エントリー

 2013年2回目の写真教室。ていうか、ビギナークラスも今日含め残り2回だけ。終わりが近いなあ。でもこの日はちょうど御苗場(日本最大級の参加型写真イベント)最終日と重なってて、出展してる人は授業出られないし、仕事とか忙しくて来れない人も多くて、前回に引き続き参加者少ない…。

 今日の授業はデジタルとフィルムの仕組みの違い。フィルムカメラはむかーしむかし、持っていたこともなきにしもあらず。全然何のこだわりもない簡易なカメラだったけど。途中でAPSとかいう規格が出てきて、新し物好きのママンに新たにカメラ買い与えられた記憶があるけど、あれは何だったんだろうそういえば。縦横比が違うなあくらいのカンジしかわからなかった…。

 で、課題写真の講評。今回のテーマは「夢」と「ストロボを使った写真」

 「夢」って難しいよね。自分の夢って何だろう? やりたいこといっぱいあるわりに「夢」っていう夢はないな。しいて言えば世界を旅するツーリングライダーになりたいかな。でも写真でどう表現すりゃいいの…。

 「夢を見ている」ってことでうとうと眠っている赤ちゃんや動物の写真でも撮ろうかとか、いろいろ考えはしたのだけど。夢→宝くじとか、競馬とか? 競馬なら、会社の目の前にウインズがあるから、毎日夢見がちなおじさんたちが溢れているけど、どうもあのくすんだ色味のおじさんたちを作品に仕上げる方法が思いつかないんだよな、とか…。

 結局、今回も相変わらず全く時間なくて、全然撮れなくて。授業前日もスノーボードなんか行っちゃうから撮りに行くヒマなくて。でも、もしかしたら何か撮れるかもという淡い期待を胸に、一応ゲレンデに一眼レフ持って行って、そこで撮れた写真2枚を「夢」にこじつけて提出。ストロボはどうにも無理だったので、過去に撮った写真から1枚選出。

(1)夢[1]


 朝イチで乗ったリフトから撮った1枚。昇っていくリフトと、顔を出しかける朝日とを撮ってみた。ここ会津南郷はあまり経営状態もよくないみたいで、ずっと閉鎖をささやかれてる。そもそもスノーボード自体、競技人口も減る一方であまり明るい未来が見えない。

 でも私はスノーボードも南郷も大好きで、ずっとここでボードをしていたいので。どうにかまたこの「秘境・南郷」が賑わってまた盛り返してくれないかなあという「夢」を、昇るリフトと朝日にかけてみました。

 先生には、「太陽が山に隠れずにしっかり出て、完全に逆光にしてしまった方が神秘的な感じが出たと思うけど、そういう意図で撮っているなら太陽の位置はこれくらいでよかったと思う。もう少し上に持ってきて、光の筋が入ったくらいでもよかったかな。雪は撮るのが難しいけど、この色味は寒々しさと雪面の表情が見えてちょうどいい」と言われました。

(2)夢[2]


 これはもうそのものズバリ。「夢の架け橋」ですね。せっかくわざわざ一眼レフ持ってきたのに、空はどんより、雨はやまないし、光がなきゃ写真なんか撮れないよ(`Д´)!って思ったけど、まさかの七色の光でした。

 先生には、「これはこの場面に出くわしてシャッターを切れたことに価値がある」と言われました。まあつまりは技術ウンヌンは大したことないってことだと思うけど、でも、「いい場面に出くわしてシャッターを切れる」っていうのは何より大事なことだと思うのです。

 どんだけ腕がよくたって、カメラがなくては写真は撮れないのだから、私は常にカメラを持ち歩きたい。今回はカメラ1台だけを持ち歩くときに使っている斜めがけカメラケースに入れて持ってきたのだけど、ボードで使うには動きの妨げになってとても邪魔(※風圧で後ろに飛んじゃうのだもの~汗)だったので、きちんと背負える小さなバッグを買おうかなって思いました。ジョグやトレイル、スノーボード、外乗、ツーリング、いろんなときにカメラを手元に持っていたら、撮れる写真はきっと増えるはず。

