2002年5月5〜6日
 今日はこのツーリングの第2のメイン・黒部渓谷でトロッコ電車だ。ここも観光客が押し寄せる有名な場所。前売り券なんか持ってないし、YHの皆と5時起きで6時半の窓口発売開始を目指すことに。しっかし天気予報は晴れって言ってたくせに、雨(泣)。どうしようか迷ったけど、皆はどんどん出発してるんで、私も行く。宇奈月温泉駅で、同じYHだったオフ車くんとVFRくんと会ったので、一緒に行くことに。やっぱこういうのは皆で遊んだ方が楽しいもんね。
 客車のグレードは3つに分かれてる。もちろん料金も違う。一番下になると、屋根しかなくて、風とか雨とか入りまくり。けど、それこそトロッコ電車でしょ。こんなとこまで来て毎日通勤で乗ってるよーなのになんか乗りたくないし。
 重たいメットも革ジャンも、ビショビショのブーツもコインロッカーに押し込んで、始発のトロッコ電車でGO♪
 トロッコ電車は速度はそんなに速くないけど、風を感じるし、すごい小さくて、客車のすぐ脇がトンネルの壁だったり、深い谷だったりするから慣れるまではけっこう迫力。細い線路を通って、谷川に沿ってどんどん山奥へ進んでいく。遊園地のアトラクションみたいな、RPGを体験してるみたいなワクワク感。すげー楽しい。
 この路線が作られた目的ってのは、もちろん観光なんかのためじゃなく、黒部川にいくつもあるダムや発電所で働く人たちのためなんだって。こんな険しい山の中に作られた、細く小さなトロッコ電車。昔は一般人が乗るときは「命の保証はいたしません」って書類に署名しなきゃならなかったらしい。

 ←これも発電所。RPGの雰囲気だよなー。
 最初の停車駅・黒薙(くろなぎ)で下車。駅はいっぱいあるけど、ほとんどが作業する人のための駅。観光客が降りれる駅は黒薙・鐘釣(かねつり)・欅平(けやきだいら)のみ。ここで降りる観光客はあんまりいないけど、ここには黒薙温泉がある。停車駅にはそれぞれ温泉とか見所とかあるから、うちらは結局全部行く方針。この辺りで雲が流れ、晴れてきた。いいカンジ♪
 黒薙温泉への道は冬の間、荒れ放題で、まだ整備が終わってないから、線路沿いを行ってくれって…さっきまで乗ってきたトロッコ電車は分岐を右に行き、橋を渡って行ったけど、左の方には暗いトンネルが口を開けてる。入口には「立入禁止」とありますが、行っていいの? むしろ望むところっす。ひっきりなしに水がしたたり、鍾乳石みたいなものができかけてるダンジョンみたいなトンネルをずっと歩いていくと、また分岐。右の道には「ようこそ 黒薙温泉」の看板。
 滑り落ちそうな坂を下ったら、ようやく出口。黒薙温泉のすぐ近くに出たぞ。ここはちゃんと男女別の広い露天風呂があるんだけど、私とVFRくんは入らなかった。だって40分後の電車に乗るってことで整理券もらっちゃってたし。GWはすごい混雑するから、確実に乗れるように整理券を配ってて、これを持ってないとその便には乗れないのです。駅で「何時の便に乗りたい」って言って、空席があることを確認した上で整理券をもらうというシステム。けど、オフ車くんはすっごい温泉マニアらしく、「黒部渓谷の全部の温泉を制覇するのだ」って言って、わずか10分しか時間がないっつーのに入ってきてた。うーん、根性…。
 再びトロッコ電車に乗り込んで、次の鐘釣の駅を目指す。これは水を運ぶための水路。他にも、源泉から温泉をひいているパイプとか、いろんなものが見える。
 鐘釣の見所、黒部の万年雪。これは冬に積もった雪が、夏でも解けないってもの。もう一つの名物は鐘釣露天風呂。石の川原に温泉がわいてるってヤツ。でも、傍から見えまくりだし、男女混浴だし、私は入れーん! オフ車くんはもちろんここも堪能してました。
 終点、欅平。ここまでスムーズに来れたので、ここではゆっくりしようと1時間半後の電車を予約しといたら、まだ雪が解けていないために温泉を引くことができず、温泉はやってないとのこと。ここまでガマンしてきたのにー! めっちゃショック。散策路も雪のせいで整備がまだだから通行止めだし、うちらはただただ橋の欄干にもたれてボーっと景色を見続けるしかありませんでした。
 そしたらなんか観光協会の人につかまって、地名の由来や木の見分け方について、延々と語られました。結構興味深いお話だったけど、陽射の気持ちよさに思わず意識が飛びました。ごめんなさい。
 この後はきびもちを買って食べながら始発駅・宇奈月温泉まで戻り、二人と別れて、私は今日の宿・六日町温泉国際YHへ向かう。今日、トロッコ電車で遊んでるときはずっとすごいいい天気だったけど、それは山の上だけだったらしい。ふもとまで降りたら朝と変わらないどんよりとした天気。そして走るうちに雨が降り出す。雨、渋滞、誰もいない、寂しい霧の山道、いつまでも辿り着かないかのような距離。イヤになる要素満載だったけど、夕食の時間ギリギリに何とか到着。お風呂は温泉でいいカンジ。ずーっとずーっと必死で遊び回って疲れ果てました。夜8時半頃、就寝。
 5月6日。今日はYHの近くの魚沼スカイラインを走って帰るのみ。今日になって、天気はものすごくいい。結局このGWで一日天気がよかったのは行きと帰りのみか。ちくしょう。魚沼スカイラインは車もほとんどいなくて気持ちいい。また今度、スノボに来たいなー。
 それにしても、今回は小旅行のつもりだったけど、思ったよりおもしろいツーリングだった。今冬は4年ぶりに雪で困ったって経験をしなかったので、何となく雪が恋しくなって寒そうな山の上を目指してみたけど、思いがけず、バイクでは行けない秘境に行くことが出来た。今後、どんどんこういうところが増えていくだろうし、行けるとこはできるだけ行っとこうっと。
5月3日
5月4日
5月5〜6日