記事一覧

宮城県、海岸沿い

今日は宮城県の海岸沿いを走りました。

道が尽きるか、心が折れるまで走るつもりだったのですが、どんなにショッキングな光景を見て涙しようとも、所詮私が泣くのは傍観者の涙なんで。それで心が折れるとか、おこがましいにも程があると思い、時間が許す限り走りました。

道が悪くてスピードなんか出せるはずもなく、道路標識は津波で流され、進路がわからず、信号機が動いてなくて、ときどき舗装も剥がれて、ZRXで走るには少し酷。
続きを読む

トラックバック一覧

コメント一覧

ふっくん 2011年08月01日(月)23時27分 編集・削除

初めて被災地に行くと、テレビの映像で見るのとは比べものにならない位のショック受けたと思います。

私が通っているのは福島ですが
津波について言えば、宮城の沿岸は福島以上の被害なんでしょうね…

明日からねぶた、楽しんできてください。
くれぐれも飛び跳ねすぎて、
脚をを痛めないようにしてくださいね!!

ゆま 2011年08月02日(火)22時53分 編集・削除

>ふっくんさん
何もなくなった風景はあまりに現実離れしすぎて、
涙も出なかったです。理解の範疇を遥かに超えてました。

ねぶた、すでにふくらはぎが痛いような…。
昼間はヒマだから、今年はジョギングでも行こうとか
考えてたけど、そんな余力はさっぱりなさげです…。