2004年7月17日(344.3Km)
 3時半起床。4時出発。ちなみに今日の水戸の日の出は4:33とのこと。外は真っ暗だし、もちろん、みんな寝てて挨拶すらできません。なんか久しぶりだな、こういう常識外れな生活時間。学生時代とかはR6の渋滞を嫌って平日の午前2時とかに走り出したりしてたけど、そうするとちょーど通勤ラッシュの時間帯に水戸に着くわけで、学生の見通しの甘さを痛感してました。

(これから出発。競技車両とは思えないカッコのホーちゃん→)


 常磐道なら桜土浦ICが近いんで、終点の常磐富岡(去年11月に仙台行ったときは広野までしかなかったのに。常磐道も伸びてるー!)まで使って、あとはR6で行く予定。半分以上高速だし、学生時代よりは上手くなったかと思うし、仙台−つくば間の記録をどこまで短縮できるかな。あー。ガス入れ忘れてたけど、100Kmごとに休憩とる予定だし、中郷SAくらいまでなら余裕だろう、と思いながら走ってたら途中でホーちゃんのエンジンがぷすんぷすん言い出した。年式古め(たぶん’97)なホーちゃんは燃料計ついてないけど、突然止まるんじゃなくてちゃんと「おなか空いたよ!!」って言ってくれるとこが好き。燃料コックをリザーブに切り替えて、予定通り中郷SAに入り、のんびりコーヒー飲んで、さーて、給油でもするかねーとスタンドに行ってみて愕然。閉まってます…。SAのスタンドっててっきり24時間営業だと思ってたのに(≡д≡)

 あまりの出来事に呆然としちゃって、そのまままた走行車線に出てしまった。本来であれば、ちゃんと走行可能距離を計算し、地図を見て、どこのICで降りるべきか考えなくちゃいけなかったのに。とりあえず恐怖と緊張でぷるぷるしながら「ね…燃料コックをONに戻してみようかね」とやってみた。途端にぷすん、ぷすん…無理っぽい。この時点でまだ茨城。ホーちゃん信じて2つのICをやり過ごしたけど、3つ目のいわき湯元で精神的に力尽きて下道に下りる。終点よりICにして4つ、距離にして51Km手前。まだ7時前でほとんどのスタンドが閉まってたけど、ちょうどR6に出るところで24時間営業のセルフのスタンドを発見。16リッターのタンク容量を持つホーちゃんに15リッター以上入りました。乗り始めて7年目、新記録です。

 朝早いだけあってR6の流れもよく、空はどんより曇っているものの雨にもほとんど降られず仙台市内に到着。この調子なら時間通りに会場に着けそうだなと思ってたら、突然の土砂降り。ちょうど工事中の区間で歩道とかコンビニの駐車場に入ってレイン装備をすることもできず、渋滞の車列に巻き込まれたまま、あっという間にぱんつの中までびしょぬれ。もう相当どうでもよくなってそのまま会場に向かう。HSR宮城の会場はダートの坂を上りきった頂上にあるんだけど、もはや道っていうより渓流と化してた。もうとにかく屋根のあるところに行きたくて夢中で登ったんだけど、冷静に考えるとよくフル積載で登れたもんだと感心するわ…。

 すさまじい土砂降りのため、練習会参加者はごくわずか。さっちょんは仕事が入っちゃって来れなかったけど、けんたろくんと私は走りました、2〜3時間ほど。レインウェアをフル装備して、その上から今回のために買ったニーパッドをつける。コースの一部は完全に水没してて、推定水深15〜20cm。突っ込むと重くて進まないわ、ハンドルは取られるわ、もー大変。まさかバイクに乗ってて水圧を感じる日が来ようとは考えてもなかった。

 コースの舗装はサーキットと同じものを使っているとのことで、ものすごく食いつきがいい。土砂降りの中こんなことしてるのに、タイヤが滑るようなことはほとんどなかった。バンクしたままアクセルがばって開けて、ようやくリヤが少し滑るくらい。でも、あるイミ雨は助かったかも。ホーちゃんのタイヤ、予想以上に溝がなくなってきてる…もし今日が快晴で、がっつんがっつん走れてたら、明日の本番はつるつるになっちゃってたはず。草もだいぶ伸びてて荒れ放題、コーナリングでインにつくと伸びた草の穂がびしばし当たって走りにくいんで、途中でみんなで草刈したり。
                                                 (↑田んぼ…?)

 私はまだアクセルワークが雑なもんで、ホーネットで1速だとギクシャクしちゃって走りづらく、いつもは2速で走ってたんだけど、このちまちましたコースで2速じゃ回転数が落ち過ぎて全然加速しない。それで1速で走ってみたけど、ちゃんと走れるようになってることに気づいた。これからはライスクも1速で走ろうっと。

 私は、大学のときは仙台に住んでいて、大学4年の夏以来、バイク修行で何度かHSR宮城には通っていたんだけど、その頃お世話になったジムカーナ大会事務局の平野さんやAクラスのよしみつさん、A級の畠山さんたちが私のことを覚えててくれた。みなさんそれぞれ1、2回お会いしただけなのに、すんごいびっくり。もう仙台離れて4年目で、学生時代の知り合いもほとんどいなくなっちゃってたんで、私のことを覚えてるって人に会うと、あー、私はほんとにこの街に住んでたんだよなあって思えてほんと嬉しいです。

 帰る頃には雨もあがった。今回、宿泊はキャンプにしてさらに宿泊費を削るつもりなんで、ほんとよかった。新品テント、北海道一人旅ツーリング前に実際に使っときたいし。けんたろくんもこれに合わせてテント購入。一日早く仙台入りしたけんたろくんは仙台市内の水の森公園にテントを張ってるとのことで、行ってみてびっくり。…テントかぶってます。写真は全く同じテントが二つ並んでる図。マネすんなーヾ(`Д´)ノ"

(↑コールマンのツーリングテント。安さとデザインに惹かれました)

 仕事が終わったさっちょんを呼び出してお夕飯。「今どこですか?」「水の森公園」「えっ、水溜り公園?」…雨の中走り続けてびっちゃびちゃなうちらにとって、さっぱりシャレになってません。

 大晦日の年忘れエンデューロ大会以来の再会。あの時と同様にハイラックスの荷台にバイクを積んできたので、車で街中の牛タン屋さんへGO。利久でオーソドックスな牛タン定食を注文。すんごい分厚いのにめっちゃ柔らかくて美味い(≧▽≦)ノ 帰りはお酒買ってキャンプサイトのテーブルで飲んでた。初対面のけんたろくんとさっちょんもすっかり意気投合したよーで、「けんたろーさん」「さっちょん」と呼び合う仲に。遅くまで相当盛り上がり、明日は大会本番なのに、寝たの2時半過ぎ…昨日も非人間的な睡眠時間だったのに…。さっちょんも駐車場に停めた車の中で寝てました。地元民のはずなのに…。
7月16日 7月17日 7月18日 7月19日