9月8日(金) ビューティーサーキットレッスン@筑波サーキット
 久々のチームマリのスクール。しかも自車両持ち込み・革ツナギ着用のサーキットレッスンの方。参加したいちばんの理由は、交換したばっかのぜったんのタイヤを試してみたかったから。でもサーキット講習は金曜だしな〜、休みとれるのかな〜ってぐずぐずしてたら、中上級が満員になっちゃった。そこであわてて申し込んだけど、結局当日までキャンセルが出ることなく、初中級クラスに…うーん、まぁ、新品タイヤだしおとなしく走るかー。

(ツナギの色とぴったりのブーツ、上野のバイク街で¥3,000くらいでGETww→)




 前の晩は会社の歓送迎会で、寝れたのは3時間半程度。6時間寝ないと使い物にならない体質なので、すでに死にそう…。

 6時半、東京出発。8時、つくばの実家到着。革ツナギ着て、ホーちゃんからぜったんに乗り換えて、筑波サーキットへ。3週間前にタイヤ交換お願いした後、車両引き取るヒマもなかったので、「終わったらおばあちゃんちのガレージに入れといてください」ってお願いしといた。これが今度のタイヤか〜。前後とも新品ってほんと久しぶりなので、やっぱり滑るのかしら?とドキドキしながら走ってたけど、別に不安な挙動もなくてよかった。




 受付時間ぎりぎりに到着。ミラー外したりライト類にテープ張って、車両点検、準備運動。この日は某バイク雑誌の取材とか来てた。知ってたらメット買い換えてきたのにぃ。すでに6年くらい(!)使ってる白メットは汚れとか、もはやはがれないシールとか、こないだの北海道ツーリングであごのパーツがもげちゃったりとか、とても女の子のメットとは思えない状況で…早く買い換えなきゃっていうのはわかってるんだけど、どうしてもタイヤとかチェーンとかマシンの方にお金が行っちゃうのよねぇ。




 急制動の練習。いつも東京でやってるのだと40Km/h強しか出さないけど、ここでは60〜70Km/hくらいで。やっぱり滑らない。路面の舗装も違うしね。早速リヤロックとかしてるし。せっかくの新品タイヤ、大事に使わなきゃなのに〜。
 シフトダウンの練習。私はシフトダウン後、アクセルあおりながらクラッチ繋ぐことができません。だって手の大きさが足りないんだもん。っていうのは言い訳に過ぎないので、練習、練習。不器用なもんで全然うまくいかないわ。でも苦手なシフトダウンを克服するよい機会なので、頑張ろう。この日以来、一般道でも一生懸命練習してます。危険のない範囲で。


 ここまでは中上級・初中級分かれての練習になる。初中級はパイロンで作ったスラロームと大きめなコーナー2つのコース。パイロンはアクセル一定で荷重移動だけで抜ける。コーナーは一つにはクリッピングポイントが示されてて、もう一つは自分でラインを考える。完璧にできてるかって言われたら、決してそんなことないのは自分でもわかっているけれど、でも、ペースも内容も含めてやっぱり中上級でやりたかったというのが本音。


 お弁当食べて、午後はコース1000でのレッスン。中上級とはまだ別メニュー。1列に並んで走り、順番にイントラさんが前に入って走ってくれるので、そのラインを勉強。やっぱりぜったん、タイヤ買えてむちゃくちゃ曲がりやすくなった。今まで「おりゃー」って力づくで倒しこんでたのが、ぱたぱた軽く寝て、くるっと回る。気構えなくても簡単に曲がれるようになったおかげで、アクセルも開けられる。楽し〜♪ でも、何周か走るとすぐに最後尾に追いついちゃう。相当待ってわざと間を開けてもコースの半分も行かないとこで追いつく。そして他の人は何かしら個人的にアドバイスもらってるのに、私には何もない…。直すとこはいっぱいあると思うんだけどな。


 このままじゃちょっとフラストレーションたまっちゃうかもって思ってたら、マリさんから「練習にならないから上のクラスに行きましょう」とのお言葉。は〜、よかったぁ。これからはちゃんと申し込み、早めにします! 中上級クラスではストレス感じることなく伸び伸び走れた。買ったばっかのブーツが路面にこすれる。所詮安物だからどーでもいいけど、タイヤにいっぱいついてる「消しゴムのカス」はちょっとショック。こっちは大事にちびちび使いたいよ…。

 最後にコース2000で体験走行して終了。こちらはイントラさんの先導付で、それほどスピードも出せないのでぐるぐるしてたら何だか眠気再発…やたらとバンクつけてあるコースで右に左にぱたぱたしてるとだんだん平衡感覚もなくなって気持ち悪くなってきた…やっぱり万全の体調で臨みたかった…。


 安全なコースでしっかりぜったんのタイヤも試せたし、前後とも無事に全面皮むき終了したし、何より、楽しかったので満足。いちばん勉強になったのはシフトダウン。練習してちゃんとブレーキかけつつアクセル操作できるようになるぞー。


Close