エントリー

 気がついたら4月に始まった写真教室も、1年のコースの前半半分があっという間に終了~。私は何か成長できているんだろうか…とりあえず最初は全く覚えられる気がしなかった一眼レフの操作(絞りとかシャッタースピードみたいな基本的なモノ)はまあまあ使えるようになってきたかと思います…。

 今日のテーマは構図について。6つの構図の説明を受けました。私の場合、「撮りたいものをファインダーの枠の中に収める」くらいな意識しかしてないかなあ…(-ω-;) も少しステップアップしていかねば。

 で、いつもの宿題の講評です。今回のテーマは「ハイキー(明るい写真)・ローキー(暗い写真)・夏音」の3枚でした。

 私、8月22日に5回目の授業受けてわずか11日後に6回目の授業だったもので、課題写真を撮りにいく暇がほとんどなくて…。しょうがないので先週末に乗馬行ったときにちょこちょこっと撮って来ました…困ったときの馬頼みです。にしてもやっぱり深く考えもせずに撮った写真って底が浅いというか…。

①ハイキー

 窓から顔を出すファントムさんを+1補正で撮りました。市橋織江さんみたいなファンタジックな雰囲気を出せればなと思ったのだけど、夏のファントムさん(しかも私が乗った後)って、なんかいつにも増してクタッとして見栄えがしないというか…。たてがみなんかは他の子より柔らかくて綺麗になびくはずなんだけどなあ…。そういや最近は前髪切ってもらってないんだな…。夏の馬はだいたいみんなあんまり綺麗じゃないです。特にファントムさんはもうわりとお年なので余計に…。

 馬をよく知らないはずの先生にまで「パサッと感が出てしまってます…」と言われてしまった。ハイキーにするとツヤ感がなくなるよーなので、もっと毛のツヤツヤした若い子で撮ればよかった。しつこい撮影になると思ったのと、思い入れのない子をきちんと撮れる気がしなかったので、あんまり知らない子にはお願いしたくなかったんだよね…って言ってもレッスンで乗られて、その後も被写体にさせられるファントムさんも大変迷惑かもしんないけど……。

②ローキー


 同じくファントムさんを厩舎の中から撮りました。ニンジンやその辺に生えてる草を駆使してあっち向いてもらったり、こっち向いてもらったりですw こちらは-1 2/3補正。窓から入る光で、馬体や顔を輪郭だけで描き出そうと思ったの。パソコンのモニターで見たときはもう少し顔が見えたはずなんだが…プリントしたら予想以上に黒潰れしてしまって、こりゃ失敗だ~(≡д≡)と思ったのだけど、先生にはこちらの方が評価高かったです。

 同じ馬だけど毛のツヤ感が出てるというか、パサパサ感が隠されて、顔も半分見えないことで想像力がかき立てられる、雰囲気があるとのこと。「これでさらに冬で白い息まで撮れたらもっといい写真になったと思うのです」と言ったら、それはとても良いと思うので是非撮ってきてみてくださいとのことでした。

 ただ、ファントムさんに限らず、馬って「ゆう癖(へき)」といって左右に身体を揺らす癖や、「さく癖(へき)」といって馬栓棒(ませんぼう。厩舎の前を塞いでいる棒)をかじる癖があって、それらをしてないときもエサ食べたり、「おいお前ニンジン持ってねーのかよ?」みたいに顔突き出してきたりで、こうやってカッコよく佇んでくれてる瞬間ってなかなかないんだよな…これも相当待って1枚だけ撮れたショットなのです。黒潰れした(と自分では思った)写真しか出せなかったのはそういう理由。露出変えて同時に3枚撮れるモードにして撮るとか、レッスンのついでに撮るんじゃなくてきちんと撮影時間確保して行くとか、なんか工夫しないとな。じっとしてるときに深く息を吐いてくれる可能性なんて、いったいどれくらいあるんだろう…(-ω-;)

