記事一覧

能登の風景と、黒板の一文

ファイル 317-1.jpg

 能登を走っていて通りかかった、とある海沿いの集落。

 能登の民家は大半が黒板と黒瓦の造りで、目の前に広がる真っ青な日本海と青い空の色に圧倒されることなく、かといって主張しすぎることもなく、綺麗に整った風景を見せてくれています。

 最近は小奇麗だけどてんで好き勝手な家ばかりで、こういうきちんと町の雰囲気を残してる場所がどんどんなくなっているんで、ちょっと感動してしまいました。そして、この集落の掲示板 兼 黒板に、何気なく、意味深に、白チョークで書かれていた言葉。

「道は、続くからこそ道」
続きを読む

トラックバック一覧

コメント一覧

くるくる 2008年08月21日(木)12時21分 編集・削除

道は、続くからこそ道」っていい言葉ですね。
どこまでも、行ってみたいです。

癒しを求めてどこまでもです

ゆま Eメール URL 2008年08月21日(木)21時10分 編集・削除

>くるくるさん
あぁっ、なんかまた落ち込んでたりします? 大丈夫ですかー?
仕事とか日常とか全部忘れてフラフラツーリング行きたいですねー。
ゆっくりお休みできる日が訪れることを祈ってますよ!