7月5日(土) 目黒警察署・二輪講習会@祐天寺駐車場

【講習会情報】
日程:毎月第1土曜日(偶数月は低速バランス、奇数月はコーススラローム)
時間:13〜15時
場所:祐天寺駐車場(渋谷からR246を厚木方面へ→左折して山手通りへ→右折して駒沢通りへ→左手に祐天寺)
受付:予約不要。当日12時半〜13時に現地で。
料金:無料。

 第1土曜日にやってる講習会なんて知らないよ〜と思いながらも、一生懸命調べたらこの講習会を発見。当然、初参加です。内容も、参加者のレベルも不安だけど、頑張らねば〜。あと、こないだの土砂降りの小岩の後、洗車もメンテも何もしてないもんで、なんか後ろからキュルキュル音が聞こえます…実家に帰ったらちゃんとチェーンルブ差そう…。

 集まったバイクは約20台。さすがに知らない人ばっかりだな〜と一人ぽつねんとしてたら、浅草署の講習会でお会いしたスキーのオフトレでバイクやってるという方と、最近警察署の講習会に行くたびに大体毎回お会いするモタードの男の子発見。知ってる人がいるのはちーと心強いわ。しかしモタード君、「こないだお会いしましたよね」って言ったらしばらく考えた後に「あー、クオリファイの人!」って…何のことかわかんなかったよ。私は人をバイクで覚えるんだけど、タイヤで覚えるって変わってるな〜(汗)

 お寺の駐車場なので結構狭い。パイロンを置いて直線スラローム→オフセットスラロームと進むコースも、めちゃくちゃきつい。8の字の要領で回らないと回り切れない箇所が3箇所。おまけに場所によってはハンパなく砂利が浮いてて、恐ろし過ぎて、ただでさえ倒し込めてないバイクが全く寝せれない。こないだだいぶ小回りできるようになったと思ったけど、状況が変わればこんなにも走れない自分が、ちーと情けない…。

 目の前のパイロンばかり見てしまうから回転がきつくなるわけで、次のパイロンを意識してライン取りを考えていく。でも、考えて頭でわかっても、バイクを倒せないしアクセル開けられないんです…怖くて。

 ものすごいビビりながら何とか回ってたら、始まって数周のところで、同じ青のホーネットの女性の方、転倒…(-ω-;) あぁ、もうやってらんないわ…。無理…必死になって、ビビッて身体も硬直しちゃって、全くダメ。このままこのコース走り続けても、私の場合疲れるだけであんまり得るものもなく帰ることになりそうだなって思ってたら、幸いなことに希望者に8の字やらせてくれるってヽ(‘ ∇‘ )ノ もちろん、真っ先に挙手(≧∇≦)ノ

 こないだ散々8の字やったのに、またかなり元の走りに戻ってる。でも以前みたいに身体ガチガチに力入ったり、ぎくしゃくしたりで全く8の字描けません(><)ってことはなくなった。今の悩みは、スムーズに早く小回りができないというところ。少しは進化した?

 パイロンを遠く横から入って、奥まで行って大きく回って、もう一度パイロンの横を通るときにはすでに車体はまっすぐで、よーしアクセル開けますぜ〜って状態になるのがベスト。もちろんできてないので、じゃあどうすればそうできるのかなってこと。小回りできなくてやれないならもっと大回りのラインをとるとか、フロントブレーキも使ってしっかり減速するとか、内側の手でハンドル押さえちゃってるようだからとにかく力を抜くとか、ちゃんと内側の肩を引いてひじは軽く外に向けて腕の伸縮を妨げないようにするとか、目線は常に先に先に送るようにするとか、まあ課題はいろいろ。

 でも、何をどうしようとも、とにかく右回りがヘボヘボなことはどうにもしようがなくて。指導員の方も、「右と左でもう全然違うよ〜。左はまあまあできてるけど、右はダメなんだから、何がどう違うかを考えていい方に近づけていけるようにしなくちゃ」っておっしゃるけど、確かにそれは全くの真実なんだけど、自分でもわかってることなんだよね。努力はしてるけど、なかなかよくならないんだよね≧(´▽`)≦

 小岩でお世話になった師匠は、そういうとこをきちんと押さえてくれる人なので、できないことを克服するのに、まずはここからこうしてみようかと、具体的で実践しやすい課題をどんどんくれて、少しずついい方向に持っていってくれる人なので、飲み込みの悪い私みたいな子にはほんと助かるんです。師匠、指導員になってくれればいいのに…。

 まあそんなないものねだりをしてもしょうがないので、今気づいてる課題をクリアしていくように頑張る。いろいろ直すところはあるけど、何もかもを一度にやろうとしたって不器用な私には無理なので、まずは少しずつ実践していく。前傾姿勢を意識してパイロンに向かい、アクセル戻して軽くリヤブレーキ当てて減速(フロントブレーキはまだ使わない。いろいろやると混乱しちゃうもんね)、バイクを倒し、回転開始。力を抜いて肩を引くようにして回転、アクセルはごくパーシャル、回転のピーク(何て言うんだっけ?)でもう少しハンドルを切ってやる、この辺でもう目線は次のパイロンへ…ってところを意識するように。

 スキーヤーの方もいろいろアドバイスくれるので、結構助かりました。今まで女性オンリーの講習会にばっかり通ってて、男の人も来るような講習会がちょっと怖くなってたけど、上手い男の人って私みたいな初心者の女の子(とは今さら言わないか…タダのヘタクソなオンナ…)にいろいろ教えてくれたりするから、実は結構ためになるかも。暑くてバイクにはつらい季節になってきたけど、引き続き頑張って参加できる講習会を探していこう〜。