2003年8月13日
 朝、物音で目が覚めた。テントを片付ける音と、カラスの鳴き声。時間は5時前…確かに昨日、夜9時くらいにはうちら以外ほとんどの人が寝てたもんな。それにしても早過ぎ。さらにここ、カラスがすごい。テントの前室に置いてあるゴミの袋とか食料とか持っていかれそうだし、テントの脇の低木に止まって鳴いててめーっちゃうるさい。寝てられない。前の晩呑んでて眠いのにー。結局8時に起きたときにはほとんどのテントがなくなってた。うちらはこの九種湖キャンプ場に2泊する予定なので、テントはそのままで身軽に出発。
 まずはスコトン岬。海の向こうに見えるのが海驢(トド)島。無人島。トドは見えませんでした。
 澄海(すかい)岬。南の島みたいに真っ青な海のこぢんまりとした入り江。中島みゆきが歌うDr.コトーの主題曲のプロモに使われた場所らしい。マジで「蒼ざめた海」の歌詞にぴったりだあ。

 次に金田岬を目指したけど、何もない細い道が続くばかりで何も見つからず、このまま行ったらUターンすらできなくなりそうな気がしたので途中で引き返した。道中で見かけた礼文空港は信じられない小ささ。うちの寮の敷地より狭いんじゃないかと思わせるほど。たぶん裏にはちゃんと滑走路もあるんだろうけど。誰もいないし、営業してるのかな?
 朝食を食べずに動き出したため、まだ12時前なのにおなかが限界にすいた。元地の佐藤売店でお昼。ここは漁師さんがやってるお店で、ウニ丼1,000円〜。うちらはダブル(ウニの量が2倍)1,800円を1杯ずつと、トド肉、カボチャもちを食べた。オレンジ色のバフンウニは甘くてウニの味がしっかり濃いのに全然しつこくなく、ぺろっと食べれてしまう。2年前に稚内で食べて夜まで胸焼けが続いた3,000円のウニ丼とはまったく対照的。非常に美味しかったです。ここでもまたナカダさんご夫妻と会った。島は狭いから観光地巡りをしてるとすぐに同じ人に出くわす。
 ナカダさんご夫妻は午後の便でもう礼文島を離れるとのこと。うちらは午後はバイク置いて歩く予定。まずは佐藤売店から歩いてすぐ、礼文3奇岩の一つ・地蔵岩。聳え立つ大岩が真っ二つに割れてる。落石の恐れがあるため立ち入り禁止になってて、遠くから眺めるだけになってます。
 次は3奇岩の残り、猫岩と桃岩。2つは同じ展望台から見える。これは猫岩。思ってたより小さくて私のデジカメではちゃんと撮れませんでした。解説すると、猫が座って海を眺めてるよーな姿です。
 これは桃岩。
 桃岩の近くには有名なYH・桃岩荘があるんだけど、今年はYHの裏手で崖崩れがあって危険なため、営業してない。立ち入りも禁止されてるけど、展望台から見ることができた。ほんとに建物1棟と同じくらいの大きさの岩がすぐ近くまで落っこちてきてて、直撃してたらYH壊滅だったかと思われます。
 次は飲み物とお菓子を買って、礼文岳(標高490m)登山。

 みんなね、490mなんて登山じゃねーよとか言うけど、海抜0mからまったくの運動不足の私が登り始めるんだから、そりゃーかなりの苦難の道なんですよ。登り始めはかなり急だったから、ちょっと登山を提案したことを後悔したもんね。
 登山道はほとんど見晴らしがきかず、時折お花が咲いてる森の中の小道をただひたすら歩き続ける。
 今はお花のシーズンはピークを過ぎてるらしいけど、それでもかなりあちこちにいろんなお花が咲いてて心和みます。
 標高はそんなに高くないけど高山植物がすげー多くて、見慣れない植物群です。
 寒かったはずなのに汗まみれ。「おーっ、頂上かー」と思うと、フェイントで、礼文岳頂上はもう一つ向こうの山だったり…。頂上までの最後の数十mは挫折したいくらい疲れました。
 頂上には神楽の楽士みたいな服に髪を結った不思議なカッコのお兄さんが不思議な形の太鼓をトンツクトンツク叩いてる。絶対不思議な存在なのに誰も話しかけないし、見てもないから、てっきり私にだけ見えてる礼文岳の精かなんかかと思った。聞いたら東京からバイクで来て、今は漁師さんとこで働いてるとのこと。休みの日にはこうやって太鼓(バリの楽器だそうです)を叩きに山に来てるそう。
 頂上はガスってさっぱり風景も見えなかったけど、久しぶりに山に登った充実感は格別でした。片道4km程度の道ですが、私の足で登り1時間40分、下り1時間程度。
 午後の運動でウニ丼もすっかり消化してしまったので、香深の千鳥でちゃんちゃん焼き定食で夕食。炭で生のホッケを焼き、火が通ったところから味噌と和えて食べるスタイル。すんげえ美味い。さらに図々しいことにキャンプで使うので炭を1つ分けてくれとお願いしたところ、お兄さんが「じゃあ泥棒みたいにこっそり持ってってください」とおっしゃってくれたので、こそこそと袋に詰めてたら、女将さんに見つかり、「何してんの?」…正直に言ったら、ビニールにいっぱい詰めてくれました。すごい親切。おなかも満たされ、あとは汗を流して呑むかねーと思ったら、銭湯が定休日…銭湯にも定休日ってあるのかー(≧д≦)
8〜9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17〜18日