エントリー

 昨日、今日と会社でプロテインぐびぐび飲んでます。真っ赤なSAVASのシェイカーでw ここはどこのスポーツジムだww 今は足首の痛みより筋肉痛の方が激しくて、きっと体内では損傷した筋肉の修復活動が今まさに全力で行われていると思うので、補修素材を送り込んであげようと思って。左足首は見よう見まねのテーピング。膝丈パンツだから丸見えだけど、いいの気にしない。

 今日はいつものTNRCだったけど、歩くのもままならない状態なので、もちろんお休みして、打ち上げから参加しましたー。富士五湖で制限時間に間に合わなかったM澤センセにメダル見せびらかし~。野辺山トークに花が咲きましたヽ(‘ ∇‘ )ノ

 私も来年は富士五湖の100Kmにエントリーしたいな。今こんなに痛みに苦しんでるけれども、つい一昨日、泣きながら山道歩いていたけれども、まだ走りたいと思える。いいことだー。

 とりあえず今日もウルトラ参戦記をちまちまと。

 スタート時はまきちゃんと一緒でしたー。私はとにかく完走できるかどうかって気持ちで臨んでるので、のんびりトコトコ。フルみたいにスピード出さないので、オハナシしながら、まるで普段のジョグみたいに走る。この先がどんな過酷なことになるかわからないから、せめて気持ちだけは折れないように、楽しい気分で走れたのは助かった。

 距離表示は5Kmごと。10Km過ぎたくらいでなんかトイレに行きたくなってきたので、ちょうどJR最高所通過地点とかいうとこに公衆トイレがあったので、少し遅れを取り始めていたこともあって無言でまきちゃんから離脱。仮設トイレより綺麗だし、男女別のトイレなら女子の方が参加者少なくて混みにくいので良い選択だったかと。ここで一緒に野辺山入りしたY本さんに声をかけられる。

 自分が坂に弱いこと、最後まで足がもつ可能性は低いことは重々承知しているので、登りはほとんど歩きました。こんな始まってすぐから歩いている人はかなり少なかったのだけど、周りのことは気にしない。自分的には「積極的な消極的選択(?)」だと思ってた。上り坂を走る労力と得られるスピードを考えたら、早歩きで登った方が明らかに少ない労力でそこそこの速さを得られるもの。歩きで走ってる人抜くこともあったかんね。あと、重心を前にして腹筋を使って足を引き上げるようにして、足の疲労を極力減らすように意識してた。完走するためにはたとえカッコ悪かろうと、違法じゃない限りどんな手段でも取るつもり。

 道は砂利道に入る。慎重に走らないと大きな石で足をくじくかもしれないし、足をつく場所、力を入れる方向を考えないと、蹴り出した足がスリップする。バイクなら転倒の危険があるスリップ、今は出したエネルギーに対して推進力が減ることが気になる。私の乏しいエネルギーは全て前に進むことに使わなくてはいけないので、極力無駄な出力を減らすように。

 コース最高所到達。わあ富士山だあ★とか思ってたら、後ろから来たうっぴさんと会った。ちょうどいいので写真撮ってもらったり。まだまだ登りは続くので、私は歩いてて、登りでも走るうっぴさんが先に行く。下りになると私も走るので追い抜く。しばらくそんなことの繰り返し。どちらの方法が効率よいとかじゃなくて、各人の選択したそれぞれの戦術。

 エイドでは必ずドリンクや食べ物を摂る。50Km走のときにいちばんきつかったのがハンガーノックだったので。頭がもうろうとしてだるくて一人離脱して電車で帰ろうって真剣に考えてた。あんな馬鹿なことにはなりたくない。エイドで多少立ち止まっても、大勢に影響は及ばないので、タイムロスを気にする必要はない。

 上り坂が終わるといよいよ下りが延々続く。今までサボっていた分、今度はサボらず走らないと。でも、今度はスリップが転倒や足をくじくことに繋がりそうで、思い切りスピードを出すわけにも行かず。私は足裏・足首が弱いので、あまり負荷をかけるのも怖かったので、スピードは殺しながら走ってました。おかげでレース後はずっと負荷をかけ続けた太ももの前が筋肉痛で激痛です。立ったり座ったりが苦痛。

