エントリー

 会社の男の子(25歳)が「犬飼いたい! けど現実的に無理だから、なんか水棲生物を飼いたい」というので、「ならカメはどうかね? 小さくて手間がかからなくて可愛いですぞ」と、提案し、見事受け入れられました。

 なるべく小さい子を希望ということで、我が家で一番若い2016年9月に孵化した3匹の中から、中くらいの大きさの子をご提供。一番小さい子はどうも動きが鈍くてじっとしていることが多かったので、初めて飼うなら元気でよく活動する子の方が楽しいだろうというベテランの気配りw

 というわけで、3匹目の里子が我が家から旅立っていきました。

 2011年くらいから卵産んでたかな。初めて孵化に成功したのは2013年で。その前の孵らなかった卵はちと記録残してないけど、2013年以降は17個の卵が産まれ、12匹の子ガメが孵化し、3匹が人にもらわれ、1匹が夭逝し、今うちにいるのは8匹。

 去年は卵産まなかったけど、今年はどうなるかな…。あと一人、カメ欲しいって言ってる子がいるけど、実際にもらってくれるかどうか…。

 500円玉くらいのサイズなので、キッチンにあった適当なサイズのタッパーに入れて、餌と一緒にお引渡し。ちょうど隣の席が空いてたので、そこにタッパー出して置いてたら、みんなが見てワーワー言ってたw 私も仕事しながらカメ眺められて、心が癒されたよー。2回ほど脱走しかけたけどw

20180316004046.jpeg

 今日で引き取られて2日目。まだご飯食べないらしい。初日はずっと壁をひっかき続けていたとか。慣れない環境で逃げ出したくてしょうがないんだろう。慣れれば落ち着く。今までの経験で分かってる。私に懐いてるわけじゃないんだろうけど、うちを恋しがっているのかなあと思うとやっぱ寂しいね。

 隣の席の上司が一見超がさつなんだけどめちゃくちゃ気配りの人で、「おい、イキモノもらったのならどんな環境で飼育しているのか、写真撮って来てゆまさんに見せなさい。あげた方は心配してるんだよ」って言ってくれた。すごいびっくり。いや確かにそうなんだ。ただ、犬とか猫ならともかく、ちっちゃなカメ1匹でうるさく言うのも煩わしかろうと思って口に出さなかった。代わりに言ってくれてありがとう。

 自宅に帰ると、今まで3匹入ってたプラケに2匹だけになったことが少し寂しくはある。とはいえ、カメ増え続ける一方だから、誰かにもらってもらわないとやっていけないんだけどねw 私が子ガメに決して名前をつけないのは、無駄に愛着湧かないように、いつ人に引き渡しても良いように。

 ミシニはちっちゃくて可愛い、手はかからない、場所も取らない、ただ、寿命は大層長い。30~50年と言われてるw 今回の里親さんは25歳の男の子なので、「普通に行けばその時お前は55歳だぞ」とは念を押したw ていうか我が家はどうなるんだろ…まあ、梅ちゃんたちもそのうち卵産まなくなるよねきっと…。鉄雄と梅ちゃんは何とか面倒見れるかなって思ってるけど、子ガメたちは一緒に老人ホームとかまで連れて行くしかないかなw

 しかしカメもどんどん大きくなるし、今年ももし卵産まれたら、そろそろベランダに池作ることも考えなきゃかもしれないなあw

 さて。明日からちょっと遠方に旅行。22時まで残業してからの大慌てで荷造りして、なるべく早く寝なくては! 明日は7:55の飛行機です~。頼むから飛行機飛ばないような事態になりませんように><

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
アクセスランキング参加中! どちらかクリックしていただけると更新の励みに繋がります~♪

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://yuma.quu.cc/index.php/trackback/2050

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

calendar

082018/0910
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

user

archive

Twitter

JogNote

にほんブログ村