エントリー

 今日は写真教室の生徒限定の無料講義「レンズを知れば作品が変わる! レンズ特別講座」でしたー。一眼レフ初心者の私はもちろん参加っ。タムロンの18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZDをお借りしての講義です。広角と望遠でどう写り方が違うのかを体験しながらお勉強。

 自分の60Dに装着して体験します。ゴールドのラインがなんか高級感w

 まず最初に使ってみて、いきなりズームできなくて「あらどしたのかしら?」って思ったけど、よく見たらキヤノンの純正レンズとは回す向きが逆なのね。慣れるまでしばらくズームしようとして動かないという、初心者みたいな状態に陥ってましたw

 しかし1本でここまでの焦点距離をカバーできるってほんと便利~。これがあればズームレンズ持ってく必要なくて荷物も減らせるし、とっさのときにもいろいろ対応できるよなあ。ツーリングライダー向けの商品だ…。

 18mmで撮った場合。

 270mmで撮った場合。

 隣の女の人と「ヤバいっすねこれ欲しいすわー」って、二人でケータイで価格.comとか覗いちゃったよ。キヤノンEFマウントのだったら¥55,000ちょいで出てるみたい。隣の人は「安い! 買っちゃおうかな!!」って言ってたけど、私にとってはいきなり¥55,000つーのはちときつい…貧乏人なもんで…。マジで欲しいけど~。

 終わってからはいつもの通り勉強兼ねて写真展巡り。まずは下の72ギャラリーで白井 綾氏 「長崎の教会」。明るめの色調で撮られた教会の写真素敵。特に無人島に今も残る教会が、ほんとに郷愁漂うカンジであれは是非自分でも行って見たいなあと思いました。

 ちょーど白井さんがギャラリーにいらしたのでその辺のお話を伺えました★ 佐世保から船が出てるとか、無人だけど学校跡が宿泊施設になっててガスはあるから食材持ち込めば宿泊できるとか。写真のハナシじゃなくてすんません…。

 キヤノンギャラリー銀座に歩いていく途中で尾道の写真展をやっていたのでちらっと覗く。ここは完全に素人さんの写真展でした。おじさんが「これが金賞かあ」と私にまでわざわざ言ってきたりしたけど、私的にはむかーし一度行ったことある街の風景を垣間見れて楽しかったな。

 キヤノンギャラリー銀座は川村 高弘氏「第三楽章~フリーハンドで描く風景~」。フリーハンドで描くというのは、目に映る風景をそのまま写すのではなく、わざとカメラをぶらして撮っていること。「写り過ぎることへの反発」なのだそうです。そうすることで色の印象が際立っているものもあれば、私的にはこれはピシッと写っていてほしかったなあと思うものもあったり。私はレーシック受ける前は極度の近眼で、「くっきり見えること」への渇望があったからかもしれません。ブレて写ったいくつかの風景は、昔の私の目に映る風景と似ていたもので…。

 品川へ移動してキヤノンのオープンギャラリー(品川)へ。今やっているのは『「50グレイテスト フォトグラフ」~傑作写真に秘められた物語~』。ナショナル ジオグラフィック誌に使われた写真の掲示でした。技術はもちろん、どう頑張ろうと私みたいな日本の一般人が一生出会うことのできないような風景ばかりで、ただただ唖然として眺めてました。

 iPadで各写真の撮れた状況説明や写真家の意図などが読めるようになっていたので、夢中になって延々読んでて、警備員さんに「あと5分で施設閉まりますんで~」って言われてしまった。慌てて1Fに移動して、キヤノンギャラリー S(品川)の海田 悠氏「經營者の肖像」も小走りで見学。日本の大企業の社長さんたちのポートレートでした。こちらのコメントとかも面白そうだったけど、4分しかなかったもんで読むヒマもなく…。

 そんなカンジの一日でした。こんだけみっちり写真に触れて、払ったお金はゼロというね…いや~、「蛍の光」みたいな清貧学生ですね。明日は写真教室のみんなと写真展巡りだから楽しみー。授業で課題写真提出するのがガクブルだけど…ちーーーともまともな写真が撮れなかった…。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
アクセスランキング参加中! どちらかクリックしていただけると更新の励みに繋がります~♪

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://yuma.quu.cc/index.php/trackback/36

コメント

スマッティー

2012/07/0103:43

ようーこそレンズ地獄へ(笑)

