3月24日(土) レディースバイク・オートバイ安全教室@交通安全指導センター

 2月はスノボで全然行けなくて、約1ヶ月ぶりの講習会。何だかまた激しく後退。波状路は腕はショック吸収できてるから膝も柔らかく使えるように。千鳥褒められたのは嬉しいんだけど、相変わらずクラッチ握る左手がつらい。言われたとおりレバーの角度は握りやすいように変えてきたし、分厚いウィンターグローブも悪いと思って薄手の持ってきたのに、それでも腕つりそう…私が運動不足なのか? クラッチが渋すぎるのか?

 コース走行はもちろんぐちゃぐちゃ。最初のうちは入ったグループが予想よりペース速くてついてくのに精一杯になってしまった。速い人たちはさらに上のグループに行ってしまったので、最後はマンツーマンで見ていただき、アドバイスをいっぱいいただきました。

・目線を曲がる方に向けてきちんと見る(見れてないときはコーナリング中にふらついてる)
・腕じゃなくて下半身
・無駄な力は抜く
・ペダルに乗せてる足の位置が前寄りなのは直す(つま先でペダル操作しないと微妙な操作ができない)
・フロントブレーキしっかりかける。
・ブレーキはかけるorかけないじゃなくて、ごく軽く引きずったままコーナリングしたりといった操作ができるように。

といったカンジ。どーも間が開くと後退するぽい。また「調子悪そうだね」と言われてしまった。うーん、めげずに頑張ろう。


Close