エントリー

 今日は72Galleryでむらいさちさんの写真展「ALOHEART」が始まって、レセプションパーティー&ギャラリートークもあるので、むらいさんの大ファンの私はもちろん、会社を定時に上がって馳せ参じたわけです。

 年末年始辺りから「真面目に写真始めよう!」って思い始め、勉強のために写真展というものに行ってみようと思い立って、初めて行った写真展がキヤノンギャラリー銀座のむらいさちさんの「AloHeart☆ -こころで感じるHAWAII」だったのです。

 そこでキャンバス地にプリントされた柔らかな絵画みたいな写真を見て、ハワイでの撮影秘話をとっても楽しそうにお話されるむらいさんを見て、「写真ってこんなに楽しいの!?」「こんな表現もあるの!?」ってなって、写真を勉強しようって言う気持ちをさらに強めたという経緯がありまして、まさか通ってる写真教室の1Fのギャラリーでまたもやむらいさんにお会いできるとは思いもせず。

 レセプションで同じクラスのウラノくんに遭遇~。まさか来てるとは思わなかった(汗) 同じくファンなのだって★ おぉ~同志発見! 相変わらず明るく綺麗な色合いの写真がほんとに素敵でした。前回のキヤノンギャラリーにはなかった写真も数点。ギャラリートークはもちろん前後半ともしっかり拝聴です。

 前回のときはフォトブックのような写真集を購入させていただいて、サインもいただいてたのですが、今回はきちんとした写真集を出版されたとのことで、買っちゃいました。もちろんまたもやサインをいただいちゃいました(≧∇≦)ノ

 おまけに一緒に記念撮影まで~。仕事抜け出してきたくらいだから化粧直しする間もなく…恥ずかしいからめっちゃ小さくしとこw

 廃墟やダムや事件史やオカルト話といった、陰の世界にどっぷり浸かった私には極めて似つかわしくないかもだけど、そういう明るい美しい世界に憧れ抱いてもいいじゃない…。一応私だってジョシなのだもの…。

 会期の後半には展示内容入れ替えるとのことなので、それもまた絶対見に来なきゃと思うのです。

むらいさち写真展 『ALOHEART』
● Shores of Hawaii 2012.9.5(Wed.)~9.16(Sun.)
● Hawaiian Breeze 2012.9.19(Wed.)~9.30(Sun.)

 ハワイアンライブや撮影秘話トークといった要予約の関連イベントもあるので、ご興味ある方はこちら↓から詳細どーぞ。
http://tip.or.jp/aloheart.html

 しかし明るくてパステルな色合いの写真ってやっぱり素直に綺麗だよなあ。私もそーゆー方向に進むべき? いや、持って生まれた性格・性質的にきっと無理だと思われ。私は私の世界を確立したいな。私が好きだと思う世界とそれに惹かれる理由を、人にもわかってもらえるように写し取りたいの。まだまだ全然遠い世界の話だけど…。

 ブルーウォールの方では「今いちばん見たい写真・見せたい写真」の入選作品が展示されてました。こちらは同じ写真教室に通ってる人やその他一般の人がテラウチマサト先生に作品を見てもらって、その目に適ったモノの展示です。うちのクラスからも1人選ばれた。うっあー、もうほんとうらやましいです。いつか私もそーゆーとこまで行けんのかな…。遠い。めっちゃ遠い。

 今回はこないだ振替授業を受けさせていただいた神島先生にご挨拶したり、卒業展見に行かせていただいた先輩たちにご挨拶したり、ちょとずつこういう場でも顔見知りが増えてきて、それも楽しかったな。

 神島先生には「いつどこにどういうチャンスが転がっているかわからないのだから、自分の作品集のようなものを持ち歩いてPRするとよいよ」というアドバイスをいただいた。まだ売り込めるほどのアレじゃないんですが、売り込むだけじゃなくて、アドバイスなんかいただけちゃうかもしれないもんね。なるほどーと思いました。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
アクセスランキング参加中! どちらかクリックしていただけると更新の励みに繋がります~♪

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://yuma.quu.cc/index.php/trackback/107

コメント

ティーティ=ウー

2012/09/0601:30 URL

良い写真家さんなんですね。
もし、ゆまさんがその方の写真に魅力を感じるのであれば購入された写真集から得られるものを徹底的に吸収するのが一番でしょう。
その写真集がゆまさんの心を揺さぶるのであればそれはゆまさんにとっての「ホンモノ」だと思いますから。
そうして得たものがいくら大きな存在感をはなっていたとしても、ゆまさんがその作家さんと「同じ写真」が撮りたいのではなく、ご自身の写真を産み出したいのであれば、必ず違った表現になるはずです。
自分も師匠の絵には本当に憧れているんですが自分には、まだウデもないし、いくら頑張っても現状の自分が出来ることしか表現できないです。
いつかウデがついてきたとき、自分はどんな絵を描くのか、まだわかりませんけどね。
なんにしても「憧れ」みたいな自分をワクワクさせてくれる存在には素直に寄りかかって良いと思います。
自分をしっかり持っている限り、必ず自分だけの表現に行きつくときが来ると思いますよ。
自分もそんな道の途中なのですが。

ゆま

2012/09/0700:16

>ティーティ=ウーさん
前に東京でお会いしたときにお見せしたフォトブックの方なんです。
覚えてらっしゃいますかねえ?

いいなと思う写真をまず真似してみるのも勉強になりそうですね。
どうしたらそういう写真を撮れるのかを学ぶのもよいかも。

写真ってシャッター切ったら見てる風景がそのまま写るもんだと
思ってたけど、違うんですよねえ。
どういうものをどう見るかも人によって違うし、
同じ風景でもそれをどう写し取るかも違うし。

自分らしい表現をいつか見つけていきたいもんです。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

calendar

052019/0607
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

user

archive

Twitter

JogNote

にほんブログ村