しばらくツーリングで望遠レンズ持って行ってたけど景色撮るのには全く使わないなーって気づいて今は標準ズームのみですね。一時期タムロンの28-300mmが羨ましかったなぁ( -_-)
最近ではシグマの 10-20mm F3.5が欲しいな~と思ってたら、新しく8-16mmF4.5-5.6なんてのも登場してて悩みどころ。
実売価格5~6万円なら安いもんだし。

…前のコンタックスに比べりゃねww

mimur

2012/07/0114:45

個人的にTOKINAの80mmから400mmのズームを好んでいます。

このサイズに成ると400mm側では手持ちの撮影が男でも厳しい。

レンズに三脚を装着して使用します。

ヨ○バシカメラで37000円位で買った物です。(8年位前です)

安いのに集光率が高くユーザーを選ばないのが売り♪

超望遠レンズは有ると便利です。

あと50mm付近でF1.4位の明るいレンズが有ると良いですな♪

ASA12000とか電子制御で増幅していますが、明るいレンズは武器に成る事が低価格で実感できます。

デジタル補正よりも光学補正の方が鮮明で綺麗の写真が作り易いと感じています。

人によっては意見が違うと思いますので一つの考え方と捉えて自分のベスト探して下さいね♪

sho

2012/07/0119:08

私も使っています、タムロンの18-270mm。

ツーリングでは何本もレンズは持っていけないですからね。
これ一本で解決です。

望遠側、解放F値が6.3と暗いのと、解像度が甘いとこを除けば
かなりお勧めです。

手ぶれ補正が一生懸命働いている感がたまらないです。

でも、もう少し待てば18-300mmなんてものも出てきそうですね。
個人的には望遠ではなくて広角側に広くなってほしいです。
(15-250mmとか)

ゆま

2012/07/0123:42

>スマッティーさん
やっぱ望遠レンズは使い勝手悪いですよねえ。
私の場合、乗馬の試合とか、どうしても寄りたい被写体があるから、
全く使わないわけでもないんですけど、そういうときはつけたらつけっぱなしだし。
ツーリングで風景撮ろうと思ったら、望遠持っていってもあーんまり使うシーンはないんですよね。
海外ツーに持っていくかどうかって考えたら、相当悩みます…正直、ジャマにしかならなそう…(-ω-;)

>mimurさん
80mmから400mm!!
私、55-250で使い勝手悪いなあって考えてるんですが、
使うシーン、さらに限られてきませんかー?
一緒にムツゴロウ撮ったようなときには望遠持っててよかったなあって思いますけどねえ。
ASAってISOと同じイミでしょうか?
明るいレンズいいですよね。
今買おうかなって思ってるレンズは50mmの1.8fの単焦点です。
キヤノンのそれは¥8,400くらいで手に入るので、とりあえず買うにも躊躇せずに済むかなあ、と。

>shoさん
やっぱりこのカバー範囲は絶対有力です米え。
一眼レフライダーにとって、1本でコトが済むのはほんとに助かる…。
それに「とっさのときに対応できる」のは絶対便利だと思いますし。
あぁでもしかし、6.3かあ…それ聞くと微妙…。

広角、重要ですよね。
私の被写体はダムとか廃墟とか、大規模建造物多いし、
狭い場所で広く収めたいなって思うときもしょっちゅうだし、
次に買うレンズは明るい単焦点か広角レンズかで真剣に悩んでます…。

mimur

2012/07/3110:03

お久しぶりです。

ASA=ISO←かなり古い言い方でした。
失礼。

レンズの持ち味を活かすは、被写体に合わせたレンズチョイス、不可能ならばレンズに合わせて画角を確保するのです。

写真は足で稼ぐ物♪

PENを手に入れてからは17mm F2.8をよく使います。

またトイホト用のおもちゃみたいなレンズ25mm F1.2を手に入れました。

単焦点での撮影は人が移動して良いアングルにしますよね?

狙いを定めて歩き回りましょう♪

ゆま

2012/07/3123:52

>mimurさん
とりあえずいろんなレンズを試すより、
まずは今手持ちのレンズをきっちり使っていくのが先かなーと思ってます。
今は借り物の30mm単焦点がめいんレンズになってるんで、
近づいたり遠ざかったり、全部自分が動いてますね。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

calendar

092019/1011
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

user

archive

Twitter

JogNote

にほんブログ村