中国地方ツーレポTOP  近畿(往路)編TOP  この日の旅先日記 

2004年11月13日(土) 〜6日目〜  曇り  0Km


 今日は同期のおかっちと京都散策。いちおー法的には大型バイクでも二人乗りできるんだけど、私も旅の途中ですし、前途ある銀行員をケガさせてもアレですし、のんびり電車で京都に向かい、現地でチャリをレンタル。今日の相方は1人力のこの赤いヤツ。チャリなんて乗るの数年ぶり。しかもこのチャリ、ペダルを逆回転するとブレーキがかかるという今までに乗ったことのないタイプ。しょっちゅう今までのクセで逆回転させては無駄にブレーキかかっちゃってびっくりしてました。でも、京都の街はバイクじゃなくてチャリが正解。バイクじゃ入れないこんな小道も入り込めて、ほんの小さな片隅の古都らしさまで満喫することができました。



 まずいちばん近かったので来てみた高台寺。円徳院と合わせて拝観料900円…今まで無料のお寺ばっかり見てきたせいか、なんて高いんだーっていうのが正直な感想。お寺に詣でたいって気持ちは誰にも共通で、それぞれが自分に出せる範囲でお賽銭を出すっていうのが寺社のあるべき姿じゃないかって思うのは無収入の僻みかな? でもまあ、せっかく来たのに何も見ないのもアレなんで、泣く泣く払う。さすがに高いお金とるだけあって、広い庭園も建物も手入れが行き届いていて綺麗です。これは見る価値がありますわ。



 出発が遅かったのでいきなりお腹が空いてしまった。ちょうど高台寺の近くにあった京料理屋さんの「羽柴」でブランチ。頼んだのはゆば鍋膳(¥2,800)。うちらってば各々5,000円しか持ってなかったんだけど、せっかく京都来たんだから美味しいモン食べたいし。 さらに+¥300で白飯がゆばご飯になるってことで、それも追加注文。おせちみたいな盛り付けも目に華やかで、薄めの上品な味付けがほんと美味しい〜♪



 そしてセットチケットのもう半分、円徳院。ここは秀吉の奥さん・ねねのおうちなんだって。建物も庭園も伏見城からそのまま移築したというこのお寺は決して広すぎず、小ぢんまりとしたものだけど、室内の装飾なんかもずいぶん華やか。何より息を呑んだのは、この部屋から見た庭園の風景。あんまり綺麗だったんで、思わず縁側に駆け寄ったけど、すぐにまた後ずさり。この風景は、この部屋から見ることを計算して作られているってすぐにわかった。庭だけ見たんじゃ意味がない。昔の人の研ぎ澄まされた美的感覚に圧倒される。



 チャリは駐輪場に置いたまま、京都の街をのーんびり歩く。休日なんで「素人舞妓さん」がいっぱいだ。ほんとは私もやってみたかった〜。なんだけど、記念撮影もセットになってやけに料金が高かったのと、おかっちも一緒で待たせるのも悪かったのと、着物なんか着ちゃったらチャリ漕げないよなってことであきらめ。また今度、いつか来た時に是非やってみようっと。

 あちこちに並ぶ京都らしいお店屋さんもすごくそそる。なんて言いつつ、手にとって見るのは清水焼の徳利とかぐい呑みばかりだったりして。あ〜、こんなんでお酒呑んだらほんと美味しそうだよなあ。




 修学旅行でも来てるんだけど、やっぱり来てしまった、清水寺。でもCMみたいな紅葉にはまだ全然早かったようで。ここはほんとにすごい人だかり。 この写真撮るだけでもかなりな時間がかかってます。ここ、清水寺には出世大黒という小さな大黒様が祭られてるのですが、おかっちがやけに丁寧にお参りしてるのが印象的でした。まーがっつり出世して、将来どっかの支店長にでもなって、相も変わらず旅を続けているだろう私のために、各地で旅の便宜でも図ってやってくれー。



 通りかかったので立寄ってみた西本願寺。今は東本願寺も西本願寺も大規模な補修工事中です。ここだけは普通に見ること可。しかし今日はほんと寒い。チャリ漕いで身体動かしてるはずなのに、手がかじかみます。京都だから寒いのか、今日が冷え込んでるのか、バイクと違って防寒対策もあんましてないしなー。まー風邪ひかなくてよかった。





 京都御所の中はチャリなら通ることが出来る。なかなか広いので、歩いたんじゃ大変だった。ちょっと深めの砂利は走りにくいけど、よーく見るとみんなが通って砂利が薄くなってるチャリタイヤ2本分くらいのラインがあり、そのラインさえ見つければ漕ぎ難さは半減です。敷地内からは大文字焼の「大」の字を遠くのぞむことが出来ました。




 清水寺のライトアップとか、まだまだ見たいものもあったけど、毎日を旅だけに費やせる私と違って、平日働いて今日も朝から観光につきあわされてるおかっちはどーもお疲れ気味だったので、真っ暗になる前にまた電車に乗って、大阪に帰還。寮の近くのお好み焼き屋さんで夕食。せっかくの週末に押しかけちゃってごめんよう。でも久しぶりに元・同期と遊べてすっごい楽しかったっす。また次はみんなで東京で忘年会でもやろーぜー。
8日 9日 10日 11日 12日 13日

中国地方ツーレポTOP  近畿(往路)編TOP  この日の旅先日記