中国地方ツーレポTOP  近畿(往路)編TOP  この日の旅先日記 

2004年11月9日(火) 〜2日目〜  晴れ  262.3Km

 朝8時に出発。昨日は走りづめで宿まで辿り着いたもんで、まだ何にも見てない。なのでちょっとR1を戻って浜名湖を見に行くことにする。R301に入ってすぐに、右手に古めかしい建物を発見。停まって見てみたら、新居関跡って書いてある。昔の関所の跡らしい。入るのには入場料がいるっぽいけど、別に興味ないので外から写真撮るだけで満足。



 浜名湖に沿ってR301から県道310号に入る。道幅は狭いけど、走ってる車なんてほとんどいないし、浜名湖のきわきわを走れて気持ちいい。そのまま走り続けてR362に出て西へ向かう。途中の本坂トンネルは有料で、「バイクはもちろん無料の旧道へ」というマップルの言葉に素直に従ったら、対向車とすれ違うのも恐ろしいひどく細い峠道。木々に覆われて昼でも薄暗く、ガードレールには隙間なく不気味な落書き。なんつか、何かが出そうなんですが。そんな気持ちが頂点に達したのは県境のトンネル…す、素掘りです…。 横とかミラーとか見たら見てはいけないものが見えてしまいそうな気がして、本気で泣きそうでした。¥150くらいなら払った方がよかったな…。




 まるで高速道路みたいなR23を使って愛知は素通りし、三重県入り。そろそろ給油しなければ。ガソリンは製油所に近い地域の方が安い法則に従えば、コスモ石油の製油所がある四日市で入れれば安いはずと思ったんだけど、却って名古屋の方が安かった。都市部は競争が激しいから安いっていうのも計算に入れなきゃだったのね…。

(←鈴鹿サーキット付近で発見。やっぱりスピードの追求なんですかと問い詰めたい)




 今日は朝、コンビニのおにぎりを食べたきり。すでに時は14時過ぎ。そして松坂が近い。松坂と言えばやっぱ松坂牛だろー。夕飯はまたコンビニのおにぎりでガマンするから、できれば普段入らないよなちょっと高級なお店がいいなってことで、松坂に入ってからずーっと看板が出続けてる「三松」ってお店に決定。入り口のメニュー見てあまりの値段の 高さにひるんだけど、カード使えるし、勇気を出して入店。…つっても頼んだのは角切りステーキ(¥3,570)なんですけどね。だって普通のステーキはどれもこれも¥8,000〜17,000とか( ┰_┰) でも、やっぱり高いだけのことはあるお味でした。やぁらかい〜♪ んま〜♪


 紀伊半島は卒業ツーリングでも一応走ってるけど、特に何を見たって記憶もない。たぶんほんとただ走り抜けちゃったんだろな。だって伊勢神宮すら見ていない。伊勢神宮は皇室の祖先を祀る皇太神宮(内宮)と、農耕の神様を祀る豊受大神宮(外宮)の二つがあるらしいんで、まずは手前に位置する外宮へ。



 敷地は思っていたよりずっと広い。太く高い木々がそこかしこにあり、歴史を感じさせる。そういや高校の頃、民衆が江戸からこぞって訪れるくらいお伊勢参りがブームになったんだって日本史で習った気がする(←歴史嫌い)。あれは何時代の話だったかな。

 写真の本殿、鳥居から向こうは撮影禁止。警備員まで配置されてる厳重っぷり。お宮の前でものすごい丁寧なお辞儀を延々と続けてる人もいたりして、特に何をお参りするわけでもなく観光で来ている私はなんだかとっても場違いな気がする。とりあえず、旅の安全を祈願。安全で楽しい旅になりますように。



 今日の宿は二見浦のYH大江寺。¥2,310っていうのはYHでもかなり安い方。紹介文に古い日本家屋って書いてあるけど、行って納得。…古いな、うん、古い…。お寺のYHなんで、駐車場からは石段登ります。リヤバッグ担いで登るのは華奢な私にはきつすぎる〜。今日の宿泊客は私一人。松坂で贅沢したから夕食はコンビニのおにぎりが2つだけ。今日は11月の日の短さを痛感したし、今後の旅は早寝早起きで行こうっと。


8日 9日 10日 11日 12日 13日

中国地方ツーレポTOP  近畿(往路)編TOP  この日の旅先日記