●2004年バイク修行日記●

11月7日(日) セーフティライディングスクール@府中運転免許試験場
 明日は旅立ちの日だっつーのに、S氏とけんたろくんにライスク誘われちゃった…しかもいつもならホーちゃんで来てるスクールなんだけど、ぜったんと旅に出るつもりで上京して来てるから、参加するならぜったんで行くしかないわけで…うわー、だいじょぶなんだろか?? せっかくなんで、いつか一緒にライスク行きましょうってお声がけ頂いてたまりりんさん@ZRK1100も誘ってみたら、茨城から参戦されるとのこと。

     (右がまりりんさんのZRX。やっぱ女性にはZRXって重いっすよねえ→)

 もちろん今回は初級に参加。まだぜったんじゃ中級とか全然無理だし。初級はレベルのばらつきがけっこう大きくて、何で中級に行かないのってレベルの人が走ってたりする中、何でもないUターンで転倒する方が続出だったりもする。それでも自分にあったレベルの場所さえ確保しちゃえばコース走行も楽しく走れる。今回は初級の中でもほんと無理のないレベルのグループを選び、全然ストレスもプレッシャーも感じずにのんびり走れました。とりあえず普通にUターンできただけでも指導員からお褒めの言葉を頂けたりしちゃうもんで、いっぱい誉められて、ぜったんとのソロロングツーリングに向けて自信にも繋がりました。気休めでもいいんです。「とりあえず乗れるでしょ」って言ってもらって、不安が取り除かれるなら。うん、参加してよかったな。

 でも、今回中・上級クラスはなんだか参加態度に問題がある人がいただか何だかでペース制限されてたらしく、全然走れなかったらしい。指導員のペース調整が入り、順番入れ替えも禁止。そんなのつまんないし、あんまり練習にもならないよな。次回参加するときにはそんなことになってないといいな。


 で。ぜったんは長い旅に出るにはちょっとタイヤの溝に不安があったもんで、帰りに近くの知り合いのバイク屋さんとこでタイヤ交換をしてもらう。もちろんいつもの廃タイヤ。ほんとは普通のツーリングタイヤがよかったんだけど、リヤがハイグリップタイヤしかなくて、結局前後ともハイグリップ履くことになりました。こんなんで長距離走ったら、帰ってくる頃には見事に真ん中だけ真っ平らになっちゃってるんだろな。しかしこのタイヤ、またもや「ぴれり」とか書いてあります…きっとちゃんとお金出して買ったら高いんだろな。こんなのが工賃のみで履かせてもらえるなんて、ほんと助かります。




 でも、端っこまでこんなささくれちゃったハイグリップタイヤを履いたZRX1200R。道中勘違いされまくりでした。ガソリンスタンドでかけられる声。駐車場に放置してたらライダーさんに取り囲まれてるぜったん。「サーキットとか行かれるんですか?」「すごいっすね、攻めまくりですね」…いや、あの、全然違うんです、その…。「ここまでは私が使って、こっから先は前の持ち主さんがですね…」って説明するのもめんどくさくなってた旅の後半。やっぱ分不相応なタイヤなんて履くもんじゃないな…(-ω-;)