エントリー

 初のトレランレース。里山トレイルの部25Kmに参加しました。トレイル自体が人生でまだ3回目…。

 前日の朝練で貧血気味が発覚&膝痛発症。気のせいかと思ったらどんどん痛くなって、当日は歩くのもちと難儀な状態。こんなんでスタートしたら、途中で走れなくなって一緒に行ったみんなに迷惑かけるんじゃないかと、すごい心配だったけど、出走回避するのもイヤで、とりあえずY子ちゃんにエアサロンパスやら湿布をもらって貼り付けて、スタートラインに立つことに。

 山に入るまではしばらくロード。ペース押さえてジョグ的に走る。あとは山、階段などなど。登りは基本的に歩いてたな。体力的に無理だし。肺とふくらはぎが悲鳴を上げるので、自分に出来る範囲で走る。

 膝は痛いけどそれ以上悪化してくる気配もなかったので、最初から膝ってそういうもんだと思って淡々と走ってた。歩いているときにハイドレの水を1~2口ずつ摂取。スタート前にお腹いっぱい食べたつもりが、10Km行かずにお腹空いてきたのでジェル摂取。

 8Kmくらいのところで立ち止まってる人。足でもつったのかと思ったら「すぐそこに蜂の巣があるから行かない方がいい」って。でも、立ち尽くしていてもレースが進まないので、あまり気にせず進んだらそっこーで刺された。蜂が来て止まったと思った瞬間に右膝裏に激痛。

 「いでー! 刺されたー!!」とか騒いでたら、近くにいた人がエアサロンパス出して噴きかけてくれた。巣はコースのすぐ脇だったので、「こんなのはオフィシャルが事前に取り除いてくれてなきゃ困る!!」ってみんなが怒ってた。私は刺された自分の不運さを嘆きこそすれ、蜂や運営に怒りを感じることはなかったけど。

 すぐに追い払ったせいか、前に刺されたときみたいな痛みはなく、とりあえず走るのに支障はないと思ったのだけど、5~10分ほどしたら刺された辺りがチクチクチクチク痛み出して。せっかく左膝の痛みを忘れ始めてたのに、それを上回る右膝裏の痛み。ほんとツイてない。

 10Kmくらいのところでエイド。ここでコーラとおにぎり、ポカリスエットを摂取。救護っぽい方がいたので、「蜂に刺されたんですけどー」って言ったらポイズンリムーバーやって軟膏塗ってくれました。痛みは消えないけどね。

 その後は今度は右内転筋がひきつり始め、「あーこれ、つる前兆だよな」って思って、立ち止まって伸ばしたりさすったりするけど消えず。座り込んで足もんでたら、「蜂に刺されたせいか!?」ってみんなが心配してくれた。みんな優しい。レース中に足がつりかけたのは初めてだあ。これもつる前に消えてくれたのでよかった。

 1時間半くらいしてようやく10Kmの標識。思わず「まだ10Kmかよおぉぉ!」って声が出る。前を歩いていたおじさんが振り向いて笑いながら「トレイルは初めて?」って話しかけてくれた。しょっちゅうデカい声で愚痴ってたから、こういうの多かったな。

 あと覚えてるのはものすごいV字谷。歩いて下りるのも苦労するほどの傾斜。「どこまで続くのー!? もういやだー落ちるーギャボー!!」ってすごい悲鳴あげながら下りてた。多分周りの人は苦笑してた。終わったら今度は同じくらいの角度で登り。「どうせ登るなら何で下るんだよ! もーー何なのー!!」って今度は怒ってるし。もしここで足つってたら立ち止まって休む場所もないようなとこ。激しかったな…。

 残り5Kmくらいのところで鏑木さんが立ってて「ここから先は気持ちのいいトレイルですよ~」っておっしゃってくれた通り、道は細いけど走れるコース。足は全然死んでなかったので、ここから気持ちよく走り続けた。何人か抜いた。

 さらにロードに出て、ここは私のフィールドだって思って、そろそろ足が限界に疲労感じてきてたけど、何も考えずに黙々と走り続け、さらに何人かを抜き。蜂に刺された時にエアサロンパス噴いてくれた人も「サーセン行きます!」って心の中で謝りながら抜き去って。

 ゴール直前まで3人のカタマリを抜き去ろうとずっと虎視眈々と狙ってたのだけど、足死んでると思ったら意外とラストスパートかけられちゃって、それに引き離されずについていくのが精一杯で3人組は抜けず、それでも元気いっぱいにゴールできた。3時間6分13秒。総合順位139位/371人。女子16位/73人。

 エアサロンパスの人にも「直前で抜かれちゃったなあ!」ってオハナシできた。他にも蜂に刺されたところを見てた人が「おっ、大丈夫だった?」って声かけてくれたり。わりとずっと抜きつ抜かれつしたりしてたので、顔見知りぽくなった。

 貧血、膝痛、蜂の襲撃、足のつり、何度か転び、下りで切り株につまずいて宙を舞いかけた。でもまあ、足を止めるほどの致命傷を負うことなく、何とか走り切れた。山の風景、里山の農村風景、たまに立ってる応援の人たち、のどかですごい楽しかった。トレイルいいな。ハマるこれ。

 前回トレラン行ったときは、翌日の筋肉痛がすさまじかったのだけど、今回はそこまでじゃない。身体が慣れてきたのか? なぜか背中や首も筋肉痛。レース後から異様に水分ばかり摂取して、食欲がわかず、消化器系があまりいい状態じゃないのが続いてる。気持ち悪いとかはないのだけど、食べ物を目にしてもあんまり口にしたくないんだよな。自分的には珍しい。

 フルマラソンをちょこっとかじってるだけの相方さんに、上記の顛末を話したら、天を仰いで「うわあ! 俺はまだ全然興味沸かない(≡д≡)」って言われた。「よくやるなあ、真性のマゾ?」とか。何て失礼な! わりかし楽しいのに!! ていうか膝痛抱えて蜂に刺されてこんな華奢な女の子が走り切ったんだぞ、敬え!

 次はガチでタイム狙うハーフマラソンだから、完全な状態で臨みたいな♪( ´▽`)

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
アクセスランキング参加中! どちらかクリックしていただけると更新の励みに繋がります~♪

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://yuma.quu.cc/index.php/trackback/501

コメント

カケル

2013/10/0111:45 URL

はじめまして
ブログ村の新着記事で見かけたのでコメントさせていただきます。
蜂に刺されながらも完走おめでとうございます。
どちらかと言うと「おめでとう」よりも「お疲れ様でした」ですかね。
天気は最高に良かったですね~
私もロードメインでトレイルは初めてだったのですが、
気分転換にトレイルはいいですね。
秋のレースはこれから本番。
お互いによい結果が残るように頑張りましょう。

ゆま

2013/10/0209:48

>カケルさん
初めまして! コメントありがとうございます。
とりあえず完走と、真ん中より上に行ければいいなと思っていたのですが、
予想よりよいカンジに走れて嬉しかったです!

トレイルのレースは初めてですが、
ロードだとひたすら「あと何Km?」「キロ○分を保って…」
「何Km地点でジェル摂取して…」とか、そういうことしか頭にないですが、
トレイルは風景を楽しんだり、この急斜面をどうクリアしよう?って考えたり、
変化に富んでいてとても刺激的ですね。
ただきついだけではなくて、すごく面白かったです!

これから来春まではロードオンリーになってしまいますが、
また是非レースにも出てみたいなと思いました。

お互い怪我に気をつけて練習にレースに頑張りましょう!

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

calendar

092019/1011
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

user

archive

Twitter

JogNote

にほんブログ村