 ロードに出てからも一人で粛々と走っていたら、前方に再度まきちゃん発見。そこからまた登りが始まり、2人でしばらく一緒に歩いてた。まきちゃんも私と同じで登りは歩く派だし、この頃には周りの人たちもみんな上りは歩くようになってて、いいオトナがカラフルなウェアで黙々と連なって山道を歩く光景はわりと異様w 歩いているときは写メも撮れるし、ジェル摂取するのも楽チンだし、お話できるし、こんな遠足もありかもしれないw

 40Kmあたりの稲子湯のエイドはかなり賑わっていたなあ。まきちゃんと座り込んでバナナやパン食べてたら、知らないおじいちゃんに話しかけられた。100Kmクラスをもう9回も完走してる。10回完走したらデカフォレストという称号がもらえるので、今回リーチ。ほんと尊敬! 私は42Kmのエイドに荷物を預けているから、次のエイドでゆっくりするつもりだったので、まきちゃんと分かれて一人で走り出す。いや、正確には歩き出すw

 42Km地点はゴールとエイドが一緒になってる。さっきから微妙にまたトイレに行きたいような気もしていたし、ここで少しゆっくりしてトイレ行ったり、VAAM補給したり、好きなお菓子食べたり、日焼け止め塗り直したり、そうだ使わなくなったレインコートも置いていこう!って、やりたいことをいっぱい頭に思い描いていたのに、何だか案内がわかりづらすぎ。

 まずトイレ見つけたから入ろうとしたら「そっちじゃない、向こうに行けば案内がある」。向こうに行こうとしたら「ゴールはそっち! 荷物預けは直進!」え? えぇ!? どうすりゃいいの? 直進ってことはもっと走っていけばなんかあるの? ってことで、来た道をそのまま走り続けようとしたらU松さん発見。今回U松さんは42Kmクラスだったから、ここで道行く人を見送ってるみたい。でも私は「荷物! 荷物どこ!?」ってパニックになってて、きちんと挨拶もできずに行ってしまった。

 結局ほんとは最初に私が行こうとした方向が正しかったみたいで、直進したら何もないまま施設を通り過ぎちゃった。今さら後戻りする気にもなれず、そのまま進むことに…突然心の拠り所を奪われたことで怒りがふつふつと…何だよあの案内はー(`Д´)! これで私がリタイヤでもするようなことになったら、絶対末代まで祟ってやる(怒)

 この後すぐに公衆トイレを見つけて入れたのが唯一の幸い。仮設トイレよりはずっとマシ。置いていけなかったレインコートはとても邪魔で、一度落として後ろの人が拾ってくれたりして。でも、最後にもう一度使う機会があったから、置いていかなくてよかったのかも。

 50Km付近のエイドでは噂の蕎麦の補給が! かなりお腹が空いてきていたので、並んででも食べます。ちゃんと手打ちなの。路肩の縁石に座り込んで食べる。美味しい~。ここでもY本さんと遭遇~。

 ここから先は私にとって未知の距離だけど、前半の温存作戦が効を奏したようで、思ったほどの疲れやダメージもなく走れてる。Y本さんとは抜きつ抜かれつ、会えば声を掛け合いながら走ってた。

 とりあえず今日はこの辺までー。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
アクセスランキング参加中! どちらかクリックしていただけると更新の励みに繋がります~♪

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://yuma.quu.cc/index.php/trackback/370

コメント

mono

2013/05/2221:34

ペース配分の難しさがリアルに伝わってきますねぇ
ここからゴールまでがキツイんでしょうね(^^;
お疲れさまです(^-^ゞ

ゆま

2013/05/2301:30

>monoさん
いやあ、フルやハーフくらいだとペース考えますが、
今回は全く考えてなかったですね。
とにかく足を温存することしか考えてなかったです。

63Kmくらいから辛くなります。残り8Km。
そこまではわりと楽しく走れてたから、思ってたよりは持ちました。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

calendar

092019/1011
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

user

archive

Twitter

JogNote

にほんブログ村