 あと、こういう意図的に露出をいじっている写真は、お店の人が勝手に親切のつもりで「露出を直してあげましょう~♪」って適正露出に補正かけられてしまうこともあるので、きちんと「補正ナシで( ̄Д ̄)ノ」って伝えないといけないそうです。私の場合はローキーの写真がアンダー過ぎだと自分で思ったのなら、テストプリント後に「もう少し明るめに焼いてください」とか言えばよかったらしい。つーても私、激安ネットプリントなので、そんな細かなことに応じてくれることはないのだけれど…ちゃんとこだわるならそういう対応をしてくれるお店に出しなさい、ということ。

③夏音


 夏の音を表す写真ってことで、また ねぶたのお囃子の写真 でも出そうかと思ったのだけど、あれは特に工夫もなく撮った写真だし、前回の授業で出した跳人写真とあまり代わり映えがしないから、ほおずき市で撮った風鈴写真を出してみた。シャッタースピード1/60で風鈴はくっきり、下の短冊(?)は風に揺れてブレてるってとこが、ちゃんと授業で教わったことを生かせてるかなと思ったので。

 しかし同じことを考える人は多いみたいで、夏音で風鈴写真出した人はめちゃくちゃ多かったなw いろんな構図、写し方の風鈴があって面白かったけど。

 「お祭りの会場ということで難しかったかもしれませんが、もう少し引いて、売り子さんも一緒に写せたらよかったかもしれません」とのことでした。そかー。このときはいいんちょーにお借りした単焦点レンズだったから、あまり引きや寄りができなかったのよね…。私は風鈴にしか目が行ってなかったし…。

 今回の課題の中で、いくつかの写真に対しては先生が「これにタイトルをつけるとしたら何になりますか?」って聞いてた。大概の人が「えっ、急に言われましても思いつかないです…」ってなってたけど、多分その質問を投げかけられた人の作品っていうのは、それだけ先生の興味を惹くことができたってことだと思うんだ。ちょっとうらやましかったです。私は今回は自分でもわかるくらいヘボかったので、次回頑張ろう。ルーマニアツーリングという素敵な撮影機会もあるわけですし。

 この日はやたらと欠席の人が多くて、講評も早めに終わってしまい、懇親会も早く始められました。いつもは来ない人も3人くらい参加で、12人くらいになったから楽しかったな。台湾料理旨かったあヽ(‘ ∇‘ )ノ

 次回の課題は「今日教わった構図の中から2つ選んで撮る」と「雨」の3枚。雨かあ。雨+バイクの良い写真が手元にあるのだけど、それは来月の文化祭に出展することにしちゃったから、また別に撮り直さねば。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
アクセスランキング参加中! どちらかクリックしていただけると更新の励みに繋がります~♪

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://yuma.quu.cc/index.php/trackback/104

コメント

タムラマロ

2012/09/0422:34

ム、ム、ム… 難しいお題ですねぇぇぇぇぇ
なんもイメージ湧かないです…
特に「夏音」なんて何とりゃいいんだぁ…

50ミリはいいですよ~
楽しいですよ~
大好きなレンズです!
自分も欲しいっす!
写りもかなりいいみたいですし!
これからの人生、レンズ1本しか選べないなら
間違いなく50ミリです。
楽しんで下さい!

ゆま

2012/09/0501:22

>タムラマロさん
なんか思いつきでいいんですよー。ちゃんと説明できれば。
風鈴とか、お祭りとか、セミとか、明らかに音を発するものでもいいし、
音を連想させるものでもいいし。

いいんちょーに借りていたのは30mm F1.4の単焦点レンズだったのですが、
これは買うと4万前後してしまうはずなので、
貧乏人の私はキヤノンの撒き餌レンズと呼ばれる50mm F1.8の単焦点レンズを買いました。
これならわずか¥8,300程度で買えてしまうんです。
作りは値段相応ぽいですが、値段のわりにはよい働きをしてくれるとのウワサなので。

ただ、APS-C機につけると実質は50mmじゃなくて75-80mmくらいになってしまうので、
室内とかではどこまで使えるか、ちょっとナゾです…でもまあ使ってみて考えます。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

calendar

092019/1011
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

user

archive

Twitter

JogNote

にほんブログ村