エントリー

20150906005538.jpg

 今日はヤクルトランニング教室。ラッキーなことに今年も当選したよー。多分、女子でBクラス(キロ3分50秒ペース)に申し込む人がいないから当たるのかも(汗) 2014年参加2012年参加

 BクラスとCクラス(キロ4分20秒クラス)で悩んで。Cじゃ余裕があるけど、Bじゃギリギリ行けないかも。でもT海さんにB一択でしょと言われて申し込んだんだけど、昨夜は残業MAXからの飲み会で寝不足だし、月に一度の出血大サービスデーだし、朝起きたら体重激増だしと、何一ついいことなくて。

 おまけに予想はついていたけど、イケメン・林キャプテンは今年もCクラス担当。Cに落とせば林キャプテンの真後ろとか走れちゃうわけだフォームとか筋肉の動きとかガン見しながらデュフフフ…とか思っちゃったけど、それでもBに踏み止まったのは、Bクラス紅一点、参加女子中最速を自負するプライドと、自己申告クラスを落とすなんてカッコ悪いことを林キャプテンの前でしたくなかったからだー(>_<)

 準備運動、ジョグ、流しをやってから、いよいよ練習本番。3分50秒ペースでの3000-2000-1000。間は10分のレスト。こないだの織田練でキロ4分で3000が精一杯だったことを考えれば、体調不良で日の差す日中にこのペースは私にとってはかなり無謀。でも今日はレース用のシューズ・takumi-renだし、10Km40分切りを目指してるのに3000でこのペース行けないとかありえないと思って頑張った。いちおビリじゃないよ!

3’50”95
3’51’56
3’54”73

  ついていけない人が多くてだいぶバラけちゃったから、加藤選手が清水選手に「山崎は設定ペースで先導するから、お前はちょっとペース遅めで先導して」って言ってて。あぁぁ、私みたいなのがいるからっすね。スミマセン(汗) でも次は2000で最後1000でしょ。距離短ければ私、ご迷惑はおかけしませんから!!

 と思って、敢えての後ろグループではなく前グループに参加。

3’48”50
3’49”52

 頑張ったよ。私、前グループの最下位くらいで走ってんのにそれでようやくほぼ設定通りだよ。死にそうだよ! でも燃えてきたー。で、最後の1000。「この後、マラソン世界記録体験とかやるんで、参加する方は余力残しといてくださいねー」って言われたにも関わらず、先導の山崎選手すら食ってしまったラストスパートw

3’37”56

 自己ベストの4秒落ち。悪くないなー。楽しかった! それから記念撮影では林キャプテンの真後ろ陣取って(笑)、いよいよ世界記録体験〜。マラソンの世界記録のペースを体験しちゃおうというもの。ちなみに男子だとキロ2分55秒、女子だと3分13秒。男子のペースは多分私、トラック1周(400m)すらついていけねーな。それでも体験するだけしようかどうしようか迷ってるうちに、ささっとスタートされちゃった。Cクラスの人も走ってるー。私も行ってみりゃよかったかしら。と思ったけど、このとき行かなくてほんとによかった。

 女子のペースの番。これはもちろん行くよー。でも私の1Kmの自己ベストは3分33秒。どう頑張っても最後までついていけるはずがない。なので途中で落ちることも考えてちょっと後ろ目に陣取ってたら、C・Dクラスの人が普通に私の前にいるー(汗) これは先に避けときゃよかったなと、後で思った。

 スタートしてすぐに邪魔になる人の壁。大外から抜いて行く。どうせラストまでついていけるはずないんだから、せめて純粋に世界記録のペースだけは体験させてねと思ったの。そしたらダニエル・ジェンガ選手の真後ろに来ちゃった。先導の人より少しペース遅いみたい。ここも抜かそうかなと、控えめに横に並びかけたらジェンガ選手が振り向いて、「あせらないで。僕を信じて」って言った。マンツーマンで私を引っ張ってくれるつもりみたい。

 こんな贅沢なことないよ。っていうか、オーバーペースでもう私の頭は働ける状態じゃなかった。ヒエラルキーに生きる午年、強い者には従順な性格。マラソン最強ケニア人現役実業団男性選手(←何一つ敵う要素ナシ)に「僕を信じて」なんて言われたら、何も考えずに絶対服従する以外、選択肢ないっしょ。