 あ、あと、曇り空の中で虹の色を際立たせるべく色味調整をしたら、肝心の雪の部分がだいぶ白くなってしまって、先生には「ここは[1]の写真くらいの色味にした方がよかった」と言われました。雪景色撮るの難しい。

 それと、自分的には全然気づかなかったけど、先生に「ゲレンデなのに誰一人写ってなくてとても不思議な写真」と言われました。まあこれは、元々それほど混まないゲレンデであることに加え、虹が出ているってことからおわかりと思いますが、雨が降っているためにみんなセンターハウスに避難していて、あまり滑っている人がいなかったためなのですが、人がいるはずの場所に誰も写ってないというのは面白いので、ここでシリーズで写真を撮ってみても面白いものが撮れるかもよー、とのこと。
 
 それって前々から考えていたこと。南郷好きすぎるんで、春夏秋冬の風景を撮ってフォトブックみたいなのにまとめてみたいなって思ってたりしたので。とりあえずしばらく写真撮り続けてみよう~。

(3)ストロボを使った写真


 これはこないだの春にG10で撮った写真。太陽が真正面にある、完全に逆光の状態で撮っているので、フラッシュ焚かなきゃ桜の色が真っ黒になってしまうので。これもまた、本来であれば人であふれかえるはずの桜の時期の隅田川沿いなのに人がいないこととかが不思議さをかもし出してるそうで。それはただ、通勤途中に撮っているから、平日の早朝だから人がいないだけなのだけど。人ごみを嫌う私の性質が不思議写真に繋がるのなら、それはよいことかもねー。

 G10にはなかったかもしれないけど、60Dならフラッシュの強さをかなり細かな段階で変えることができるので、必要な光の強さを考えながらストロボを使って行くと、よりよい写真に繋がるそうです。

 というカンジで、今回もまたやっつけ的に課題提出になってしまった…。次回、ビギナー最終回の課題は、ここに来てまさかの「テーマ・自由」。何を撮ってもよい、とのこと…。いつも難しい課題が出るなあって思ってたけど、好きなように撮ってもいいよと言われたらまた難しいなあって思う…。

 「自由」じゃどうしても無理って人は、「携帯」でもいいんだって。携帯電話のことね。携帯電話から思いつく写真が全くない私は、自分で好き勝手に撮ってこよう~。2月っていちばん日数が少ないから、頑張らないと! ちょっと真剣に考えなくては~。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
アクセスランキング参加中! どちらかクリックしていただけると更新の励みに繋がります~♪

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://yuma.quu.cc/index.php/trackback/265

コメント

タムラマロ

2013/02/0801:44

次につながる事など見つかったようで良かったですね~!

逆光のフラッシュは、発光量が難しいですよね。
なので自分はどんな場面でも使わないようにしてます(笑)

自由ってことは、自分が一番(じゃなくてもいいけど)
好きな事(や場面だったりモノとか)を撮るのが良いんじゃないですか?
自分だったらそうします!
最後は納得できる新作が撮れるといいですね!
ゆまさんの写真楽しみにしてま~す!!

ゆま

2013/02/0900:36

>タムラマロさん
私も基本、フラッシュは使わないんですが、
上手く使えばきっと強い見方になるのでしょうね〜。
何となくですが、今までのコンデジと比べたら60Dのフラッシュは
もう少し良いカンジに撮れる気がします。

テーマ・自由ならやっぱりそうなりますよね〜。
何も前々興味のないコドモとか撮る必要ないですもんね。
でもこの時期、バイクで遠出もしないので、
何を撮るかちょっと考えます〜。
また週末遊びに忙しくて、
なかなか何かを撮りに行く時間もないんですよね…。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

calendar

092019/1011
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

user

archive

Twitter

JogNote

にほんブログ村