4月22日(土) レディースバイク・オートバイ安全教室@交通安全指導センター

 「しばらく続けて通ったらいいよ」の言葉に素直に従い、また来てみた。ホーちゃんで中・上級。課題は前回言われてたこと、下半身でバランスをとる、リーンウィズ、小回りで早く車体を真っ直ぐにしてアクセル開ける、等々。今日は天気がいいせいか、初級、中・上級それぞれ20名ずつくらい。しょっちゅう来てた頃はよく顔見てたすんげぇ上手いお姉さま方も復活してた。あいかわらずすんげぇ上手いっす。尊敬。

 ブレーキングはクラッチに意識が行っちゃうのが×。どーも早くクラッチ切りたくてしょうがなくて、それはダメってわかってるから握りはしないんだけど、早くからレバーに指かけてる。ハンドルから手を放した状態になってしまうので、それはやめるように。順番待ちの際、斜め前の綺麗な青いCB400SFのお姉さんがぐら〜って倒れかけた。イントラさんが駆け寄って事なきを得たけど、どーも足が吊ったようで…。こえー(≡д≡) 私も足が吊りやすいタチなので気をつけねば〜。

 低速バランスは相変わらずへぼへぼ。くねくね一本橋は「下半身でバランスとる」いい練習になるはずなのに、やっぱり上半身ぐらぐらさせて、ぽてっと落ちる。1勝3敗。8の字では両腕伸び切ってるから座る位置の見直し。つか、ホーネットで私の腕の長さで伸び切るはずないんだから、姿勢がおかしいんだ。狭路Uターンは線をはみ出ちゃう。もっと進入速度上げて倒しこんで回れって…リヤブレーキちょこっと踏んでクラッチ完全に切れって…うーん、ムリっ。

 波状路だけ、「とてもいいですね」って誉められて逆にびびった。乗馬で駈歩してる馬の首の動きに合わせるようなカンジで、できるだけ衝撃をひじの伸縮で吸収できるようにって意識して乗ってたけど、うまくできてる気はしてなかったのにな。ひじと比べると膝が固まり気味だから、もうちょっと柔らかくすればもっといいって。せっかくだから公道にも活かしたいけど、ビビりな私がライスク以外でスタンディングでバイク乗ることはありえない気がするのです…(-ω-;)

 コース走行は、今回は人数多いので中・上級クラスを4チームに分ける。私は上から3番目チーム、後ろから2番目に控えめに入り、徐々に前へ行かせてもらって2番手へ。先頭のお姉さんは私より明らかに上手かったけど、疲れたそうなので最後は先頭も走りました。

 前回「続けて通ったらいいよ」っておっしゃっていただいたイントラさんがやったら熱心に指導してくれて、相変わらずリーンアウトなフォームとか、力入りすぎてるとか、曲がりたい方向に上半身が向いてないとか、直線ではもっとガバッとアクセル開けるとか、1周走るごとに気がついたとこ指摘してくれる。車体押し倒して曲がってるから、力抜こうと意識するとコーナーで膨らんじゃう。もっと根本的なとこ直さねば〜。

 とりあえず旅立ち前の練習はここまで。これのおかげで四国ツーリングが少しでも安全でラクに楽しめるとよいな。


Close