記事一覧

もしあの時が古いレンガの町並みに染まることができていたら…

歌を聞かせたかった
愛を届けたかった
思いが伝えられなかった

僕が住むこの街を君は何も知らない
僕がここにいる理由さえも

(TM NETWORK「STILL LOVE HER(失われた風景)」より)

 …別に私がこの街に住んでいたことに大きな理由はないのですけれど。強いて言えば当時住んでた家を諸般の事情で追い出されそうになって(笑)、慌てて簡単に引っ越せる隣町に手ごろな物件見つけて引っ越してきたというだけなのですけれど、それでも5年8ヶ月も住んでいたら、自然と理由も生まれてくるわけで。
続きを読む

トラックバック一覧

コメント一覧

ジェイ URL 2011年10月08日(土)01時25分 編集・削除

引っ越し、私も10回ぐらいしましたけど、なんか独特の感慨がありますよね。引っ越す時は新しい街への期待の方が強いけど、たまに何かの機会で昔住んでいたあたりを通ると妙に感傷的になったりします。墨田区のあのあたりはこれからどんどん変わって行くだろうから、あと少しの間だけど記憶にとどめておければいいですね。多分、次に訪れる機会があった時には、相当変貌しているはずだから。

ティーティ=ウー URL 2011年10月08日(土)06時37分 編集・削除

自分など、風景を描きに良く出かけますが、都会だけじゃなく日本らしい風景もどんどん変化していってますね。
奈良のお寺なんかでも雰囲気の良い土塀が次に行ったらただの金網(グリーンとかの)に変わっていたりと、残念に思うことが良くあります。
東京の下町ってゴチャッとした・・狭い場所に建物がひしめき合っている印象がありますが、そうか・・そんな風景でも変わっていってしまうんですね~。
新幹線で東京駅に着く手前に窓からそんな風景が観られますが、あんな町だったのかな、ゆまさんの住んでいた町。

ゆま URL 2011年10月08日(土)20時51分 編集・削除

>ジェイさん
引越し10回は多いですねえ。転勤ですか??
やっぱり住めば家や町に愛着もわきますし、離れるときは寂しいですよねえ。
木造長屋、写真に撮っておけばよかったなあって思いました。
気がついたら工事中の囲いされちゃってて…惜しいことしました。

>ティーティ=ウーさん
そうなんですよね。
昔からの風景が変わるときって、あんまりいい方向に変わることってないから、
変わる前に早く行っておかないとって思いますね。
ゴチャゴチャした下町、遠めに見たらあまり綺麗なもんじゃないですけど(笑)
中を歩くとなかなか味があるもんですよ。住むとまたさらに良い雰囲気です。