エントリー

 今日も朝起きるなりママンと箱根駅伝復路観戦。青学の危なげない走りに感心しつつも、やっぱり復路は繰上げスタートがね…青学の原監督のやり方好きだから、青学が絶対王者になってこの手法がトレーニングの主流になってくれたらなと思いながらも、先頭速いとたすき繋がらないチームが出てくるのが悲しい…。

 フラフラになりながら辿り着いたのにたすきを渡すチームメイトがすでにいないとか、必死に走り込んできたのにわずか数秒の遅れで目の前で行かれてしまうとか、もう涙なしでは見れなかったよ…。

 でー。そんなときにも親父からの超ディスりが入りますw 「おう! こんなマラソンなんか見ててもつまんねーから、買い物行くぞ! ただ走ってるだけで、技術も何もねぇ!」って言って、別に買うものもないのにママン無理やり連れて行かれちゃった。

 単純にマラソンやってる私への嫌味なのだけれど、この舞台に立つためにこの人たちがどれだけの努力をして、どれだけの人が涙を飲んで来たと思ってるんだろう…。それに、ただ走るだけなんて誰でもできると思ってるから技術がいらないとか言ってんだろけど、私レベルの一般市民ランナーでもさ、道歩いてる人見るだけで「この人、自分の重心とか体幹とかどこにあるのか全然理解してないな…」って思うわけですよ。上体ブレまくりで歩いてるから、そりゃ疲れて当然なわけ。見た目もみっともないし。親父に至ってはただ立っているだけで右に傾いてて、「お前の腰痛ってそのせいじゃねぇの?」って思ったりする…。思うだけで何も言ってやる気ないけど。

 フィジカルに真摯に向き合う気のない人間には話通じないだろうし、そもそも私のこと嫌いで嫌味言ってるだけだから理解する気もないだろけどさー。ほんとねー、なんかいろいろやる気を奪われるんだよねー。親父の方のじいさんがマラソンやってた伯父さんのことを「マラソンなんて馬鹿がやることだ!」ってディスってたらしいから、その影響もあるのかも…。興味ないならせめて放っておいて欲しいんだけどなー。ラン仲間の人はわりと家族や友人とかからちゃんと応援されてて羨ましいっす…。私はあんまり応援してくれる人がいない孤独のRun a way〜。

 いろいろがっかりしつつも、それで鬱々としてても何も進まないので、今日もちゃんと筋トレ&走り込み。今日はヤッソ。1日目の設定タイムより5秒速い3分5秒での挑戦。走り出しから足がいっぱいいっぱいで、めちゃくちゃきつくて5本走るのも精一杯だったけど、それでも何とか頑張って8本まで引っ張ったよ。9本目は走り出したけど300mくらいで完全に足が終わった…。

 この4日間、取り憑かれたよーに毎日続けてきた走り込みも、ランジを始めとする筋トレも、これで一旦お休み。後はレースまで疲労抜きに入ります。

 東京の自宅に帰ってきたら、年賀状と一緒に大阪国際女子マラソンの書類も届いていた。ほんとに自分が参加資格あるのか心配してたけど、確かに「あなたの参加を受理します」って書いてある。いよいよ本番が迫ってきた感。緊張する。今までの集大成。頑張ろうっと。

20160103232951.jpg

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
アクセスランキング参加中! どちらかクリックしていただけると更新の励みに繋がります~♪

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://yuma.quu.cc/index.php/trackback/1270

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

calendar

092019/1011
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

user

archive

Twitter

JogNote

にほんブログ村