エントリー

 そんなカンジで何とか撮影機材も揃え、昨日の撮影会当日となりましたー。っていっても三脚は家を出る1時間前に梱包ほどいてささっとカメラへの脱着と足の伸縮を確認したのみというね…。教室で1時間ほど講義を受けた後、電車とバスを乗り継いで現地まで移動。雨がシトシト降ったりやんだりの天候が悲しい…。

 それでも現地ついたら思わず歓声~。すごーい。工場って改めて向き合ってみると、ほんと綺麗! そして今日はカメラの設定をいろいろいじって、目に見えている光景とは違う作品を作っていきます。

 とりあえず最初の撮影地で試しながら撮れたのがこれ↓

 ファイナルファンタジー! 神羅カンパニー!! クラウドがバイクに乗って現れそうだあ!!

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
アクセスランキング参加中! どちらかクリックしていただけると更新の励みに繋がります~♪

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://yuma.quu.cc/index.php/trackback/167

コメント

ティーティ=ウー

2012/10/2923:03 URL

工場夜景・・良いですね。
ゲームは詳しくないのでその辺は???なのですが。
寒色の写真が特にきれいです、イメージにもあっているし。
しかし・・雨の撮影ってかなり大変そうです。カメラは防水でしたよね、確か。
三脚ってどうなんでしょうね、高いものならなおさらタフなのかも・・と思ってしまいますが、やはり詳しくないもので・・。

それと・・・・写真やっている方に言いにくいことではあるんですが、正直いって写真やっている方・・、特に年配の男性にはマナーの悪い方が多い気がします。
たとえば自分が出会ったのは、奈良でスケッチしているとき、その時はイーゼル立てて油彩で描いていたんですけど、絵描きが描いているのを観ると「良い風景」なんだろうと思うんだと思いますが、カメラを持った方が結構来るんです。
もちろん公共の場なんですから「誰の場所」っていう事ではないんですが、女性や、一人で来ている男性なんかはちゃんと「撮らせてくださいね」とか「少し前をすいません」的な言葉をかけて撮影していかれるんです。
たちが悪いのは圧倒的に、団体で来ている年配の男性ですね。
描いている前に数人で立ちふさがって腕組みしながら延々と動かないとかは普通です。
鞆の浦でも・・、そこは昔ながらの港町なのでとにかく狭い路地が多いんですが、やはり年配男性カメラマン軍団が路地をふさいで三脚立てて撮影しているんですね。
それも複数で入れ代わり立ち代わりなので道は塞がってしまうんですよ。仕方なく普通の観光客が迂回しているんですよ。
そういう方はなぜだかみんな「エラそう」な人ばっかりなのも偶然ではないと思います。
スケッチを始めたころに感じたことが「カメラマンってエライの・・?」というイメージでしたから。
想像ですけど、きっと社会的にそれなりの地位もあった方で、裕福で、高いカメラも難なく買えるような方なんだろうなぁ・・と。
まぁそれをいったらお絵かき教室のオジさん・オバさんにもそういう人がいますけど、先生がちゃんと指導しておられることが多いので比較的マシかと。

なんだかゴタゴタ申し訳ないです。
各地にスケッチに行ってそういう団体が嵐のように駆け巡っているのに出くわすことが多いのでついつい・・。

もちろん気持ちの良いカメラマンともたくさん交流してきましたからごく一部の目立つ方々限定だと思っていますが、不快に感じたら申し訳ないです。

タムラマロ

2012/10/3001:20

気合い入った良い写真ばかりですねっ!
デジイチ買って数カ月とは思えないです!!脱帽…

ゆま

2012/10/3011:45

>ティーティ=ウーさん
ですねー。私も青っぽい方がいいかなあと思いました。
カメラは防水とまでは言えなくて、防滴です。多少の雨なら大丈夫なんですが、
ズームレンズの伸び縮みするところとか危なそうです。
でもまあ、今回は自分が濡れてもカメラ様に傘を差しかけていたので、
大惨事にはなっていなそうです。

私はそんなにメジャーな撮影スポットに行ったことはまだないんですが、
写真やってる人のマナー、想像はつきますねー。お話も聞きますし。
観光地でも「三脚禁止」とか「立ち止まっての撮影禁止」とかなってるところもありますよね。
何にしても集団で押し寄せられると、それだけでいろいろ迷惑はかけてしまいそうです…。
集団だとますます態度も大きくなってしまいがちですし…。

今回行った工場地帯の近くでも、
勝手に入り込んで好き勝手やり散らかした人たちがいたらしく、
立入禁止にされちゃった場所があるんだそうです。
せっかくのいい風景があっても、
自分たちでそれを見れなくしてしまっては本末転倒ですね…。

自分がそうならないよう、注意します。

>タムラマロさん
これ、設定さえ教われば誰でも撮れるんですよー。
あとは構図とか、細かな設定とか、センスにかかってきますね。
私はとにかく「きゃー工場すげー!!」って、
目立つものに目がひきつけられて、そればっかり撮ってましたが、
他の人の写真見るときちんと構図や色バランス考えていたりで。
先生に至っては構図はもちろん、もっと光がキラキラ輝いてて、
なんかもう全然違いました。

これからイルミネーション綺麗になる季節ですし、
近くにスカイツリーや東京ゲートブリッジや、
やたらキラキラしたものがいっぱいあるところに住んでいるので、
そういうのの撮影にもトライしてみます!

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

calendar

092019/1011
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

user

archive

Twitter

JogNote

にほんブログ村