12月12日(水) ウェアの洗濯&撥水加工

 今年はガンガン滑りに行くつもり。なので10月頃からツアー予約しまくってますw すでに今時点で5回14日分滑ることが確定♪ あとは道具の準備だね。板はチューンナップに出してあるので、ウェアの準備を進めとこうっと。

 クリーニングに出して撥水加工までお願いしちゃおうと思ってたけど、近所のクリーニング屋さんにそんなメニューがありそうな気がしなくて、あってもやたら高くつきそうで、ネット通販で薬剤購入。初めて自宅でやってみる。

商品名
金額
洗 剤
NIKWAX Loftテックウォッシュ
¥945
撥水剤
NIKWAX TX10ポーラプルーフ
¥1,323
送 料
¥500
合 計
¥2,768

 まずは洗濯。汚れを落とすだけでもかなりの撥水機能が戻るらしい。4着まで行けるという話なので、スノボのウェア上下+バイクのウェア上下を洗濯機に入れ、洗剤を投入して、各ウェアのタグの表示どおり、ドライモードで回す。うちの洗濯機、ドライモードだと水量が「中(34リッター)」固定になっちゃうんですが、洗剤の使用量は4着で45リッター、ボトル1本。まあ、温水の方が効果が出るということで、最初に洗う水はお風呂のお湯汲んで使うんで、45リッターまで入れちゃえばいいわ(←てけとぅ)

 で、スノボのウェアはともかく、バイクのウェアは非常にかさばるもんで、45リッターに4着はムリですね。パッドとかライナーなんかはもちろん外して入れたんだけど、それでも洗濯機からあふれんばかりです。ドライモードじゃそもそも回ってる気がしません。とにかく、洗剤液に浸け込まなきゃイミないわと、クイックルワイパーの柄で、ガシガシ押し込む。ついでにちょっとかき回す。夜中にケミカルな異臭のする洗濯機を長い棒でぐりぐりかき回す女…世が世なら魔女裁判にかけられそうだww

 とりあえずそんなこんなで洗濯終了。次に、濡れた状態のまま、撥水加工に移ります。こちらは3着までってことで、スノボのウェア上下+バイクのジャケット。ここでバイクのオーバーパンツは干しにかかる。脱水かけても生地が生地なだけに、びっちゃびちゃです。バケツで滴る水を受けながら、お風呂場まで持ってって、干し干し(ノ・_・)ノ凹 ┣凹━凹━凹┫

 撥水加工も同じくドライモード。今度は3着、35リッター、ボトル1本なのでちょうどいいわ。ボトルを振って真っ白な液体を投入。やっぱり温水の方が効果出るらしいので、お風呂のお湯を使います。さっきの洗剤もちょっと特殊な匂いがしたけど、こっちはもっと強烈。バケツでお湯を入れた途端、むせ返るような化学の匂い。きっつ〜(≡д≡)

 中身は3着に減ったけど、やっぱり生地のせいで浮いちゃってちゃんと水に沈みません。なので、またもやクイックルワイパーの柄を使ってガシガシ。よーく浸み込んでおくれ〜。

 あとは全て自動で終了〜。またびっしょびしょの服3着をお風呂場まで運んで吊るす。後は乾かすだけだね。ちゃんと効果出るとよいな〜。