記事一覧

殺伐とした公道にも、希望の光は細く細く差しているわけで

 3日間楽しくツーリングしてたわけですが、その代償とも言うべき諸々の危険にもいろいろ遭遇~。

 30Kmに達する中央道の地獄の大渋滞、あちこちに罠張って獲物を待ち構える白いバイクの方々(←講習会ではほんとお世話になってるけど、公道では絶対話しかけられたくないです…)。居眠り運転の車、運転不慣れっぽいくせにお友達との会話に夢中なレンタカー、理解不能なくらい運転ヘタクソなベンツのおっさんといった、危険分子があちこちにいて、全然気を抜けねー(≡д≡)
続きを読む

トラックバック一覧

コメント一覧

ティーティ=ウー URL 2008年09月17日(水)22時04分 編集・削除

いまさらですが、確かにバイクは楽しいな・・と感じています。最初にバイクに乗っていた(もう20年近くムカシになってしまいましたが)時はなんだかわかっていなかったような。
今の自分の場合通勤が一番メインなんですけど、それでも「楽しい」って思います。
それにバイク復帰してからは、今までどうりのスケッチに行くときも今まで以上に風景の中の音や匂いに敏感になったんですよ。
これは絶対バイクの影響だな、と思っているこの頃です。

ゆま Eメール URL 2008年09月18日(木)00時19分 編集・削除

>ティーティ=ウーさん
ただ走るだけでもほんと楽しい乗り物ですよね。
最近は講習会通い頑張ってるんで、ますます楽しくなってきました。
実家に帰るとき、雨でも真冬でもバイクなのは、やっぱり電車で帰るよりずっとずっと楽しいからですね。
気温の変化とか、花の匂いとか、季節の移り変わりを敏感に感じられるのもいいですよね。