 おとなしく後ろについて、ジェンガ選手の背中だけ見つめて必死に手足を動かす。ジェンガ選手はしょっちゅう振り向いて、私の様子を見ながらいろいろと励ましてくれた。後ろ振り向いて喋りながらこのペース保てるとか、マジでパネえわ。

 トラック1周クリア。そしてそのまままさかの2周目クリア。残り半周。もうマジで呼吸は限界。苦しくてやめたい。しょっちゅう励まされたことは覚えてるけど、何言われたかを覚えてないのはそのせい。でも、残りたった半周、200m。さいあく無酸素運動で行けなくもない距離。得意だろ、決死のラストスパート(笑)

 最後のコーナー越えて直線に入った辺りで、もう腕も足もゾワゾワと総毛立つような感覚があって、血も酸素も足りてない感(まさに失血真っ最中ですしねw)。手足の先までうまく力が伝わらない。けど、これでもう最後なんだ。死力を尽くしてゴールまで駆け込めよ、と。真っ白になりそうな頭でそれだけを考えて、できうる限りのスパートをかけた。ここまで引っ張ってくれたジェンガ選手ももう抜かして構わないと。

 で、出たのが3’23”28。なんと自己ベストを10秒短縮ー!! これは目を疑ったよね。どんなに頑張っても30秒切れなかったのに、いきなりの10秒って!! しかも体調不良で3000-2000-1000走り終えてからだかんね。これもう実力じゃないね。完全にジェンガ選手のおかげ!!!

 嬉しくて嬉しくて。その後は頭フワフワだったー。頑張り過ぎて内臓気持ち悪くてお弁当もきちんとは食べられなかったし。しかしBクラスで女子でこれだけのタイムを叩き出してると、周りからの声がけがもう…「すごい速いっすね! 女子でこれならもちろん余裕で国際ランナーですよね!?」とか…いえ、私、スタミナないんでフルになると全然なんですよあはははは。というのを何度も何度も何度も言わなきゃいけなくて、これ何の罰ゲームかと思ったよ…。

 午後は質疑応答。私は聞いてるだけだったけど、印象に残ってる回答は加藤選手も清水選手も山崎選手も、筋トレはほぼ自重トレで、マシンは使わないということ。毎日やりたいからいつでもどこでもできるというのが大事なこと、長距離選手は筋肉肥大させちゃダメ、というのが理由みたい。なるほどー。プロの人でも自重トレなんだ。きちんとやればきちんと効果あるってことだね。

 あとはフォーム改善の動き作りとか、筋トレとかやったよー。腹筋とか背筋とか、周りからうめき声聞こえるんだけど、私、スイスイスーなんだよね…あと4倍くらい回数やれって言われてもためらいなくできそう…。フォーム間違っててちゃんと負荷かかってないのかな…?

 プレゼント抽選会は何にも当たらなかったけど、今日はもうジェンガ選手にマンツーマンで引っ張ってもらったのと、自己ベスト10秒短縮したのとで、これ以上ないくらい充実してたので、これ以上もらっても申し訳なくなっちゃうから全然悔しくなかったよー。

 いつも最後は林キャプテンと写真撮ってもらうことしか考えてない(爆)んだけど、今回はジェンガ選手のもとにまっしぐらに走って行って、写真撮ってもらったよ! ほんとのほんとにありがとうございましたー!!! …の後にすぐに林キャプテンとも撮ってもらったけどねw

20150906005802.jpg
↑お顔見えにくい写真をチョイスー。ほんとはもっとちゃんと撮れてるのあるんだけどねw

 という、行ってよかったほんとによかった、な一日でした。大興奮。明日は雨降り出す前に30Km走やろう。そろそろほんとにレース見据えて行かないと。このままスピードだけつけてても、本命レースじゃ勝てないかんね。

201509060058022.jpg
↑帰り道で仕事の関係で立ち寄った取引先で自己ベスト大幅更新おめでとうケーキ★

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
アクセスランキング参加中! どちらかクリックしていただけると更新の励みに繋がります~♪

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://yuma.quu.cc/index.php/trackback/1157

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

calendar

082021/0910
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

user

archive

Twitter

JogNote

にほんブログ村