中国地方ツーレポTOP  山陽地方編TOP  この日の旅先日記 

2004年11月18日(木) 〜11日目〜  雨後曇り  0Km

 今日はスマッティーさんとスノーボード。初滑りが11月中旬なんて、信じらんないフライングっぷり。でも、ここ、めがひらスキー場では人工造雪機のおかげでこんな時期から滑れちゃうんです。群馬や長野なんかでも早めにオープンするスキー場では人工降雪機くらい備え付けてるもんですが、人工造雪機って見るのは初めて。

 降雪機は水を霧状に飛ばして外気温で凍らせ、積もらせるもので、ある程度寒くならなきゃ使えないのですが、造雪機は氷の粒を作っちゃうので11月の広島でも滑れちゃうとのこと。…なんだけど、もちろんこんな大掛かりな設備、購入するのも稼動するのも金がかかるのは当然な話で、そのせいか知りませんがリフト券めちゃ高!! 6時間券で¥4,200、さらに入場料¥500、6時間滑るのに¥4,700円って…関東近辺でこんなボッてたら客入りませんよ!!


 今回は4年前と同様、ウェアだけ郵送して、板とブーツはスマッティーさんの妹さんからお借りした。私と違う方式のステップインは、初めは戸惑ったけどすぐ慣れた。スマッティーさんがけなしまくってた板の滑りにくさや雪質の悪さもそんなに感じない。つか、私、感じ取れるほどのレベルじゃありませんし…。

 昨シーズンは怖くてゲレンデに持ち込めなかったデジタル機器も、今年はケータイくらいなら何とか破壊せずに使える気がする。ってことでゲレンデ画像も何とか撮ってこれました。


(←人工造雪機によって作られた雪…っていうか氷の粒)





 残念ながら天気は悪く、小雨が降ってるんだけど、早く滑らないと6時間なんてあっという間だし、急いで初滑りスタート。リフトに乗ってまず違和感。ほんっとにコース以外は全く雪がないんですね。こんなに茶色いゲレンデに来たのも初めてです。

 でも、わざわざ平日に滑れるようにお互いに日程を調整したので、お客さんはかなり少なく、細い2本きりのコースも特に混むこともなく滑ることが出来ました。





 スマッティーさんとはスノーボードを教えて頂いた初回(蔵王)と2回目(広島)で一緒に滑ったきりで、その後3シーズンは独自に練習してたので、上達っぷりを見て頂くってのも目的だったのですが、まー転ばなくはなってるけど、あくまでも慣れただけの話で、カービングとか出来てないし…ってことで、その辺を重点的に指導して頂きました。今シーズンは言われたことに注意して頑張ろっと。

 帰りは付属の温泉施設・クヴェーレ吉和でゆっくり露天風呂に浸かって、7ヶ月ぶりのスノボで疲れた手足を揉み解して帰宅。


(←コース頂上から見た風景。周りの山も全く雪などありません)



 広島市内に戻り、八昌でお好み焼きの夕食。金曜の夜なんで小さなお店の外には結構な行列。ここ、たった¥750ですごいボリュームの上にほんと美味しい。普通のお好み焼き屋さんだとなんか味が濃くてしつこ過ぎて、食べ終わる頃には結構うんざりしてくるけど、ここはそんなことなく最後まで美味しく頂けます。一人1枚じゃそれだけでお腹いっぱいになっちゃうので二人で1枚にして、牛タンも注文。分厚いブロックの牛タンも柔らかくて美味い〜♪



 「明日がえびすさんのお祭なんだよね〜」って聞いて、ありゃー残念と思いつつ、駐車場に向かって歩いてたら、なんか空気が祭っぽい。すでにアーケードには出店が立ち並び、熊手売ってたり、お払いしてたり、和太鼓叩いてたり…もう始まってるじゃん!! 1月に大阪行ったときにもたまたま「えべっさん」に当たったんだけど、まさか広島でも見られるなんて♪ でも、アーケードのあちこちには「トッコウ服(←ほんとにこんな書き方だったんです)などでの出入りを禁ずる」なんて張り紙がしてあって、よくニュースで見るような広島名物・特攻服VS警察隊みたいな風景は見られませんでした。残念…。

14日 15日 16日 17日 18日 19日 20〜21日 22日

中国地方ツーレポTOP  山陽地方編TOP  この日の旅先日記