2001年3月1日(木)  〜13日目〜  曇り→雨→晴れ  251.1Km

 天気はギリギリもってる。めんどいからレインウェアは着ないで出発。まずは開聞岳方面へ。YHのおじさんに勧められたフラワーパークへ行く。入場料がかかるし、聞いたら全部見て回るのに2時間かかるって言われたけど、せっかく来たんだし、行っとくか。入ってみて感激。すごーい、お花いっぱい♪ 鹿児島もまだまだ南国、チューリップが、ポピーがこんなにー♪




 すんごい興奮してガンガン歩く。気がついたらもう全部回る気になってた。展望台があったので上がってみる。晴れてたら島とかいっぱい見えるらしい。今回日程の関係で断念した屋久島も見えるって。案内板には「今日はいくつ見えたかな?」って書いてある。一つも見えないし…(-ω-;) 風が強いんだから、雨雲も全部飛んでいってくれればいいのに。





  2時間のコースを1時間で帰ってきて、また走り出す。開聞岳がどんどん間近になる。開聞岳が真正面に見えるものすごーく広い空き地を発見したので、ちょこっと駐車して撮影。三脚買ってきといてよかった♪



 枕崎まで走ってきたら、ちょうどお昼だし、どうしても名物のカツオが食べたくなったので、枕崎お魚センターでカツオたたき定食のお昼。食べてたらついに雨が本降りになってきちゃった。慌ててホーちゃんとこに駆け戻って荷物外してレイン装備。ちくしょー、何でこんなに天気に恵まれないんだ。仮にも卒業旅行なんていったら、普通の女子大生ならグアムだの香港だので楽しんでるとこだろーに、私ってば何? 武者修行??


 もうあとは特に観光もせずにひた走る。風が強くてマジ恐怖。途中立ち寄った道の駅・阿久根では、エメラルドのきれいな海が荒れ、波が激しく打ち寄せて、白波を上げてるのが見えた。ここでモト専科にTEL。ブレーキオイルの中に出てきた気泡が気になる。マシンのことが何にもわからないから、何か異変があると「何!? ホーちゃん、ヤバいの??」とかなりあせる。



  ちょうど訓練帰りらしい自衛隊の人も来てて、休んでた。車の人はいいけど、XR250(ちゃんとカーキ色に塗られてる!)の人たちはつらそう。親近感からちとお話。これから天草に渡ることを話したら「こんなに天気荒れてるし、フェリー出てないかもよ」…慌ててTELするとちゃんと出てるとのこと。しかも次の出港は16時で、それを逃すとあとは1時間おき。現在15:20。「間に合いますかね?」って自衛隊の人たちに聞いたら、多分無理とのこと。でも、これに間に合わないとYH到着がすんごい遅れちゃうんで、急いでGO。


  頑張って飛ばしていったけど、車はトロいし、R389のワインディングでトラックに捕まり、もうあきらめた。道の駅・長島で時間をつぶす。ここでようやく雨もやみ、空も明るくなってきた。駅のおじさんに「阿蘇と長崎、どっちに行った方がいいですかねー?」と聞く。明日のルートが決まらない。今まではけっこう地図見ればぱっと決まってたんだけど…。



 余裕を持ってフェリー乗り場に向かい、乗り込む。工事現場で働いてるっぽい人たちがけっこういる。おうちに帰るとこなのかな? いろいろ話しかけられ、仙台からの一人旅って言ったらすんげー驚かれ(あきれられ?)た。ここでも同い年の人に会った。彼は毎日現場で働き、私は気ままな一人旅。

 びしょびしょのレインウェアを脱ぐ気がしなかったので、船室に入ることも出来ず、一人で甲板で海を見ていたら、船員さんに操舵室に招き入れてもらった。海はだいぶ落ち着いてきたとはいえ、まだまだ荒れてて風が強いし、部屋の中に入れてもらえたのはラッキー。牛深から本渡までの道は山の中で暗くなると怖いこと、今の阿蘇は季節じゃないから行くなら長崎の方がお勧めってこと、長崎市内のリンガーハット(長崎ちゃんぽんをメインとするファミレス)のちゃんぽんは美味しいこと(場所によって味が違うの??)などなど、貴重な情報をGET。

  感謝しながら降りてそっこーで走り出す。暗くなったら怖いもんね。けど、私が一人で急ぐまでもなく、車はみんなすごい勢いで飛ばしてく。かなりくねくねの山道なのにほぼ80km/h巡行ってとこ。ちょっとでも遅れれば背後にぴったりつかれるし。こえ〜。みんな運転荒すぎだよ。道は島とは思えない深い山の中を縫うように走ってる。集落を過ぎると灯りはなさそうなんで、私も必死で走る。で、何とかYHがある本渡市にたどり着いたけど、ちっとも見つからーん!

 さんざん迷い、ガソリンスタンドの人に道を聞き、その通りに行ってみても、看板が見当たらない。YHの看板って小さいから、真っ暗になるとちっとも見つからない。もうどうしようもなくて、チャリのおばさんを発見し、道を聞く。そしたらおばちゃんちの向かいってことで、一緒に行ってもらうことに。すごい細い坂を上がっていく。こんな道、絶対わかんないよ。おばちゃんもチャリ押して歩いてるし、バイクで一緒に行くのはかなりつらかったけど、何とか発見。

 YHの建物まではHSR宮城への道並みのダートの急斜面だったんで、下の駐車場にホーちゃん停めて、重い荷物抱えて3往復。真っ暗で足元すら見えない。YHは古ーい建物で、泊り客は私一人。マジで何か出そう。夜は怖くて歯磨きに行けなかった。明日は阿蘇に行くか長崎に行くかずっと迷ってたけど、阿蘇は寒いしまだ緑じゃないだろうし、何より今まで会った人たちみんなに長崎を勧められたんで、長崎に決定。フェリーは7:15を逃すと次は8:40しかないし、せっかくの晴れ間、いっぱいあちこち見たいんで、朝早く起きよう。

2月26日 2月27日 2月28日 3月1日 3月2日 3月3日