2001年3月16日(金)  〜28日目〜
  起床。皆、思い思いの時間に出発していく。徒歩の子は、天気がいいのは今日までなので今日のうちに距離を稼ぐのだと言って、早めに出て行った。私も8時頃出発。迷いながらも何とかR1に出て、まっすぐ走る。時間ならけっこういっぱいあるから、できれば有料道路は使わないで節約して行きたいところだけど、だんだん車が増えてくると有料道路の魅力に負けそうになる。本当に見るものがない。工場地帯には驚くけど、見てて楽しいものじゃない。この辺で観光する気にもなれず、ただひたすら車の流れを見てスムーズに走ることだけに集中する。道はR1に沿ってまっすぐ走るだけなので、何も考えずに走れて楽。


 だいぶ走ってきたところで、富士山の山頂が見えた。他の山と比べてずば抜けて高い位置に、白い雪を被った山頂だけが浮かんで見える。あんまり有名すぎる観光地って好きじゃないんだけど、やっぱり日本一って言われる山や川は、ちゃんとそれなりの理由があるよなあ。富士山もただ高いだけじゃなく、その存在感はすごいインパクトがある。いつか登頂してみたい。


 去年10月に静岡を走り、富士山の近くを通ったときも富士山が全然見えなくてがっかりしたもんだけど、今回も、道の駅・富士まで来ても、晴れてるのにちょうど富士山にだけ雲がかかってる。嫌がらせか? 本当にあの雲の塊が富士山だなんて思いたくなくて、近くにいたライダーさんに確認してみる。やはりあの方角が富士山とのこと。はあ、がっかりorz 私のがっかりっぷりを気の毒に思ったのか、ラーメンをおごって頂いてしまった。


 もうそろそろ精神的にも身体的にもだいぶ疲労がたまってきたので、挫折して高速に乗る。富士ICから東名自動車道へ。さすがに流れるぜー。しかし、こんなに着膨れて高速に乗るのって初めてなんだけど、すごい風の抵抗だー。12月に事故ってホイール修正してるから、170km/hとかになるとヤバいかもって言われてて、確認してみたかったんだけど、やめとく。普通に車の流れに沿って巡行。しかし、このスピードでもホーちゃんは10000回転以上行ってる。うーん、疲れてるだろうに頑張らせちゃってごめんね。


  厚木IC。就職したら、すぐにここの収容施設(研修所ともいう)に送り込まれるんだよなあ。もうその時はこんな自由はないんだ。はあ…。東京料金所から環八、外環へ。なんかあんまり頭いいルートじゃなかったらしいけど、東京ってわかんないし。前に通ったことのあるルートしか走れないっす。私としては一人で迷わず東京を抜けられたなんて、「ほんと自分すげーよ、よく頑張った」ってほめてあげたいくらい。今回のツーリングって、今までできるだけ避けてた細い道や街中、夜間走行もそこそこ積極的にチャレンジして、まあ案の定迷いまくってたけど、怖がらずにやってみたっていうのが前と比べてだいぶ成長したかなーって勝手に自分で思ってる。これなら次に北海道に行くとき、もっと自分の行きたいとこにガンガン行けるかも♪ まあ、ヘタはヘタなりに、少しずつ頑張っていくぞ。


 高速使いまくってたんで、17時くらい、明るいうちに実家に着いた。初めて北海道に行って、家に帰ってきたときには、泣きそうなくらい「あー、旅が終わってしまったあぁぁぁ」って放心しちゃったもんだけど、今回は意外なくらい、あっさりしたもんだった。実家のガレージにホーちゃん停めて、買い物から帰ってきたくらいの気持ちで「ただいまー」って玄関に入れた。1ヶ月近く旅してたら、もう現実に戻って来れなくなっちゃうんじゃないかって心配してたのに。やっぱり旅慣れてきたせいなのかな。慣れって怖い。感動すら薄れていきそう。


 その日のうちにそっこーで写真を出す。もうホーちゃんを運転する気がしなくて、お母さんに車を出してもらう。切り取られた風景って小さい。こんなもん見せて、いくら「すごい風景だったんだ」って言っても、誰にも何も伝わらないだろな。でも、まあいいや。私とホーちゃんの思い出なんだから。久しぶりに街中走って排ガスまみれになった。お風呂に入って就寝。久しぶりに次の日のことを気にしないで眠れた。

14日 15日 16日 20日