エントリー

 さすがに昨日よりはまともに身体が動くようになってきた。筋肉痛は悪化。何となく、短距離をダッシュするような動きの筋肉痛は運動後すぐに出るけど、ゆっくりじっくり動いてなる筋肉痛は、後からじわじわと出てきて悪化してくる感がある。富士登山は後からじわじわタイプ。

 昨日はほんとめちゃくちゃダルくて、体重も異様に軽くて、飲んでも飲んでもトイレで出る量が少なかったから、多分脱水気味だったんだと思う。今日は1Kg以上体重増えてたw 今度は浮腫んできたか…。

 今日はますけん塾に行きたかったけど、ちょっとまだ負荷の高い練習はする気になれず、回避。というか仕事がたまりまくってるので、今日はしっかり頑張らなきゃだった(汗) 帰宅ランくらいはしようと思ってたけど、時間遅くなったし、筋肉痛とだるさもあるので諦めて電車で帰宅。

 だんだん夏が近づいてきて、ねぶたの話もちらほら入ってくるけど、今年からいろいろ規制が厳しくなるみたい。足元は足袋と雪駄じゃないと排除されるとか(汗) みんなはサンダルやスニーカー、地下足袋とかで跳ねてるから、「雪駄なんか無理!」って騒いでるけど、なぜか私、この点に関しては超優等生で、いつも足袋と雪駄で跳ねてるから、全く問題ないのよね。

 確かに雪駄で跳ねるのは辛い! 親指と人差し指の股が裂けそうになるし、あの薄いソールでアスファルトの上を跳ね続けると足裏の皮が剥がれそうw でも、私は毎年ねぶたが近づくたびに意図的にトングサンダルみたいなのを普段から履いて、指の股の強化(?)に努めたりして、雪駄で跳ねれる身体作り(?)に取り組んでて、ここ数年はそういう慣らしをしないでいきなり本番を迎えても全く問題ないところまで出来上がったんだよね。ソールの薄さはいつの間にか自然と慣れた。まあランナーですし。

 鈴も過剰につけちゃダメなんだって。結構みんな大きな鈴や大量の鈴で個性とか演出したりしてるから、没個性になっちゃうのはつまんないかもね。でも私、そこも一切工夫ゼロなもんで、全然影響ないんだわ…。

 余計な金かけたくないから高い鈴買わないってのは当たり前として、楽な方に逃げがちな私がなぜ事前訓練をしてまで雪駄を履き続けたのか、自分でも理解不能なんだけど、やっぱルール遵守してたらいざって時に焦ることなくて良いもんだ。たまたまだけど。

 それにねえ。こういうことについてモンモンに文句言って困らせるようなのは可哀想だと思うんだよね。別にヤツが決めたルールじゃない。モンモンはねぶたの運営委員会が決めたことを、サマーキャンプ場を取りまとめる立場としてみんなに伝えているだけで、モンモンに向かって「雪駄は辛いんだよ!! 無理だよ!!」とか声荒げられたって、ヤツだってどうしようもないよ…。

 頭良くない(笑)のにリーダー頑張ってて、わざわざ岡山から毎年駆けつけてるモンモンをこれ以上困らせないであげてほしいし、私は困らせたくない。本人に向かっては絶ッ対そんなこと言わんけどねw

 なんか今年は来る人減りそうな予感。まあ私は来た人と楽しめればよいやー。あくまでもね、昔からある地元のイベントに他所から来て参加させていただいている立場としてね。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
アクセスランキング参加中! どちらかクリックしていただけると更新の励みに繋がります~♪

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://yuma.quu.cc/index.php/trackback/2156

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

calendar

102018/1112
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

user

archive

Twitter

JogNote

にほんブログ村