2004年7月19日(498.1Km)
 今日も快晴。日が昇るとテントの中は地獄です。でも、起きたのは暑さのせいではなく、なんか怒れるおっさんの声。この公園の管理人らしい。ベンチにダンボール敷いて寝ていたほせくんが怒られてた。生まれも育ちも東京のほせくんは、おっさんの言ってることが半分もわからなかったらしいが、寝ぼけててもだいたいのことが聞き取れちゃった自分がちょっといや。どーやらこの公園でテントを張っちゃいけなかったそーで。湖畔公園は無料のキャンプ場って書いてあったのに。ほかに公園って見当たらなかったし。昨日の夕方はヤンキーさんたちが駐車場の方で花火やったりエンジン吹かしたり大騒ぎされてたんで、バイクもテントの近くまで乗り入れて来ちゃってて、それも怒られた。さらにはヤンキーさんたちが残していかれたゴミまでうちらのせいにされた。うん、さいあくな目覚め。今日も4時間も寝てないぞ。

 各自寝不足やら二日酔いを抱えつつ、のろのろと撤収。とりあえずコンビニまで移動。今日は観光しながら家まで帰る予定。せっかく仙台まで来たんだし、けんたろくんとほせくんに「蔵王のおかま」を見せてあげたい。「なんじゃそりゃ??」うむ、期待通りの反応。蔵王エコーラインを車で走るのはけっこうきついんで、さっちょんは車を置きにいったん家に帰る。ってことは待ち合わせのみちのく森の湖畔公園までは元・仙台在住の私が先導するのかー…。先導って嫌い。方向音痴だし、どれくらいのペースで走っていいかわからんし。案の定、カタナなんか手に入れちゃったもんで最近キリンに影響されまくりなけんたろくんは、やる気なカッコのゼファーのおっさん追いかけて先に行っちゃうし。


 でも、走り出したらけっこう覚えてるもんで迷わず辿り着けました。ヤバいヤバい。思い出がいっぱいです。仙台泉線から48号、まさに私が住んでたエリア。ホーちゃん買ったショップがあったり。広瀬川が見えたのでけんたろくんとほせくんに指差して教えたげる。48号は当時バイトしてたスポーツランド菅生やオンワード樫山への通勤経路。二日酔いでこのくねくね道走るとほんと大変でなー。冬なんかすっげえ寒かったしなー。仙台村田線へ入るところもちゃんと覚えてる。はー。懐かしい。仙台はちょっと走ればすぐ山に入っちゃうからライダーには楽しい場所だよなあ。青空の下の釜房湖がすっごいきれい。珍しくわれちゅうなメンバーで正統派なツーリングしてるわ。


 さっちょんと合流して、また走り出す。ちょっと道に迷いつつ、なんとか457号に入る。山道は怖いんで先導終わり。あとは蔵王エコーラインに入るだけだし、みんな先行っちゃってくれーって一番後ろに回ったところで雨が降り出す。うおー、マジか? 下界はあんなに晴れてたのに。仕方なく雨装備。蔵王エコーラインはバスとかもいてとっても流れが悪い。さっちょんはレインウェア持ってきてないし。登るにつれて霧まで出てきた。一応料金所の手前までは行ったものの、この調子じゃ「蔵王のおかま」は絶対見えないし、今度来たときのお楽しみにってことであきらめて下山。びしょぬれのさっちょんが軽く死にそうだったし。つか、マジでホーちゃんのリアタイヤがヤバくなってきた。みんな相当ペース落として走ってるけど、私はそれ以上に落とさないとずりずり滑る。真ん中だけ溝はほぼなくなりました。


 ふもとのお蕎麦屋さんでお昼。びしょぬれのウェア類を店先にずらっと並べてたら、玄関口に椅子並べて「こちらに置いてください」って言って頂きました。普通に迷惑ですよね。すいませんでしたー。

 私は天ぷら蕎麦を注文。100円追加で機械打ちから手打ち蕎麦に換えられる。見た目ボリューム少なめに見えたけど、案外おなかいっぱい。てんぷらもさくさくで美味しいー♪



 裏庭がけっこう広くて探検ごっこ。蔵王大権現とゆーなんとも濁音の多い神社発見。蔵王夫婦岩だの、蔵王弁天だの、「とりあえず『蔵王』ってつけときゃいーんじゃね?」的なネーミングがいっぱい。関東じゃとっくに終わったはずのアジサイもまだ綺麗。ユリも満開でいい匂い。雨は降ったりやんだりの繰り返し。











 4号に出たところで福島方面に向かううちらと、仙台に戻るさっちょんはお別れ。次に会うのはいつかなー。また年忘れエンデューロかな。


 4号に出てすぐに白石ICから東北道に乗る。正直、雨の高速をこのタイヤで走るのは本気で怖い。溝がしっかりあったぜったんでもハイドロプレーニング経験あるし。「じゃーこれ乗るか?」ってカタナ指差されても、それはそれでまたやだし、ホーちゃんと命運ともにするしかないっぽい。ここまでタイヤ交換怠った自分の責任だしな。乗ってすぐに国見SAでお土産。荷物積むのめんどくさいから牛タンサラミ3本のみ。あとは100Kmごと休憩で川口まで。向かい風がすごく強くて、ホーちゃんじゃマジつらい。さらに身体も疲れ果ててて、たまにマジ寝そう…。そんな眠気も吹っ飛ぶような出来事が。前を走るけんたろくんのリアバッグのレインカバーが外れてこっちに吹っ飛んで来ました。3ケタのスピードで走行中、拾うことも停まることもできず、後ろのほせくんに「あ゛ー!!」って指差すのが精一杯。ミラー見たらほせくんは左ウィンカー出して拾いに行ってた。


 那須塩原SAで休憩、給油。佐野SAで夕食、給油。夕食食べたら本気で眠気がヤバい。たまにけんたろくんも意識混濁してるよね。ラインおかしいもん。
 浦和料金所で下道に降りる二人と別れ、私は横浜へ。通ったことない首都高走るのは不安だったけど、特に迷うこともなく湾岸線に出れた。よかった。

(この旅の最後の食事、牡蠣フライときのこの卵とじ丼→)


 家到着は1時過ぎ。荷物も降ろさず、ベッドに直行。マジ疲れた。でも充実。やっぱイベントは大勢でわいわいやるのが楽しいな。また修行積んで、来年もジムカーナと蔵王のおかまリベンジツーリング行きたいです。

7月16日 7月17日 7月18日 7月19日