:: 日光キャンプツーリング 2日目

天気:晴れ
走行距離:217.4Km

朝の中禅寺湖

  朝は6時半前に目が覚めてしまった。朝から日差しの強いいい天気。テント乾かしながら朝ごはんを食べ、荷造り。ちょっと洗車サボり気味なんだけど、ぜったんは相変わらず綺麗だな。けんたろくんがのんびりタバコふかしてる間に一人、湖畔で撮影会。
 ここは中禅寺湖畔の砂浜。車両進入禁止なんだけど、バイクはここ通ってキャンプ場入口に駐車できます。スタンド沈まないように慎重に駐車。

戦場ヶ原

 昨日温泉に行った道をまた通って、戦場ヶ原へ。今日は路面もすっかりドライで怖くない。昔、神様が中禅寺湖をめぐって争ったと言われる戦場ヶ原は、今は見渡す限りの広大な湿原になってる。ちょっと北海道ぽい風景。
 駐車場にはニッコウキスゲがぽつぽつと咲き、 いかにも山らしい綺麗な形の男体山が目の前に見える。視界を遮るものがなくて気持ちいい。

華厳の滝


 いろは坂を下る前に日本三名瀑の一つ・華厳の滝へ。¥530払ってエレベーターに乗り、100m下ると落差97mの姿を一望できます。滝つぼからの距離はけっこうあるはずなのに、観瀑台まで水しぶきが飛んできて、辺りはひんやり涼しい。私はここ来るの4回目だけど、初めてのけんたろくんはむちゃむちゃ感動してたので、連れてきた甲斐があった〜。

 いろは坂の下り。けんたろくんは初めて来たはずなのに、以前やった「頭文字D」のゲームのおかげでコーナーとか風景とか見たことあるーってはしゃいでました。最近のゲームってすごい出来だな。

日光東照宮

 世界遺産にもなってる東照宮、入場料はやたら高いけど、日光初めてじゃ見せてあげなくちゃ、ってことで+眠り猫の入場券¥1,300を購入。私はもっと質素ながらも趣のある落ち着いた寺社の方が好きなんだけど、現代の価値で400億円相当をかけたと言われる豪華絢爛な建物は、一度は見る価値があると思う。

↑有名な「見ざる・言わざる・聞かざる」は馬小屋に彫られた彫刻です。暑いから神馬はほとんど公開されないみたい。

陽明門

 彫刻の細かさが際立つ陽明門。外国からのお客様もいっぱいです。小学校の修学旅行できたときは修復作業中だったけど、今回は倉庫(?)が修理中とのことで陽明門は完全に見れました。こんな凝った造りだし、古いし、でかいし、毎回どこか修理してるのはしかたないことらしい。

 薬師堂の鳴き竜も見学。手を叩くと澄んだ音で共鳴して、竜の鳴き声に聞こえるというもの。天井いっぱいに描かれた竜の絵は迫力です。今は拍子木叩いて聞かせてくれます。

彫刻

 とにかく彫刻がすごいです。この立体感、色の鮮やかさ。こんな見事な彫刻がそこら中にあるのに、どーして眠り猫だけ別料金取るほどの価値があるのかはイマイチよく理解してません。なんかこの猫、近所でよく見るおばあちゃん猫に似てるんだよなぁ。

帰り道

 帰り道もあんまり混んでなかったし、夕立もうまく避けれていいカンジだったけど、R4に入ってからはひどい渋滞。普段はあんまりしないすり抜けも頑張ったけど、それでもなかなか進まず。ぜったんのファンは回りっぱなしで熱風吹き上げてくるし、走っても気温高くてちっとも涼しくならないし、家に着いたら心底ぐったり、熱中症寸前だったっぽい(-ω-;) いろは坂の上は涼しくて心地よかったんだけどなぁ。
↑上へ戻る  →前日へ戻る