2006年1月1日(日)  〜海開き・カメ放流・みんなで原付レッスン〜  晴れ→曇り


  一応初日の出ツアーが出るはずの時間に起きては見たけど、やっぱり雨で中止とのことなので二度寝。でも、今日はウッディーが母島に旅立つ日なのでお見送りのため7時に二見港へ。…うーん、誰もいない…。おがまる内のホテルシップに泊まってるウッディーは隣のははじま丸に乗り移るだけなので、ぎりぎりまで寝てたらしい。のんたんとYHのヘルパー・ゆみちゃんと一緒にお見送り。楽しんでこいよー。

(オレンジの点がウッディー。ははじま丸、ちっせー→)





 普段は朝食は食べない習慣なんだけど、今朝はお屠蘇がつくとのことでYHの朝食頼んでみた。食べ終わってからみんなでのんびり海開きの会場に向かう。年明けの島太鼓のパフォーマンスのほか、フラダンスや南洋踊りが披露され、餅まいたり(2個GET)、くじ引き(1等はおがまる往復ペアチケット!だったけど、何も当たらなかった…)やったり。



 昨夜と打って変わって綺麗に晴れた。ネイビーのTシャツが熱を集めて暑い。それでも今年の小笠原は寒い方だそうで、水着で海に入るにはちと涼しい。全く泳げない私は海に入る気皆無だったもんで水着なんか持ってきてないけど、カーゴパンツまくりあげて膝まで海に浸かってみた。砂浜はサンゴだらけで素足は痛い。水がすんごい透明。
(←海に入ればもらえる初泳ぎ証明書)


 正月イベント第2弾・アオウミガメの赤ちゃん放流。一昨日見に行った海洋センターの子ガメを15匹ほど海に放流する。砂浜にぽてっと置かれたカメたちは、すたすた海に向かう子もいれば、ぼけーっと動かない子もいたり、正反対の方向に向かって行っちゃう子もいたりで、全部が泳ぎだすのにはかなり時間かかった。小さい頃は雑食のアオウミガメだけど、大きくなると完全草食になって、あまり海草のない小笠原を離れて遠くに泳いでいくのだとセンターのお兄さんに聞いた。ちゃんと大きく育つとよいなぁ。



 今日の予定してたイベントが終了し、一人でのんびり原チャで島を回るかねーと思ってたら、なっちゃんとのんたんも一緒に行くことに。でも二人は原チャ初体験。山ちゃんの指示に従い、まずは私が先導して20Km/h以下でその辺ぐる〜っと練習してみたけど、ともすればミラーから消えそうです。中免取るために教習所通ってた頃を思い出すぜー。スピード怖くてギア上げらんなくて「あんた原チャで十分なんじゃね?」って教官に言われたこともあったな〜。





 3人で遠出は怖かったけど、山ちゃんが隊長になって練習がてらちょっとその辺を案内してくれることになった。私は最後尾。まずはちょろっと長崎鼻。ガイドブックで見ててすごく行きたかった展望台。崖の上から潮の速い青い海を見下ろす。でも、到着してすぐに太陽が翳ってしまった。真っ青な空の下で真っ青な海が見たかったなぁ。





 次に笠山展望台。登り口がわかりにくいって聞いてたから、連れてきてもらえてほんとよかった。ここからだと東側の海も西側の海も見渡せる。山ちゃんもかなりお気に入りというこの場所、訪れる人もけっこういて、顔見知りばかり7〜8人くらいで景色眺めてた。風が強まってきて、高台はちとつらい。

 空は曇ってしまったけど、雲の切れ間から光がもれて、海面の数箇所だけが明るく輝いてて、ちょっと不思議な風景だった。


  それから夕陽見にいつものウェザーステーションへ。初日と違って原付なので楽チンだ。写真は帰るときに見下ろした街の夜景。夜道走って初めて、借りた原付のライト切れてることに気づきました。ガソリン節約のため帰りはエンジン切って惰性…(-ω-;)

 この日は夜も星を見にウェザー行きました。いっつも見てるオリオン座が全然目立たないくらい、たくさんの星が輝いてた。天の川も、流れ星も見えた。いつの間にか集まってきてたYHのみんなと真っ暗な展望台に寝転んで、ずーっと流れ星数えてました。



 今日の夕食は一人で外に食べに出た。どーしてもウミガメの刺身が食べたかったもんで、みんなに聞いてお勧めの丸丈に来てみた。今日は朝からカメ満喫の日♪ 頼んだのはカメ刺し(¥1,000)と太巻き寿司、アカバの味噌汁、タコの実ハイ、スターフルーツのお酒(←)。カメ刺しは柔らかくてちょっと水っぽいカンジの普通のお刺身。くせもなく食べやすかったけど、「あぁ、カメだなー」ってカンジはさっぱりなし。スターフルーツのお酒は見た目も味も可愛かった。

12月29〜30日 31日 1月1日 2日 3〜4日 旅先日記 MAP