エントリー

 また次の山行のことで頭がいっぱい。今欲しいものは山の道具ばっかり。まずはバーナーともっと良いスリーピングマットと55リットルのリュックが欲しい。

 こないだ屋久島行った時は36リットルのリュックひとつでテントやシュラフやいろいろ詰め込んで、全7日間の行程をこなしてきた。服は途中でコインランドリーで洗濯して、着てる分と合わせて全3セットで済ませたし、登山5日間、平地キャンプ4泊、山中キャンプ1泊、ドミトリー1泊してる。

 でも容量に余裕ないから1泊の登山で食料ギリギリ(というかちょっと足りてないw)しか持ち込めなかったし、防寒着に至っては一切持ってなかった。バーナー類は今回飛行機で行ったのでそもそも持ち込めなかったけど、もし持っていてもやっぱり入れる余裕がなかった。55リットルあったらバーナーとか食料とかもっと持ってもっと長いこと山歩けると思う。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
アクセスランキング参加中! どちらかクリックしていただけると更新の励みに繋がります~♪

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://yuma.quu.cc/index.php/trackback/3185

コメント

S.O

2021/05/1822:26

ずーっと昔、1ヶ月半自転車で愛知から北海道を旅したことがあります。持ち物は寝袋、着替え、アルミの鍋、ガスバーナー、郵便貯金の通帳と最小限の必需品。
この時思ったのは、(1)道具はとても大切 、(2)困っていたら誰かが必ず助けてくれる。(3)「とりあえずやってみる」は多分正しい。

50過ぎた今でも間違っていない気がします。間違いに気が付かないだけかもしれないけど....。

ゆま

2021/05/1823:47

>S.Oさん
すごい旅ですね!
私は最長でも3週間ちょい、4週間弱くらいしか旅したことないです。
しかもバイクだったので、わりと楽チンだったかもですね〜。

人里を旅するんだったら、足りないものは必要な時に買えばいいし、そこまで真剣に道具とか吟味する必要もないかもしれないですね〜。

私の場合、初の山中キャンプを屋久島にした理由は、最悪どうしようもなければ頑張れば下山できる距離感と、気候が吹雪とかの本気で命がけのシビアな状況になることはないと思ったためでもあります。
まずは逃げ道のある場所でチャレンジしてみて、大丈夫なら少しずつもっと難易度高いところに向かおうと思ってました!

誰かが助けてくれるの部分は、完全にそれありきで予定は組まないですね。
でも実際、ありがたいことに助けていただいたことは何度もあります。
本当に感謝してますね〜。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

calendar

082021/0910
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

user

archive

Twitter

JogNote

にほんブログ村