エントリー

 日曜は通ってる写真教室の2年目・ミディアムクラス最後の授業。マラソン大会終わってから向かって、みんなでお茶してから授業。この日の内容はプロラボに依頼するってこと。

 クラス展に出す作品をプリント・額装するときに、一度だけプロラボにお願いしたことがある。「この写真はグラデーションが多いから、この用紙が合ってると思う」ってアドバイスしていただいて、展示を見に来てくれた方に、「この写真、前に見たときよりも全然いいね」って言われた。前に見せたときはA4の光沢紙に自宅プリントしたヤツだった。やっぱりプリントでそんなに変わるんだーって思った。いつもいつもはできないから、ここぞってときはきちんとこだわらなくてはね。

 そして作品の講評。ミディアムクラス最後の課題は、2・3月の2回の授業で一つの作品を仕上げるってことだったので、前回出した夜の浅草の組写真を、いただいたアドバイスを元に少し手直しして提出。タイトルは「真夜中遊戯場」とした。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
アクセスランキング参加中! どちらかクリックしていただけると更新の励みに繋がります~♪

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://yuma.quu.cc/index.php/trackback/652

コメント

ティーティ=ウー

2014/03/0418:57 URL

プリントってそんなに差が出るものなんですね。
最近はプリンターでも割とキレイだと思いますけどやっぱり違うんですね。

ゆま

2014/03/0510:37

>ティーティ=ウーさん
用紙の選択一つで仕上がりは全然変わりますねー。自宅プリントでも十分「写真」は印刷できるんですが、作品を展示する、とかなったらいろいろ考えないといけないかなーと思います。

プロに外注するとかなりお高いですけどね…。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

calendar

052019/0607
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

user

archive

Twitter

JogNote

にほんブログ村