2004年10月23日 224.8Km
 吟遊詩人になってから時間はいっぱいあるものの、なんだか台風ばっかで全然遊べてなく、そして遊んでくれるお友達はしっかり社会人なために土日しかあいてない。なので珍しくちゃんとプランを練ったツーリングを計画してみました。事前に宿とかルートを全部予定しておくツーリングなんて初めてかも…。一緒に行くのはけんたろくん@GSX750Sカタナ。02モデルのぜったんとカタナの年齢差、約20歳…もはやかなりなおじいちゃんバイクだなー…。

(←共通点は両方とも結構な規模の事故を経験してるキズモノってとこか…)

 秋なので紅葉と温泉を楽しみたいなということで、よさげな温泉街のよさげなペンションを検索。そこからルートを考える。で、見つけたのが草津のペンション。メインの目的は温泉と紅葉だけど、途中も時間見ながらちょこちょこ観光していこうっと。

 …ってすっごい張り切っていたわりに、自由気ままな吟遊詩人生活を続けること3週間あまり、生活リズムが夜型になりつつある私。7時半起きで9時には出発するつもりが、結局起きたの9時過ぎ、家を出れたのは10時…。あああぁぁ、もう観光なんかしてる時間ないかもー。すごいショックだあ。とりあえず予定通り、関越道→上信越道で松井田妙義ICを目指す。いつも通りの環八の渋滞が本気で痛い…。

 高速を降りたら旧中山道の碓氷峠を目指す。大学4年の時にもホーちゃんで通った道。なんだけど、相変わらず荒れた路面に加え、台風のせいなのか、いつものことなのか、そこかしこの路面を横切る水の流れが怖くて走りにくかった。フワフワした毛の猿が4〜5匹群れでいるの発見。めっさ可愛い♪



 軽井沢町に入り、R146へ右折、有料道路の鬼押ハイウェーに入る。鬼押出までたった150円で山道の渋滞から開放される上に、迫力の火山地帯の風景が楽しめるなら、全然安い。鬼押出でちょこっと観光するつもりだったんだけど、鬼押出園ってば入るのに600円もとられる〜(≡д≡) もうちょっと先にある浅間園だったら遊歩道は無料だったらしい…ちゃんと調べてから行けばよかった。



 とりあえず時間ないし、外からでも結構見れちゃうからまーいいや。休憩所にはベンチ代わりにスキー場のゴンドラがぽこぽこ置かれてる。 ただのベンチより風が防げてあったかい。そういやこの辺ってゲレンデエリアなんだなあ。日が暮れてきてだいぶ寒くなってきたので、レインパンツを履いてみる。九州人のけんたろくんはさらにホッカイロまで使ってた…。




 噂の浅間山。噴煙と雲のせいでほとんど見えない〜(-ω-;) 今日走った箇所の道路は別に灰で滑りやすいとかいうことはなかったです。フロントガラスに灰がついて見えにくくなったときにウォッシャー液で洗い流したりすると、ガラス全体が何も見えなくなっちゃうからやっちゃダメなんだって高速道路に注意が出てました。ほへー、知らなかったです。




 鬼押出から先も鬼押ハイウェー(250円)を使い、県道59号でバイクの事故現場なんか見たりしつつ、草津町入り。ここは草津の温泉街のすぐ手前、道の駅・草津。道がこちゃこちゃと細くて判りにくい温泉街の詳細マップが手に入ります。17時の気温は8℃。結構本気で寒いです。





 予約したのはペンション・らんぶる。手頃な値段のよさげなペンションを探した結果、ここを見つけただけで、別にカタナだからって何かを狙ったわけではないです、ほんとに…。オーナーさんもあのマンガの読者なわけでは全然なくて、アットホームでとってもいいカンジのペンションでした。
 ただ、入り口の坂道に入る曲がり角がものすごく鋭角で、本気でコカしちゃうかと思った。泣きそうになりながらひたすら曲がれることを信じて「行きたい方向を見る、行きたい方向をm…」と頭の中で繰り返してました。





 お風呂は内湯と露天風呂と2つあって、どちらも24時間、貸切で利用できます。夕食後に1回入って、夜遅くなってからまた身体が冷えてきたので2度風呂。この日は夜になってからぐっと冷え込んできたので、露天風呂でのーんびり長湯がとっても気持ちよかったーヽ(‘ ∇‘ )ノ



 朝は寝坊したけど、18時の夕食にはぴったり間に合った。よかったー。メニューは基本はフレンチだけど、不思議食感のお豆腐みたいな和食素材も使われてたりする。お箸も用意されてて食べやすい〜。かなり量あるし、すごい美味しいです。ああ、幸せ♪ ボリュームあるの知ってたから間食は控えてたのに、デザートのチーズケーキまで食べたら本気で苦しかった。

 すっごくお腹が空いてたので一番乗りで食堂に行って、席についた途端、大きな揺れ。最初は浅間山が噴火したのかと思ってしまった。新潟中越地震の第1波でした。食事中も、その後も一晩中何度も大小の揺れがあり、TVでは大きな被害を受けた地域の映像が流れ続け、不安な一夜となりました。関越道が通行止めとのこと。明日の帰路はどうしよう…??

■◆■   10月23日   ■◆■
■◆■   10月24日   ■◆■