記事一覧

こんなところまで彼らの手が…

 東京の自宅からつくばの実家までの道は、日々研究して、できる限り完璧を目指してます(現在のルート開拓の際の様子はこちら)。

・交通量が少ない
・信号が少ない
・距離が短い
・とにかくペースが速い

 この条件を満たすルートを追求し続けた結果、国道6号に向かうルートはもはや県道ですらなくなりました(笑) 信号も民家も街灯すらもない、真っ暗な森とか田んぼとかを突っ切る、ものすごく寂しい道です。もしかしたらソフトバンクケータイは圏外かもしれない。こんなとこでエンジン止まったら、オバケとか幽霊がちょー苦手な私は多分朝を待たずに恐怖で死ねる。

 でも、とにかくスムーズに国道6号まで抜けることのみを追求してるんで、それでいいんです。道がちょい荒れ気味でボコボコしてることにも文句言わない。もうどこにどういうボコボコがあるか覚えてるので、避けりゃいいだけだし。最近この「裏ルート」に少しずつ信号が増えてきたことが唯一の不満だったんだけど、今日はそれ以上に恐怖の光景を目にしてしまいました…(≡д≡)
続きを読む

トラックバック一覧

コメント一覧

スマッティー 2009年07月27日(月)02時14分 編集・削除

覆面なんかぶっちぎっちまえばオッケイ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

ゆま Eメール URL 2009年07月28日(火)00時03分 編集・削除

>スマッティーさん
いやいや、一人で暴走しないよう、常に誰かの後ろを走るように注意しますよ。
小ズルく、確実に黄金聖闘士を目指しますw