エントリー

 カメ死んじゃったみたいです。昨夜水から出したときはまだ生きてたから、去年の子みたいに復活してくれると思ってた。

 今回死んじゃったのは小虎。子ガメたちの中で唯一名前つけてた子。私が子ガメたちに名前を付けない理由は、いつ人に譲ってもいいように愛着を持たないためだったのだけど、この子は何というか、言葉に迷いますが端的に言えば奇形だったので。

 うちでいちばん最初に生まれた5匹の子ガメの1匹だったけど、他の3匹(1匹は幼くして死亡)と違って大きくならなかった。成長にはひどく差がついて、その後生まれた1歳下、2歳下の子ガメにも成長追い抜かれた。

 大きくならないというのはペットとしては持てはやされる特徴かもしれないけど、言うなれば正常ではないということ。何か良くない体質を抱えているかもしれない。だったら人に譲ったりはせずに最後まで自分で責任を持って飼おうと思って名前を付けました。その子が死んでしまったので、まあ責任は果たしたという気持ちと、やっぱり早く逝く子だったのかという気持ちと、半々。ほんとだったら30年くらい生きるはずなのに。もちろん寂しい。

 爬虫類ショップの店長さんにも相談したけど、稀にそういう子がいるそうで。突然食欲が開花して途中からぐんぐん成長する子もいたりすると慰められましたが、でもまあ、今は他の子と比較してそんなに違和感のない大きさにまで育って、覇気はないけど淡々と生活していたのにな。やっぱりどこか悪い部分を抱えていたのかな。可哀想なことをした。

 死後硬直してないから死んでないと思ったのは、前に飼ってたハムスターが私の手の上で息を引き取ったときは、わりとすぐに硬直が始まって、この身体にはもう生命は留まっていないんだということを実感したので。

 確かヒョウモントカゲモドキのアルちゃんが死んだときも、つい1時間ほど前までは生きていたはずの手足は突っ張ったままで、くったりとはしていなかったかと。手足や首がくったりしているということは、まだ気を失っているだけなんじゃないかと思った次第です。でも一晩様子見てもくったりしたまま、まぶた一つ動いていなかった。カメの死後硬直は相当時間がかかるのかもしれない。

 寂しいけれど立ち止まってるわけにもいかないので。小虎の分も私が頑張って生きていこう。私もそのうち死んじゃうから、そしたらいつかまた会えるかなーと。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
アクセスランキング参加中! どちらかクリックしていただけると更新の励みに繋がります~♪

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://yuma.quu.cc/index.php/trackback/3052

コメント

マイケルパパ

2021/01/1000:25 Mail

カメさん残念でしたね。ペットが死んだときは本当に悲しいですよね。特にその子が心に残る子だった場合ことさらだと思います。
我が家では以前飼っていた犬が癌で早死にしてしまいました。そのときは「もうこんな思いするのはいやだから、二度と犬は飼わない」と思ったのですが、今ではちゃっかりとまた犬二匹を飼っています。時というのは悲しみを癒してくれるものですね。

ゆま

2021/01/1020:21

>マイケルパパさん
はい、ありがとうございます。
うちはまだカメなので、マイケルパパさんとこのワンちゃんみたいにいっぱい触れ合うような子だと、いなくなった時の喪失感はなおさらかと思います。
犬飼いたいなーって思うけど、一人暮らしだし外出することも多いしガサツだし、絶対面倒見きれないと思って手を出せません。
見てる分にはほんとに可愛いんですけどね〜。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

calendar

122021/0102
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

user

archive

Twitter

JogNote

にほんブログ村