン♪

 その後お二人はさらにラーメンまで食されてました。私もお腹に余裕があったら是非食べたかったけど、どう頑張っても入る余地なさそうだったので、近くのコンビニでゴルゴ13を立ち読み…。ラーメン横丁の白樺山荘というお店、こってり系の味噌ラーメンがお勧めだそうです。

 寝る前にスマッティーさんがワックスかけてくれたのですが、私は眠くて死にそうで何一つ手伝えずすみませんでした…。

  Yuma all rights reserved