エントリー

 2日連続で真面目にスピード練したら、股関節周りが筋肉痛(?)になって、体重が前々日比-1.2Kgになった。体重はまあ、ただ水分が抜けただけだったみたいで、夜にはもう0.6Kg戻って来ちゃったけど、筋肉痛はナゾー。そんなに距離走ったわけでもないし、よく筋肉痛になるふくらはぎとか太ももじゃなくて、股関節なんだよなあ。

 でも元ランステコーチのしもじぃに解説してもらって分かった。インターバルで腸腰筋・大臀筋・大腿四頭筋に負荷がかかったのと、私のストライドの大きなフォームは普通の人よりさらにそゆ箇所に大きな負荷がかかってくるから、なんだって。T海さんについていこうと走ってて、足音のタイミングが全く一緒だなあって思ってたもんね。身長・体格が違う男性と同じストライドで走ってるってことだもんな。T海さんだって自称・400m専門で、ピッチ走法の人じゃないはずなのに。

 山道で上りが異様に弱いのも、「筋力がない」「ストライド走法」ってしもじぃに指摘されてわかった。陸上経験もなく、ただ必死に速く走ろうとしてるだけだから、どういうフォームがいいとか、どういう仕組みでそうなるとかがよくわかってないんだよね。体幹鍛えたら走りが良くなったなあとか、自分の中の進化は感じ取れるんだけど。

 走るなんて単純で原始的な行為は、誰にでもできるって多分世の中のほとんどの人が思ってると思うんだけど、なんかそんな簡単なもんじゃないと思うんだよなあ。走ったり筋トレしたりで鍛えるのはもちろん、フォームとか、重心の移動とか、身体の使い方とか、何かいろいろ、考えて工夫してやらなきゃいけないこともいっぱいあると思うんだけど、走ってない人とか、走っててもそんなにしみじみやってない(←茨城弁)人は、そこまで考えてない気がする。考えてもできるとは限らないしな〜。

 K滝さんのフォームには感銘を受けたな。私は足音をさせない走りを心がけてるんだけど、そんなレベルじゃない、重力を感じさせない軽やかさ。周りの市民ランナーではああいう走り方は見たことない。接地してる時間が短い、地面から受けた反発を即座に最大限に利用して進んでいるんだと思う。入力と出力、スノーボードやバイクでも大事なこと。少しでも近づけるよう、思い出したときに意識はしてる。

 昨日ショックを受けた「去年の8月の私はもっともっと走ってた」件だけど、良く見たら去年の9月はわずか120Kmしか走ってなかったw 風邪引いたとか、北海道ツーリング行ったりとか、何か遊びに行ったりとか、そんなことばっかしてたからだ。今年の私はもっと真剣に頑張るつもりだから、まあトントンかな。ますけんさんですら、低酸素室なんか入ってトレーニングしてたりする。だんだんみんなが本気出して来て、いよいよシーズンインが近いんだなあという感じ。私も私で出来る限りのことをして頑張って行かないとー。

 まずはこの月末を無事に乗り切ることが先決だけど…。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
アクセスランキング参加中! どちらかクリックしていただけると更新の励みに繋がります~♪

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://yuma.quu.cc/index.php/trackback/1497

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

calendar

082021/0910
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

user

archive

Twitter

JogNote

にほんブログ村