2006年1月2日(月)  〜餅つき・みんなで原付ツーリング〜  晴れ→曇り
 朝7時から餅つき大会。ちょっと寝坊して出遅れたけど、ちゃんとつかせてもらった。しかし、餅つきってこんなに疲れるものなのね。あっという間に腕が重たくなっちゃった。ちぎって丸めてあんこやきなこや納豆絡めて、つきたての餅美味ーい♪ 豚汁も頂いて今日の朝ごはん。



 朝から軽くYH周辺をお散歩。気象観測用(?)の風船飛ばすの見学。真っ青な空に真っ白な風船、映えるな〜。それから近所の聖ジョージ教会。よっちゃんと「以前、ここで式をあげました」的写真を撮ってみたww








 準備整えて、昨日のメンバーで原付ツーリングスタート。山ちゃん隊長を先頭に、なっちゃん、のんたん、私。原付もすっかり慣れて楽し〜。車もほとんど走ってないので走行写真撮ってみた。

 原付のない人たちは歩いて散策してるので、要所要所で合流する予定。



宮之浜
 まず向かったのは宮之浜。海で泳ぐ人もけっこう多い、静かで水の綺麗な海。徒歩部隊とも合流して集合写真。

  右下の写真は戦跡。洞窟の先は海を覗ける穴が開いててよい写真スポットです。足元には何かの機械の残骸。錆びて茶色になり、歯車なんかがむき出しになった鉄の塊が残ってます。


(イソヒヨドリのオス。綺麗♪→)


赤灯台
 原付を停めて、赤灯台までの防波堤を歩く。漁船がいっぱい停まっているような港なのに、やっぱり海の色は真っ青で、足元を覗き込めばしましまの魚が群れなして泳いでる。このエリア、ちょっと海に入るだけで、すぐそこにさんご礁のすごい風景が広がってるんだって。次回来たときは海の中にもチャレンジしてみたい。
  日差しは強くて、夏みたいに影がくっきり。季節感が狂うけど、漁船がこぞって掲げてる大漁旗はきっとお正月の証。


長崎鼻
 昨日も来たけど再度、長崎鼻。昨日より晴れてる分、海の青さが際立ってる。この高さからでも泳いでいる青や黄色の魚が見える。海の透明さと、生き物の色の鮮やかさにびっくり。

 この近くにも戦跡。私の身長よりも大きなサーチライトの残骸。格納庫から引き出すためのレールも一部、残ってる。この小さな島に、どれほどの装備をしようとしてたんだろう。



 砂利道を通って初寝浦展望台に立ち寄り、扇浦の海岸で買ってきたお弁当(本州のコンビニなら¥380レベルが¥840!)を広げ、のんびり、のんびり、ツーリングを続ける。

緑の中の車のいない道でおもしろい標識を見つけては足を停め、道の真ん中を歩いていたオカヤドカリを観察し、カーブミラーで記念撮影。

  ツーリングライダーにとって普段当たり前のものが、バイクに乗らない彼女たちと一緒だとやたら新鮮に見える。



 わしっこギャラリーでティータイム。和紙で作られたお魚がいっぱい展示されてる。どれも本物そっくりで可愛らしい♪

 引越しが決まってる新居に飾るのに買って帰りたかったけど、あまりに繊細で壊してしまいそうなので断念。


 出航前の最後の夜は食事も豪華なパーティーになる。島の思い出語ったり、ウクレレ弾いて歌ったり、踊ったり。小笠原名物・島寿司は自分たちで握った。酢飯を小さく握り、わさびの代わりにからしを塗って、づけにしたお魚を載せる。ここでも小笠原体験。

 明日には島を離れるのか。あっという間に島での5日間が終わる。そして何だか私を含め宿泊客みんなして風邪っぽい…。
12月29〜30日 31日 1月1日 2日 3〜4日 旅先日記 MAP