エントリー

 日曜に実家に帰るのにバイク乗ったとき、肘のサポーター装備するの忘れた。すっかりさっぱり忘れてた。痛みも違和感もなくなると、気をつけようって意識もなくなる。サポーターつけてバイク乗るようになって、わずか3回目くらい?

 大した緊張もなく腕使った筋トレ普通にやっちゃってるし、今は私よりむしろ周りの方が気を使ってくれてるような…練習会の準備運動で腕立て伏せやるときには、コーチが「あっ、ゆまさんはやらなくていいですー」とか言ってくれるし、キャンプで泥酔した私に服着せてくれるときにもみんなが肘だけは要注意だーってやってくれてたらしいし。今は本人超無頓着。また脱臼する日も近い気がする…。

 そうなることがわかってるからこそのサポーターなのに。別にこれつけてるから脱臼防げるとかじゃないんだよ。自由に身動き取れない拘束具をつけることで、奔放な動きを妨げて脱臼させないっていう、コドモの意識付けみたいな意味合いなのに。それすら装備するの忘れちゃうんじゃ、ほんと意味ない。

 気の緩みは積載の緩み。日曜に実家帰るときには、お盆のキャンプツーリングに備えてZRXもキャンプ道具も全部持って行っちゃおうと思って、テント、ブルーシート、椅子、シュラフ、ホーネットには装備できないサイドバッグなどなど、全部ZRXに積んでフンフンフーン♪と通い慣れた道を走ってきて(途中でモタードの兄ちゃんにくっついてすり抜け競争してw)、実家着いたらテントがなかった。

 積載緩いかなーとは思ったんだ。1本の紐でテントと椅子とスポーツバッグをくくりつけるとか、無理あるような気がしたんだ。でもいつもの道だし大丈夫かなとか思っちゃった。紐、もう一本あったのに、めんどくせーとばかりにサイドバッグに放り込んでた。気がついてたならちゃんとすりゃいいのに! テントなくしたら大好きなキャンプもできないじゃんかよー!!

 どこで落としたんだろうとか、もうトラックとかに轢かれて破損してるかもとか、急いで楽天で注文だ!とか、いろいろ考えたけど、まだわりと新しいし、そんな馬鹿みたいな理由で出費してる余裕もないし、とりあえず荷物全部降ろして身軽になったZRXで、東京まで戻ることも辞さない覚悟で走り出したら、家から700m行ったとこの道端に落ちてた…とりあえず轢かれた形跡もなし。助かった~。

 ということもあって、乗馬クラブの月例会に行くの遅れちゃったのです…緊張からの安堵ってすごい疲れる…。

 こないだの3連休のツーリングでやたら肩凝ってたことがわりとショックで。別に私緊張してませんしーとか思ってリラックスして乗ろうと思うと気が緩みすぎるっていうか。フォームは正しく、緊張感は忘れずで乗らないといけないね…。

 8月も9月もツーリングあるんで、次はちゃんとしよ。泥酔もしないし、きちんとやるよ。あ、でもねぶたはダラダラするけどねー。なんかもう寝不足と仕事のパツパツ感がハンパないー。早く脱出したい!!

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
アクセスランキング参加中! どちらかクリックしていただけると更新の励みに繋がります~♪

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://yuma.quu.cc/index.php/trackback/1118

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

calendar

062018/0708
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

user

archive

Twitter

JogNote

にほんブログ村