12月31日
 今日はいよいよスノーモービルの日だったんだけど、昨日夜遅くまで起きてたせいで朝が遅かった…。とりあえず腹ごしらえして、準備。スノボのウェアにオーバーパンツ、そしていつもバイクで使ってるフルフェイスヘルメット。最初はまるいけさんちの裏手にあるコース場で操作の練習。夏はオフロードバイクが走るでこぼこの道をスノーモービルで走る。地面が斜めになってるところではなんかそのまま転がり落ちそうな気がして怖い。曲がるときに力いっぱいハンドルを切りながら身体を内側に引っ張り込むっていうのが、力もなく、身体の小さな私には難しい。さらに、アクセルレバーを操作しながらだと腕が届かなくてハンドルをいっぱいに切れない。2、3周もすると腕が限界。外気温マイナスの世界で汗をかく。こういうとき、今まで何も運動してこなかった体力のなさを痛感する。

 それでもまあ多少は慣れてきたところで、お昼を食べて、外出。開陽台までスノーモービルで行くのだ。畑を突っ切り、林道まで出る。広い畑ではまるいけさんはスピードを出すけど、私は怖くて無理。メーター見たらせいぜい30Km/h程度しか出てないけど、わだちで吹っ飛んじゃいそうな気がして怖い。畑が終わり、林の中に入る。木の間を抜けて走る。平坦ではなく、一旦下って上るんだけど、なんか相方がまっすぐ木に向かって突っ込んでく。何やってんだーと思ったら、下りでブレーキかけたらハンドルが切れなくなったとのこと。最初に失敗してくれたので、私は無事にここは乗り越えられた。あとは冬季閉鎖の林道に出て、開陽台へ向かう。

 体力のない私は、帰りの分の体力を温存しとかなくちゃと思って、ストレートでは力を抜いてシートにペタッと座って緊張感なく走ってた。手は添えるだけ、ハンドルを抑えてすらいなかった。そんな状態でほけーっと走ってたら、突然わだちにハンドルを取られ、立て直すのも間に合わず、右の土手を滑り落ちてしまった。モービルってクラクションがついてないので、前を走ってた2人に転落を知らせることもできず、2人は先に行ってしまった。うーん、困った。モービルがひっくり返ったわけじゃないので、アクセル開ければ脱出できるかなーって思ったけど、ふかふかの新雪のため、モービルは「ずももも〜」ってカンジで一切前に進むことなく真下に沈んでいきました…。とりあえず気づいてもらうのを待つしかないらしい。しーんとした森の中で一人雪の中に立ち尽くしてたら、しばらくしたらまるいけさんとしゅうが迎えに来てくれて、落ちたモービルのまわりの雪を固め、まるいけさんが乗って、私と相方でモービルの足を引っ張りあげ、無事脱出。いやー、モービル傷つけなくてよかったです。その後はしっかり注意を払って走行。

 細い林の中の道を通り、牧場に出る。開けた場所に出たら、雪がほとんどなくてびっくりした。風で飛ばされてしまうため、積もらないらしい。おかげで地面のでこぼこが直接感じられて、非常に乗り心地が悪い。そんなガタガタ道を進んでいくと、例の、開陽台の展望台が見えた。ここに来るのも3回目だけど、こんなに真っ白な風景を見たのはもちろん初めて。感動。の前にトイレ。寒くてかなり限界に来てた。ちょっと離れたとこにモービル停めて、展望台の方に歩いていったら、ほんとにいた、テント張ってるキャンパー。計4張り。死にたいんですか、あなたたち!? しかも話聞いたら「別海から来ました」って、隣町じゃないですかっ! 初日の出見たいんならおうちでこたつ入って紅白でも見て夜が明ける頃に車で来たらいいんじゃないかと思います。何も好き好んでこんな苦行みたいなことしなくても…。世の中いろんな人がいるんだなあ。

 展望台からの風景。意外に雪少なめ。階段に腰かけて、お湯沸かして紅茶をいれる。身体が冷え切ってたんで美味しい。うっかりこぼしちゃったけど、全身撥水素材のウェアだから全然あわてもせずにほっといたら、そっこーで凍ってた…紅茶のティーバッグ破いたり、カメラ操作するのにグローブ脱ぐときは、数秒で用を済まさないと指が痛くなる。今日は今までに増してものすごく寒い。さらに、うちら初心者のせいで予定より到着時間が遅れたため、気がつけばもう結構夕方。紅茶飲み終わったらすぐ帰路へつく。1回走った道なのでもうそんなに緊張感はないものの、行きより明らかに気温が下がってきてる。視界が曇ったのでバイクでやるようにシールド上げてみたけど全然曇りが取れない。グローブでぬぐってみて分かった。凍ってる…このままじゃわだちが見えなくて行きの二の舞って気がしたので、シールドは上げたままにする。と、今度はまばたきがしづらくなってきた。生まれて初めての経験です。まつげが凍ってます。最後の方はもう寒くて寒くてほんと早くおうちに辿り着きたくてしょうがなかった。指がしもやけ通り越して凍傷になっちゃうんじゃないかってくらい痛かった。顔の方も、数日後、あごから首にかけての皮膚が今までになく固くなってた。絶対この時の寒さのせいだと思う。メットを脱いだらチンガードが呼気でバキバキに凍ってた。でも、やっぱ楽しかったです。もっと上手くなったら景色とか走りも楽しめるんだろなあ。

 家に着いてちょっとあったまってからまた町へ買い出し。今日のご飯はジンギスカンと年越し蕎麦。あと、昨日お風呂に入れなかったので銭湯に行かねば…だったのに今日が大晦日だってことをすっかり忘れてました。買い物終わって銭湯に行ってみたら、いつもより早く終業してて、ほんの5分差でお風呂を逃した。いや、でも今日は絶対入らなくては。汚いままで新年迎えてはいけません。ってことで、カーナビ発動。銭湯、温泉、ホテル、旅館等お風呂に入れてくれそうなところを当たりまくる。そしたら中標津のホテルが日帰り入浴OKだった。ここってば露天風呂まである…んだけど、すさまじく寒くて息吸い込むと咳込んじゃうくらいの外気温なんで、とても入ってられなかった。わずかな間に髪の毛がバリバリに凍ってる…。普通に内湯であったまって、さっぱりして帰還。

 夕食食べながらTVを見る。この日はほんと寒くて、室内にいてしっかりモービルのときと同じ服着ててもしんしんと冷えてきて、ストーブのそばにいないと耐えられないくらいだった。マイナス20℃レベルに達するのではないかとの話。私はどーも体力を使い果たしたらしく、途中一時的に就寝。でも、無事にボブサップの試合の時間には目を覚ました。この日は相方のわがままで紅白ではなく猪木祭を見てたのだけど、まるいけさんはどーやら黒部ダムからの中島みゆきの中継が見たかったらしく、とても悪いことをしてしまった。年も明け、新年の挨拶もすませ、疲れ果てたのでゲストハウスに戻って就寝。

(上3枚の写真はまるいけさんからのご提供です。)
12月27日
12月28日
12月29日
12月30日
12月31日
1月1日
1月2日
1月3日